重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

CREATE TABLE

このステートメントは、現在選択されているデータベースに新しいテーブルを作成します。 MySQLのCREATE TABLEステートメントと同様に動作します。

あらすじ

CreateTableStmt
CREATEOptTemporaryTABLEIfNotExistsTableNameTableElementListOptCreateTableOptionListOptPartitionOptDuplicateOptAsOptCreateTableSelectOptLikeTableWithOrWithoutParenOnCommitOpt
OptTemporary
TEMPORARYGLOBALTEMPORARY
IfNotExists
IFNOTEXISTS
TableName
Identifier.Identifier
TableElementListOpt
(TableElementList)
TableElementList
TableElement,
TableElement
ColumnDefConstraint
ColumnDef
ColumnNameTypeSERIALColumnOptionListOpt
ColumnOptionListOpt
ColumnOption
ColumnOptionList
ColumnOption
ColumnOption
NOTNULLAUTO_INCREMENTPrimaryOptKEYUNIQUEKEYDEFAULTDefaultValueExprSERIALDEFAULTVALUEONUPDATENowSymOptionFractionCOMMENTstringLitConstraintKeywordOptCHECK(Expression)EnforcedOrNotOrNotNullOptGeneratedAlwaysAS(Expression)VirtualOrStoredReferDefCOLLATECollationNameCOLUMN_FORMATColumnFormatSTORAGEStorageMediaAUTO_RANDOMOptFieldLen
CreateTableOptionListOpt
TableOptionList
PartitionOpt
PARTITIONBYPartitionMethodPartitionNumOptSubPartitionOptPartitionDefinitionListOpt
DuplicateOpt
IGNOREREPLACE
TableOptionList
TableOption,
TableOption
PartDefOptionDefaultKwdOptCharsetKwEqOptCharsetNameCOLLATEEqOptCollationNameAUTO_INCREMENTAUTO_ID_CACHEAUTO_RANDOM_BASEAVG_ROW_LENGTHCHECKSUMTABLE_CHECKSUMKEY_BLOCK_SIZEDELAY_KEY_WRITESHARD_ROW_ID_BITSPRE_SPLIT_REGIONSEqOptLengthNumCONNECTIONPASSWORDCOMPRESSIONEqOptstringLitRowFormatSTATS_PERSISTENTPACK_KEYSEqOptStatsPersistentValSTATS_AUTO_RECALCSTATS_SAMPLE_PAGESEqOptLengthNumDEFAULTSTORAGEMEMORYDISKSECONDARY_ENGINEEqOptNULLStringNameUNIONEqOpt(TableNameListOpt)ENCRYPTIONEqOptEncryptionOpt
OnCommitOpt
ONCOMMITDELETEROWS

次のtable_optionsがサポートされています。 AVG_ROW_LENGTH ENGINE MIN_ROWS CONNECTIONDELAY_KEY_WRITEMAX_ROWS ROW_FORMAT STATS_PERSISTENT CHECKSUMが、 KEY_BLOCK_SIZEされCOMPRESSION

オプション説明
AUTO_INCREMENT増分フィールドの初期値AUTO_INCREMENT = 5
SHARD_ROW_ID_BITS暗黙の_tidb_rowidシャードのビット数を設定するにはSHARD_ROW_ID_BITS = 4
PRE_SPLIT_REGIONSテーブルを作成するときに2^(PRE_SPLIT_REGIONS)のリージョンを事前に分割するにはPRE_SPLIT_REGIONS = 4
AUTO_ID_CACHETiDBインスタンスで自動IDキャッシュサイズを設定します。デフォルトでは、TiDBは自動IDの割り当て速度に応じてこのサイズを自動的に変更しますAUTO_ID_CACHE = 200
AUTO_RANDOM_BASEauto_randomの初期増分パーツ値を設定します。このオプションは、内部インターフェースの一部と見なすことができます。ユーザーはこのパラメーターを無視できますAUTO_RANDOM_BASE = 0
CHARACTER SETテーブルにキャラクターセットを指定するにはCHARACTER SET ='utf8mb4'
COMMENTコメント情報COMMENT ='コメント情報'

ノート:

split-table構成オプションはデフォルトで有効になっています。有効にすると、新しく作成されたテーブルごとに個別のリージョンが作成されます。詳細については、 TiDB構成ファイルを参照してください。

ノート:

TiDBは、新しく作成されたテーブルごとに個別のリージョンを作成します。

単純なテーブルを作成し、1つの行を挿入します。

CREATE TABLE t1 (a int);
DESC t1;
SHOW CREATE TABLE t1\G
INSERT INTO t1 (a) VALUES (1);
SELECT * FROM t1;
mysql> drop table if exists t1;
Query OK, 0 rows affected (0.23 sec)

mysql> CREATE TABLE t1 (a int);
Query OK, 0 rows affected (0.09 sec)

mysql> DESC t1;
+-------+---------+------+------+---------+-------+
| Field | Type    | Null | Key  | Default | Extra |
+-------+---------+------+------+---------+-------+
| a     | int(11) | YES  |      | NULL    |       |
+-------+---------+------+------+---------+-------+
1 row in set (0.00 sec)

mysql> SHOW CREATE TABLE t1\G
*************************** 1. row ***************************
       Table: t1
Create Table: CREATE TABLE `t1` (
  `a` int(11) DEFAULT NULL
) ENGINE=InnoDB DEFAULT CHARSET=utf8mb4 COLLATE=utf8mb4_bin
1 row in set (0.00 sec)

mysql> INSERT INTO t1 (a) VALUES (1);
Query OK, 1 row affected (0.03 sec)

mysql> SELECT * FROM t1;
+------+
| a    |
+------+
|    1 |
+------+
1 row in set (0.00 sec)

テーブルが存在する場合はドロップし、存在しない場合は条件付きでテーブルを作成します。

DROP TABLE IF EXISTS t1;
CREATE TABLE IF NOT EXISTS t1 (
 id BIGINT NOT NULL PRIMARY KEY auto_increment,
 b VARCHAR(200) NOT NULL
);
DESC t1;
mysql> DROP TABLE IF EXISTS t1;
Query OK, 0 rows affected (0.22 sec)

mysql> CREATE TABLE IF NOT EXISTS t1 (
    ->  id BIGINT NOT NULL PRIMARY KEY auto_increment,
    ->  b VARCHAR(200) NOT NULL
    -> );
Query OK, 0 rows affected (0.08 sec)

mysql> DESC t1;
+-------+--------------+------+------+---------+----------------+
| Field | Type         | Null | Key  | Default | Extra          |
+-------+--------------+------+------+---------+----------------+
| id    | bigint(20)   | NO   | PRI  | NULL    | auto_increment |
| b     | varchar(200) | NO   |      | NULL    |                |
+-------+--------------+------+------+---------+----------------+
2 rows in set (0.00 sec)

MySQLの互換性

  • 空間タイプを除くすべてのデータタイプがサポートされています。
  • FULLTEXT 、およびHASHのインデックスはサポートさSPATIALていません。
  • 互換性のために、 index_col_name属性は、デフォルトで最大長制限が3072バイトの長さオプションをサポートします。長さの制限は、 max-index-lengthの構成オプションを使用して変更できます。詳細については、 TiDB構成ファイルを参照してください。
  • 互換性のために、 index_col_name属性は3072バイトの最大長制限で長さオプションをサポートします。
  • index_col_name[ASC | DESC]は現在解析されていますが、無視されます(MySQL 5.7互換の動作)。
  • COMMENT属性はWITH PARSERオプションをサポートしていません。
  • TiDBは、1つのテーブルで最大512列をサポートします。 InnoDBの対応する数の制限は1017であり、MySQLのハード制限は4096です。詳細については、 TiDBの制限を参照してください。
  • パーティションテーブルの場合、範囲、ハッシュ、および範囲列(単一列)のみがサポートされます。詳細については、 パーティションテーブルを参照してください。
  • CHECKの制約は解析されますが、無視されます(MySQL 5.7互換の動作)。詳細については、 制約を参照してください。
  • FOREIGN KEY制約は解析および保存されますが、DMLステートメントによって強制されません。詳細については、 制約を参照してください。

も参照してください