リソースグループの変更

ALTER RESOURCE GROUPステートメントは、データベース内のリソース グループを変更するために使用されます。

注記:

この機能はTiDB サーバーレスクラスターでは使用できません。

概要

AlterResourceGroupStmt
ALTERRESOURCEGROUPIfExistsResourceGroupNameResourceGroupOptionList
IfExists
IFEXISTS
ResourceGroupName
IdentifierDEFAULT
ResourceGroupOptionList
DirectResourceGroupOptionResourceGroupOptionListDirectResourceGroupOptionResourceGroupOptionList,DirectResourceGroupOption
DirectResourceGroupOption
RU_PER_SECEqOptstringLitPRIORITYEqOptResourceGroupPriorityOptionBURSTABLEBURSTABLEEqOptBooleanQUERY_LIMITEqOpt(ResourceGroupRunawayOptionList)QUERY_LIMITEqOpt()QUERY_LIMITEqOptNULLBACKGROUNDEqOpt(BackgroundOptionList)BACKGROUNDEqOpt()BACKGROUNDEqOptNULL
ResourceGroupPriorityOption
LOWMEDIUMHIGH
ResourceGroupRunawayOptionList
DirectResourceGroupRunawayOptionResourceGroupRunawayOptionListDirectResourceGroupRunawayOptionResourceGroupRunawayOptionList,DirectResourceGroupRunawayOption
DirectResourceGroupRunawayOption
EXEC_ELAPSEDEqOptstringLitACTIONEqOptResourceGroupRunawayActionOptionWATCHEqOptResourceGroupRunawayWatchOptionDURATIONEqOptstringLit
ResourceGroupRunawayWatchOption
EXACTSIMILAR
ResourceGroupRunawayActionOption
DRYRUNCOOLDOWNKILL
BackgroundOptionList
DirectBackgroundOptionBackgroundOptionListDirectBackgroundOptionBackgroundOptionList,DirectBackgroundOption
DirectBackgroundOption
TASK_TYPESEqOptstringLit

TiDB は次のDirectResourceGroupOptionをサポートします。3 リクエストユニット (RU) 、CPU、IO、およびその他のシステム リソース用の TiDB 内の統一された抽象化単位です。

オプション説明
RU_PER_SEC1秒あたりのRUバックフィル速度RU_PER_SEC = 500 、このリソース グループが 1 秒あたり 500 RU でバックフィルされることを示します。
PRIORITYTiKVで処理されるタスクの絶対的な優先度PRIORITY = HIGH優先度が高いことを示します。指定しない場合、デフォルト値はMEDIUMです。
BURSTABLEBURSTABLE属性が設定されている場合、TiDB は、クォータを超えたときに、対応するリソース グループが使用可能なシステム リソースを使用することを許可します。
QUERY_LIMITクエリ実行がこの条件を満たす場合、クエリはランナウェイ クエリとして識別され、対応するアクションが実行されます。QUERY_LIMIT=(EXEC_ELAPSED='60s', ACTION=KILL, WATCH=EXACT DURATION='10m') 、実行時間が 60 秒を超えるとクエリがランナウェイ クエリとして識別されることを示します。クエリは終了します。同じ SQL テキストを持つすべての SQL ステートメントは、今後 10 分以内に即時に終了しますQUERY_LIMIT=()またはQUERY_LIMIT=NULL 、ランナウェイ制御が有効になっていないことを意味します。6 ランナウェイクエリ参照してください。
BACKGROUNDバックグラウンドタスクを設定します。詳細については、 バックグラウンドタスクを管理する参照してください。BACKGROUND=(TASK_TYPES="br,stats") 、バックアップと復元、および統計収集関連のタスクがバックグラウンド タスクとしてスケジュールされていることを示します。

注記:

  • ALTER RESOURCE GROUPステートメントは、グローバル変数tidb_enable_resource_controlONに設定されている場合にのみ実行できます。
  • ALTER RESOURCE GROUPステートメントは増分変更をサポートし、指定されていないパラメータは変更されません。ただし、 QUERY_LIMITBACKGROUND両方とも全体として使用され、部分的に変更することはできません。
  • 現在、 BACKGROUND構成の変更をサポートしているのはdefaultリソース グループのみです。

rg1という名前のリソース グループを作成し、そのプロパティを変更します。

DROP RESOURCE GROUP IF EXISTS rg1;
Query OK, 0 rows affected (0.22 sec)
CREATE RESOURCE GROUP IF NOT EXISTS rg1 RU_PER_SEC = 100 BURSTABLE;
Query OK, 0 rows affected (0.08 sec)
SELECT * FROM information_schema.resource_groups WHERE NAME ='rg1';
+------+------------+----------+-----------+-------------+------------+ | NAME | RU_PER_SEC | PRIORITY | BURSTABLE | QUERY_LIMIT | BACKGROUND | +------+------------+----------+-----------+-------------+------------+ | rg1 | 100 | MEDIUM | NO | NULL | NULL | +------+------------+----------+-----------+-------------+------------+ 1 rows in set (1.30 sec)
ALTER RESOURCE GROUP rg1 RU_PER_SEC = 200 PRIORITY = LOW QUERY_LIMIT = (EXEC_ELAPSED='1s' ACTION=COOLDOWN WATCH=EXACT DURATION '30s');
Query OK, 0 rows affected (0.08 sec)
SELECT * FROM information_schema.resource_groups WHERE NAME ='rg1';
+------+------------+----------+-----------+----------------------------------------------------------------+------------+ | NAME | RU_PER_SEC | PRIORITY | BURSTABLE | QUERY_LIMIT | BACKGROUND | +------+------------+----------+-----------+----------------------------------------------------------------+------------+ | rg1 | 200 | LOW | NO | EXEC_ELAPSED='1s', ACTION=COOLDOWN, WATCH=EXACT DURATION='30s' | NULL | +------+------------+----------+-----------+----------------------------------------------------------------+------------+ 1 rows in set (1.30 sec)

defaultリソース グループのBACKGROUNDオプションを変更します。

ALTER RESOURCE GROUP default BACKGROUND = (TASK_TYPES = "br,ddl");
Query OK, 0 rows affected (0.08 sec)
SELECT * FROM information_schema.resource_groups WHERE NAME ='default';
+---------+------------+----------+-----------+-------------+---------------------+ | NAME | RU_PER_SEC | PRIORITY | BURSTABLE | QUERY_LIMIT | BACKGROUND | +---------+------------+----------+-----------+-------------+---------------------+ | default | UNLIMITED | MEDIUM | YES | NULL | TASK_TYPES='br,ddl' | +---------+------------+----------+-----------+-------------+---------------------+ 1 rows in set (1.30 sec)

MySQL 互換性

MySQL もリソースグループの変更サポートしていますが、許容されるパラメータが TiDB と異なるため互換性がありません。

参照

このページは役に立ちましたか?

Playground
登録なしで TiDB の機能をワンストップでインタラクティブに体験できます。
製品
TiDB Dedicated
TiDB Serverless
TiDB
価格
PoC お問い合わせ
エコシステム
TiKV
TiFlash
OSS Insight
© 2024 PingCAP. All Rights Reserved.
Privacy Policy.