重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

フラッシュ特権

このステートメントは、TiDBをトリガーして、特権テーブルから特権のメモリー内コピーを再ロードします。 mysql.userなどのテーブルを手動で編集した後、 FLUSH PRIVILEGESを実行する必要があります。 GRANTREVOKEなどの特権ステートメントを使用した後は、このステートメントを実行する必要はありません。このステートメントを実行するには、 RELOAD特権が必要です。

あらすじ

FlushStmt
FLUSHNoWriteToBinLogAliasOptFlushOption
NoWriteToBinLogAliasOpt
NO_WRITE_TO_BINLOGLOCAL
FlushOption
PRIVILEGESSTATUSTIDBPLUGINSPluginNameListHOSTSLogTypeOptLOGSTableOrTablesTableNameListOptWithReadLockOpt

mysql> FLUSH PRIVILEGES;
Query OK, 0 rows affected (0.01 sec)

MySQLの互換性

このステートメントは、MySQLと完全に互換性があると理解されています。互換性の違いは、GitHubでは問題を介して報告されたである必要があります。

も参照してください