EXPLAIN

EXPLAIN文は、クエリを実行せずにクエリの実行プランを表示します。これは、クエリを実行するEXPLAIN ANALYZE文を補完します。5 EXPLAIN出力が期待される結果と一致しない場合は、クエリ内の各テーブルでANALYZE TABLEを実行して、テーブル統計が最新であることを確認することを検討してください。

ステートメントDESCDESCRIBEこのステートメントのエイリアスです。 EXPLAIN <tableName>の代替使用法はSHOW [FULL] COLUMNS FROMに記載されています。

TiDB はEXPLAIN [options] FOR CONNECTION connection_id文をサポートしています。ただし、この文は MySQL のEXPLAIN FOR文とは異なります。詳細についてはEXPLAIN FOR CONNECTIONを参照してください。

概要

ExplainSym
EXPLAINDESCRIBEDESC
ExplainStmt
ExplainSymTableNameColumnNameANALYZEExplainableStmtFORCONNECTIONNUMFORMAT=stringLitExplainFormatTypeFORCONNECTIONNUMExplainableStmt
ExplainableStmt
SelectStmtDeleteFromStmtUpdateStmtInsertIntoStmtReplaceIntoStmtUnionStmt

EXPLAIN出力フォーマット

注記:

MySQL クライアントを使用して TiDB に接続する場合、出力結果を行の折り返しなしでより明確に読み取るには、 pager less -Sコマンドを使用します。次に、 EXPLAIN結果が出力された後、キーボードの右矢印ボタンを押して、出力を水平にスクロールします。

注記:

返される実行プランでは、 IndexJoinおよびApply演算子のすべてのプローブ側子ノードについて、 estRowsの意味は v6.4.0 以降では v6.4.0 より前と異なります。詳細はTiDB クエリ実行プランの概要を参照してください。

現在、TiDB のEXPLAIN idestRowstaskaccess objectoperator info 5 つの列を出力します。実行プラン内の各演算子はこれらの属性によって記述され、 EXPLAIN出力の各行は演算子を記述します。各属性の説明は次のとおりです。

属性名説明
id演算子 ID は、実行プラン全体における演算子の一意の識別子です。TiDB 2.1 では、ID は演算子のツリー構造を表示するようにフォーマットされます。データは子ノードから親ノードに流れます。演算子ごとに親ノードは 1 つだけです。
行数演算子が出力すると予想される行数。この数は、統計と演算子のロジックに従って推定されます。1 は、TiDB 4.0 の以前のバージョンではestRows count呼ばれていました。
タスクオペレーターが属するタスクの種類。現在、実行プランは、tidb-server で実行されるルートタスクと、 TiKV またはTiFlashで並列実行されるcopタスクの 2 つのタスクに分かれています。タスク レベルでの実行プランのトポロジーは、ルート タスクの後に多数の cop タスクが続くというものです。ルート タスクは cop タスクの出力を入力として使用します。 cop タスクとは、TiDB が TiKV またはTiFlashにプッシュダウンするタスクを指します。各 cop タスクは、TiKV クラスターまたはTiFlashクラスターに分散され、複数のプロセスによって実行されます。
アクセスオブジェクトオペレータがアクセスするデータ項目情報。情報にはtablepartition 、およびindex (ある場合) が含まれます。データに直接アクセスするオペレータのみがこのような情報を持ちます。
オペレーター情報演算子に関するその他の情報。演算子ごとにoperator info異なります。次の例を参照してください。

EXPLAIN SELECT 1;
+-------------------+---------+------+---------------+---------------+ | id | estRows | task | access object | operator info | +-------------------+---------+------+---------------+---------------+ | Projection_3 | 1.00 | root | | 1->Column#1 | | └─TableDual_4 | 1.00 | root | | rows:1 | +-------------------+---------+------+---------------+---------------+ 2 rows in set (0.00 sec)
CREATE TABLE t1 (id INT NOT NULL PRIMARY KEY AUTO_INCREMENT, c1 INT NOT NULL);
Query OK, 0 rows affected (0.10 sec)
INSERT INTO t1 (c1) VALUES (1), (2), (3);
Query OK, 3 rows affected (0.02 sec) Records: 3 Duplicates: 0 Warnings: 0
EXPLAIN SELECT * FROM t1 WHERE id = 1;
+-------------+---------+------+---------------+---------------+ | id | estRows | task | access object | operator info | +-------------+---------+------+---------------+---------------+ | Point_Get_1 | 1.00 | root | table:t1 | handle:1 | +-------------+---------+------+---------------+---------------+ 1 row in set (0.00 sec)
DESC SELECT * FROM t1 WHERE id = 1;
+-------------+---------+------+---------------+---------------+ | id | estRows | task | access object | operator info | +-------------+---------+------+---------------+---------------+ | Point_Get_1 | 1.00 | root | table:t1 | handle:1 | +-------------+---------+------+---------------+---------------+ 1 row in set (0.00 sec)
DESCRIBE SELECT * FROM t1 WHERE id = 1;
+-------------+---------+------+---------------+---------------+ | id | estRows | task | access object | operator info | +-------------+---------+------+---------------+---------------+ | Point_Get_1 | 1.00 | root | table:t1 | handle:1 | +-------------+---------+------+---------------+---------------+ 1 row in set (0.00 sec)
EXPLAIN INSERT INTO t1 (c1) VALUES (4);
+----------+---------+------+---------------+---------------+ | id | estRows | task | access object | operator info | +----------+---------+------+---------------+---------------+ | Insert_1 | N/A | root | | N/A | +----------+---------+------+---------------+---------------+ 1 row in set (0.00 sec)
EXPLAIN UPDATE t1 SET c1=5 WHERE c1=3;
+---------------------------+---------+-----------+---------------+--------------------------------+ | id | estRows | task | access object | operator info | +---------------------------+---------+-----------+---------------+--------------------------------+ | Update_4 | N/A | root | | N/A | | └─TableReader_8 | 0.00 | root | | data:Selection_7 | | └─Selection_7 | 0.00 | cop[tikv] | | eq(test.t1.c1, 3) | | └─TableFullScan_6 | 3.00 | cop[tikv] | table:t1 | keep order:false, stats:pseudo | +---------------------------+---------+-----------+---------------+--------------------------------+ 4 rows in set (0.00 sec)
EXPLAIN DELETE FROM t1 WHERE c1=3;
+---------------------------+---------+-----------+---------------+--------------------------------+ | id | estRows | task | access object | operator info | +---------------------------+---------+-----------+---------------+--------------------------------+ | Delete_4 | N/A | root | | N/A | | └─TableReader_8 | 0.00 | root | | data:Selection_7 | | └─Selection_7 | 0.00 | cop[tikv] | | eq(test.t1.c1, 3) | | └─TableFullScan_6 | 3.00 | cop[tikv] | table:t1 | keep order:false, stats:pseudo | +---------------------------+---------+-----------+---------------+--------------------------------+ 4 rows in set (0.01 sec)

EXPLAIN出力の形式を指定するには、 FORMAT = xxx構文を使用できます。現在、TiDB は次の形式をサポートしています。

フォーマット説明
指定されていない形式が指定されていない場合は、デフォルトの形式EXPLAIN row使用されます。
briefEXPLAINステートメントの出力の演算子 ID は、 FORMATが指定されていない場合の演算子 ID と比較して簡略化されます。
dotEXPLAINステートメントは DOT 実行プランを出力します。これを使用して、 dotプログラム ( graphvizパッケージ内) を通じて PNG ファイルを生成することができます。
rowEXPLAINステートメントは結果を表形式で出力します。詳細についてはクエリ実行プランを理解するを参照してください。
tidb_jsonEXPLAINステートメントは実行プランを JSON で出力し、演算子情報を JSON 配列に格納します。
verboseEXPLAINステートメントは、結果をrow形式で出力し、結果にはクエリの推定コストを示すestCost列が追加されます。この形式の使用方法の詳細については、 SQL プラン管理を参照してください。
plan_cacheEXPLAINステートメントは、 プランキャッシュ情報を警告として含めて、 row形式で結果を出力します。
  • brief
  • DotGraph
  • JSON

以下はFORMATEXPLAIN"brief"である場合の例です。

EXPLAIN FORMAT = "brief" DELETE FROM t1 WHERE c1 = 3;
+-------------------------+---------+-----------+---------------+--------------------------------+ | id | estRows | task | access object | operator info | +-------------------------+---------+-----------+---------------+--------------------------------+ | Delete | N/A | root | | N/A | | └─TableReader | 0.00 | root | | data:Selection | | └─Selection | 0.00 | cop[tikv] | | eq(test.t1.c1, 3) | | └─TableFullScan | 3.00 | cop[tikv] | table:t1 | keep order:false, stats:pseudo | +-------------------------+---------+-----------+---------------+--------------------------------+ 4 rows in set (0.001 sec)

MySQL 標準の結果形式に加えて、TiDB は DotGraph もサポートしており、次の例のようにFORMAT = "dot"指定する必要があります。

CREATE TABLE t(a bigint, b bigint); EXPLAIN format = "dot" SELECT A.a, B.b FROM t A JOIN t B ON A.a > B.b WHERE A.a < 10;
+-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------+ | dot contents | +-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------+ | digraph Projection_8 { subgraph cluster8{ node [style=filled, color=lightgrey] color=black label = "root" "Projection_8" -> "HashJoin_9" "HashJoin_9" -> "TableReader_13" "HashJoin_9" -> "Selection_14" "Selection_14" -> "TableReader_17" } subgraph cluster12{ node [style=filled, color=lightgrey] color=black label = "cop" "Selection_12" -> "TableFullScan_11" } subgraph cluster16{ node [style=filled, color=lightgrey] color=black label = "cop" "Selection_16" -> "TableFullScan_15" } "TableReader_13" -> "Selection_12" "TableReader_17" -> "Selection_16" } | +-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------+ 1 row in set (0.00 sec)

コンピュータにdotプログラムがある場合は、次の方法で PNG ファイルを生成できます。

dot xx.dot -T png -O The xx.dot is the result returned by the above statement.

コンピュータにdotプログラムがない場合、結果をこのウェブサイトにコピーしてツリー ダイアグラムを取得します。

Explain Dot

JSON で出力を取得するには、 EXPLAINステートメントでFORMAT = "tidb_json"指定します。次に例を示します。

CREATE TABLE t(id int primary key, a int, b int, key(a)); EXPLAIN FORMAT = "tidb_json" SELECT id FROM t WHERE a = 1;
+------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------+ | TiDB_JSON | +------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------+ | [ { "id": "Projection_4", "estRows": "10.00", "taskType": "root", "operatorInfo": "test.t.id", "subOperators": [ { "id": "IndexReader_6", "estRows": "10.00", "taskType": "root", "operatorInfo": "index:IndexRangeScan_5", "subOperators": [ { "id": "IndexRangeScan_5", "estRows": "10.00", "taskType": "cop[tikv]", "accessObject": "table:t, index:a(a)", "operatorInfo": "range:[1,1], keep order:false, stats:pseudo" } ] } ] } ] | +------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------+ 1 row in set (0.01 sec)

出力では、 idestRowstaskTypeaccessObjectoperatorInfoは、デフォルト形式の列と同じ意味を持ちます。 subOperatorsサブノードを格納する配列です。サブノードのフィールドと意味は、親ノードと同じです。フィールドが欠落している場合は、フィールドが空であることを意味します。

MySQL 互換性

  • EXPLAINの形式と TiDB の潜在的な実行プランは、どちらも MySQL とは大幅に異なります。
  • TiDB はFORMAT=JSONまたはFORMAT=TREEオプションをサポートしていません。
  • TiDB のFORMAT=tidb_json 、デフォルトのEXPLAINの結果の JSON 形式の出力です。形式とフィールドは、MySQL のFORMAT=JSONの出力とは異なります。

EXPLAIN FOR CONNECTION

EXPLAIN FOR CONNECTION 、現在実行中の SQL クエリまたは接続で最後に実行された SQL クエリの実行プランを取得するために使用されます。出力形式はEXPLAINと同じです。ただし、TiDB でのEXPLAIN FOR CONNECTIONの実装は MySQL での実装とは異なります。それらの違い (出力形式以外) は次のとおりです。

  • 接続がスリープ状態の場合、MySQL は空の結果を返しますが、TiDB は最後に実行されたクエリ プランを返します。
  • 現在のセッションの実行プランを取得しようとすると、MySQL はエラーを返しますが、TiDB は正常に結果を返します。
  • MySQL では、ログイン ユーザーがクエリ対象の接続と同じであるか、ログイン ユーザーがPROCESS権限を持っている必要があります。一方、TiDB では、ログイン ユーザーがクエリ対象の接続と同じであるか、ログイン ユーザーがSUPER権限を持っている必要があります。

参照

このページは役に立ちましたか?

Playground
登録なしで TiDB の機能をワンストップでインタラクティブに体験できます。
製品
TiDB Cloud
TiDB
価格
PoC お問い合わせ
エコシステム
TiKV
TiFlash
OSS Insight
© 2024 PingCAP. All Rights Reserved.
Privacy Policy.