リソースグループの設定

SET RESOURCE GROUPは、現在のセッションのリソース グループを設定するために使用されます。

ノート:

この機能はTiDB サーバーレスクラスターでは使用できません。

あらすじ

SetResourceGroupStmt:

SetResourceGroupStmt
SETRESOURCEGROUPResourceGroupName
ResourceGroupName
Identifier

ユーザーuser1を作成し、2 つのリソース グループrg1rg2を作成し、ユーザーuser1をリソース グループrg1にバインドします。

CREATE USER 'user1'; CREATE RESOURCE GROUP 'rg1' RU_PER_SEC = 1000; ALTER USER 'user1' RESOURCE GROUP `rg1`;

user1を使用してログインし、現在のユーザーにバインドされているリソース グループを表示します。

SELECT CURRENT_RESOURCE_GROUP();
+--------------------------+ | CURRENT_RESOURCE_GROUP() | +--------------------------+ | rg1 | +--------------------------+ 1 row in set (0.00 sec)

SET RESOURCE GROUPを実行して、現在のセッションのリソース グループをrg2に設定します。

SET RESOURCE GROUP `rg2`; SELECT CURRENT_RESOURCE_GROUP();
+--------------------------+ | CURRENT_RESOURCE_GROUP() | +--------------------------+ | rg2 | +--------------------------+ 1 row in set (0.00 sec)

SET RESOURCE GROUPを実行して、デフォルトのリソース グループを使用する現在のセッションを指定します。

SET RESOURCE GROUP `default`; SELECT CURRENT_RESOURCE_GROUP();
+--------------------------+ | CURRENT_RESOURCE_GROUP() | +--------------------------+ | default | +--------------------------+ 1 row in set (0.00 sec)

MySQLの互換性

MySQL はリソースグループの設定もサポートします。ただし、受け入れられるパラメータは TiDB とは異なります。互換性がありません。

こちらも参照

Playground
新規
登録なしで TiDB の機能をワンストップでインタラクティブに体験できます。
製品
TiDB Cloud
TiDB
価格
PoC お問い合わせ
エコシステム
TiKV
TiFlash
OSS Insight
© 2023 PingCAP. All Rights Reserved.