重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

分析する

このステートメントは、TiDBがテーブルとインデックスに基づいて構築する統計を更新します。大規模なバッチ更新またはレコードのインポートを実行した後、またはクエリ実行プランが最適ではないことに気付いた場合は、 ANALYZEを実行することをお勧めします。

TiDBはまた、統計が自身の推定値と矛盾していることを発見すると、時間の経過とともに統計を自動的に更新します。

現在、TiDBは、完全収集( ANALYZE TABLEステートメントを使用して実装)と増分収集( ANALYZE INCREMENTAL TABLEステートメントを使用して実装)の2つの方法で統計情報を収集します。これら2つのステートメントの詳細な使用法については、 統計入門を参照してください。

あらすじ

AnalyzeTableStmt
ANALYZETABLETableNameListALL COLUMNSPREDICATE COLUMNSTableNameINDEXIndexNameListAnalyzeColumnOptionPARTITIONPartitionNameListINDEXIndexNameListAnalyzeColumnOptionINCREMENTALTABLETableNamePARTITIONPartitionNameListINDEXIndexNameListAnalyzeOptionListOpt
AnalyzeOptionListOpt
WITHAnalyzeOptionList
AnalyzeOptionList
AnalyzeOption,AnlyzeOption
AnalyzeOption
NUMBUCKETSTOPNCMSKETCHDEPTHWIDTHSAMPLESFLOATNUMSAMPLERATE
AnalyzeColumnOption
ALL COLUMNSPREDICATE COLUMNSCOLUMNSColumnNameList
TableNameList
TableName,
TableName
Identifier.Identifier
ColumnNameList
Identifier,
IndexNameList
Identifier,
PartitionNameList
Identifier,

mysql> CREATE TABLE t1 (id INT NOT NULL PRIMARY KEY AUTO_INCREMENT, c1 INT NOT NULL);
Query OK, 0 rows affected (0.11 sec)

mysql> INSERT INTO t1 (c1) VALUES (1),(2),(3),(4),(5);
Query OK, 5 rows affected (0.03 sec)
Records: 5  Duplicates: 0  Warnings: 0

mysql> ALTER TABLE t1 ADD INDEX (c1);
Query OK, 0 rows affected (0.30 sec)

mysql> EXPLAIN SELECT * FROM t1 WHERE c1 = 3;
+------------------------+---------+-----------+------------------------+---------------------------------------------+
| id                     | estRows | task      | access object          | operator info                               |
+------------------------+---------+-----------+------------------------+---------------------------------------------+
| IndexReader_6          | 10.00   | root      |                        | index:IndexRangeScan_5                      |
| └─IndexRangeScan_5     | 10.00   | cop[tikv] | table:t1, index:c1(c1) | range:[3,3], keep order:false, stats:pseudo |
+------------------------+---------+-----------+------------------------+---------------------------------------------+
2 rows in set (0.00 sec)

mysql> analyze table t1;
Query OK, 0 rows affected (0.13 sec)

mysql> EXPLAIN SELECT * FROM t1 WHERE c1 = 3;
+------------------------+---------+-----------+------------------------+-------------------------------+
| id                     | estRows | task      | access object          | operator info                 |
+------------------------+---------+-----------+------------------------+-------------------------------+
| IndexReader_6          | 1.00    | root      |                        | index:IndexRangeScan_5        |
| └─IndexRangeScan_5     | 1.00    | cop[tikv] | table:t1, index:c1(c1) | range:[3,3], keep order:false |
+------------------------+---------+-----------+------------------------+-------------------------------+
2 rows in set (0.00 sec)

MySQLの互換性

TiDBは、収集する統計とクエリ実行中に統計を利用する方法の両方でMySQLとは異なります。このステートメントは構文的にMySQLに似ていますが、次の違いが適用されます。

  1. TiDBは、 ANALYZE TABLEを実行しているときに、最近コミットされた変更を含まない場合があります。行のバッチ更新後、統計更新にこれらの変更を反映させるために、 ANALYZE TABLEを実行する前にsleep(1)にする必要がある場合があります。 #16570
  2. ANALYZE TABLEは、MySQLよりもTiDBでの実行にかなり長い時間がかかります。このパフォーマンスの違いは、 SET GLOBAL tidb_enable_fast_analyze=1で高速分析を有効にすることで部分的に軽減できます。高速分析はサンプリングを利用するため、統計の精度が低下します。その使用法はまだ実験的と見なされます。

MySQLはANALYZE INCREMENTAL TABLEステートメントをサポートしていません。 TiDBは、統計の増分収集をサポートしています。詳細な使用法については、 インクリメンタルコレクションを参照してください。

も参照してください