重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

バッチ

BATCH構文は、DMLステートメントをTiDB内の複数のステートメントに分割して実行します。これは、トランザクションの原子性と分離の保証がないことを意味します。したがって、これは「非トランザクション」ステートメントです。

現在、 BATCHでサポートされているのはDELETEつだけです。

列に基づいて、 BATCH構文はDMLステートメントを実行のためにスコープの複数の範囲に分割します。各範囲で、単一のSQLステートメントが実行されます。

使用法と制限事項の詳細については、 非トランザクションDMLステートメントを参照してください。

あらすじ

NonTransactionalDeleteStmt
BATCHONColumnNameLIMITNUMDryRunOptionsDeleteFromStmt
DryRunOptions
DRYRUNQUERY

MySQLの互換性

BATCH構文はTiDB固有であり、MySQLと互換性がありません。

も参照してください