重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

権限管理

TiDBは、構文や特権タイプなど、MySQL5.7の特権管理システムをサポートしています。 MySQL8.0の次の機能もサポートされています。

  • TiDB3.0以降のSQLロール。
  • TiDB5.1以降の動的特権。

このドキュメントでは、特権関連のTiDB操作、TiDB操作に必要な特権、および特権システムの実装について説明します。

特権を付与する

GRANTステートメントは、ユーザーアカウントに特権を付与します。

たとえば、次のステートメントを使用して、 xxx人のユーザーにtestのデータベースを読み取る権限を付与します。

GRANT SELECT ON test.* TO 'xxx'@'%';

次のステートメントを使用して、 xxx人のユーザーにすべてのデータベースに対するすべての特権を付与します。

GRANT ALL PRIVILEGES ON *.* TO 'xxx'@'%';

デフォルトでは、指定したユーザーが存在しない場合、 GRANTステートメントはエラーを返します。この動作は、SQLモードNO_AUTO_CREATE_USERが指定されているかどうかによって異なります。

mysql> SET sql_mode=DEFAULT;
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

mysql> SELECT @@sql_mode;
+-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------+
| @@sql_mode                                                                                                                                |
+-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------+
| ONLY_FULL_GROUP_BY,STRICT_TRANS_TABLES,NO_ZERO_IN_DATE,NO_ZERO_DATE,ERROR_FOR_DIVISION_BY_ZERO,NO_AUTO_CREATE_USER,NO_ENGINE_SUBSTITUTION |
+-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------+
1 row in set (0.00 sec)

mysql> SELECT * FROM mysql.user WHERE user='idontexist';
Empty set (0.00 sec)

mysql> GRANT ALL PRIVILEGES ON test.* TO 'idontexist';
ERROR 1105 (HY000): You are not allowed to create a user with GRANT

mysql> SELECT user,host,authentication_string FROM mysql.user WHERE user='idontexist';
Empty set (0.00 sec)

次の例では、SQLモードNO_AUTO_CREATE_USERが設定されていないため、ユーザーidontexistは空のパスワードで自動的に作成されます。これはセキュリティ上のリスクがあるため、お勧めしません。ユーザー名のスペルを間違えると、空のパスワードで新しいユーザーが作成されます。

mysql> SET @@sql_mode='ONLY_FULL_GROUP_BY,STRICT_TRANS_TABLES,NO_ZERO_IN_DATE,NO_ZERO_DATE,ERROR_FOR_DIVISION_BY_ZERO,NO_ENGINE_SUBSTITUTION';
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

mysql> SELECT @@sql_mode;
+-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------+
| @@sql_mode                                                                                                            |
+-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------+
| ONLY_FULL_GROUP_BY,STRICT_TRANS_TABLES,NO_ZERO_IN_DATE,NO_ZERO_DATE,ERROR_FOR_DIVISION_BY_ZERO,NO_ENGINE_SUBSTITUTION |
+-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------+
1 row in set (0.00 sec)

mysql> SELECT * FROM mysql.user WHERE user='idontexist';
Empty set (0.00 sec)

mysql> GRANT ALL PRIVILEGES ON test.* TO 'idontexist';
Query OK, 1 row affected (0.05 sec)

mysql> SELECT user,host,authentication_string FROM mysql.user WHERE user='idontexist';
+------------+------+-----------------------+
| user       | host | authentication_string |
+------------+------+-----------------------+
| idontexist | %    |                       |
+------------+------+-----------------------+
1 row in set (0.01 sec)

GRANTのあいまい一致を使用して、データベースに特権を付与できます。

mysql> GRANT ALL PRIVILEGES ON `te%`.* TO genius;
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

mysql> SELECT user,host,db FROM mysql.db WHERE user='genius';
+--------|------|-----+
| user   | host | db  |
+--------|------|-----+
| genius | %    | te% |
+--------|------|-----+
1 row in set (0.00 sec)

この例では、 te%分の%であるため、 teで始まるすべてのデータベースに特権が付与されます。

特権を取り消す

REVOKEステートメントを使用すると、システム管理者はユーザーアカウントから特権を取り消すことができます。

REVOKEステートメントはREVOKEステートメントに対応します。

REVOKE ALL PRIVILEGES ON `test`.* FROM 'genius'@'localhost';

ノート:

特権を取り消すには、完全に一致する必要があります。一致する結果が見つからない場合は、エラーが表示されます。

mysql> REVOKE ALL PRIVILEGES ON `te%`.* FROM 'genius'@'%';
ERROR 1141 (42000): There is no such grant defined for user 'genius' on host '%'

あいまい一致、エスケープ、文字列、および識別子について:

mysql> GRANT ALL PRIVILEGES ON `te\%`.* TO 'genius'@'localhost';
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

この例では、完全一致を使用してte%という名前のデータベースを検索します。 %\エスケープ文字を使用するため、 %はワイルドカードとは見なされないことに注意してください。

文字列は一重引用符('')で囲まれ、識別子はバッククォート( ``)で囲まれます。以下の違いを参照してください。

mysql> GRANT ALL PRIVILEGES ON 'test'.* TO 'genius'@'localhost';
ERROR 1064 (42000): You have an error in your SQL syntax; check the
manual that corresponds to your MySQL server version for the right
syntax to use near ''test'.* to 'genius'@'localhost'' at line 1

mysql> GRANT ALL PRIVILEGES ON `test`.* TO 'genius'@'localhost';
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

テーブル名として特別なキーワードを使用する場合は、それらをバッククォート( ``)で囲みます。例えば:

mysql> CREATE TABLE `select` (id int);
Query OK, 0 rows affected (0.27 sec)

ユーザーに付与されている権限を確認する

SHOW GRANTSステートメントを使用して、ユーザーに付与されている特権を確認できます。例えば:

SHOW GRANTS; -- show grants for the current user

+-------------------------------------------------------------+
| Grants for User                                             |
+-------------------------------------------------------------+
| GRANT ALL PRIVILEGES ON *.* TO 'root'@'%' WITH GRANT OPTION |
+-------------------------------------------------------------+
SHOW GRANTS FOR 'root'@'%'; -- show grants for a specific user

たとえば、ユーザーrw_user@192.168.%を作成し、 test.write_tableテーブルに対する書き込み権限とグローバル読み取り権限をユーザーに付与します。

CREATE USER `rw_user`@`192.168.%`;
GRANT SELECT ON *.* TO `rw_user`@`192.168.%`;
GRANT INSERT, UPDATE ON `test`.`write_table` TO `rw_user`@`192.168.%`;

rw_user@192.168.%人のユーザーに付与された特権を表示します。

SHOW GRANTS FOR `rw_user`@`192.168.%`;

+------------------------------------------------------------------+
| Grants for rw_user@192.168.%                                     |
+------------------------------------------------------------------+
| GRANT Select ON *.* TO 'rw_user'@'192.168.%'                     |
| GRANT Insert,Update ON test.write_table TO 'rw_user'@'192.168.%' |
+------------------------------------------------------------------+

動的特権

v5.1以降、TiDB機能は動的特権をサポートします。これはMySQL8.0から借用した機能です。動的特権は、特定の操作へのよりきめ細かいアクセスを実装することにより、 SUPERの特権を置き換えることを目的としています。たとえば、動的特権を使用して、システム管理者はBACKUPおよびRESTOREの操作のみを実行できるユーザーアカウントを作成できます。

動的特権には次のものがあります。

  • BACKUP_ADMIN
  • RESTORE_ADMIN
  • ROLE_ADMIN
  • CONNECTION_ADMIN
  • SYSTEM_VARIABLES_ADMIN
  • RESTRICTED_REPLICA_WRITER_ADMINを使用すると、特権所有者は、TiDBクラスタで読み取り専用モードが有効になっている場合に影響を受けることなく書き込みまたは更新操作を実行できます。詳細については、 tidb_restricted_read_onlyを参照してください。

動的特権の完全なセットを表示するには、 SHOW PRIVILEGESステートメントを実行します。プラグインは新しい特権を追加することが許可されているため、割り当て可能な特権のリストは、TiDBのインストールによって異なる場合があります。

TiDB操作に必要な権限

INFORMATION_SCHEMA.USER_PRIVILEGESの表でTiDBユーザーの権限を確認できます。例えば:

mysql> SELECT * FROM INFORMATION_SCHEMA.USER_PRIVILEGES WHERE grantee = "'root'@'%'";
+------------+---------------+-------------------------+--------------+
| GRANTEE    | TABLE_CATALOG | PRIVILEGE_TYPE          | IS_GRANTABLE |
+------------+---------------+-------------------------+--------------+
| 'root'@'%' | def           | Select                  | YES          |
| 'root'@'%' | def           | Insert                  | YES          |
| 'root'@'%' | def           | Update                  | YES          |
| 'root'@'%' | def           | Delete                  | YES          |
| 'root'@'%' | def           | Create                  | YES          |
| 'root'@'%' | def           | Drop                    | YES          |
| 'root'@'%' | def           | Process                 | YES          |
| 'root'@'%' | def           | References              | YES          |
| 'root'@'%' | def           | Alter                   | YES          |
| 'root'@'%' | def           | Show Databases          | YES          |
| 'root'@'%' | def           | Super                   | YES          |
| 'root'@'%' | def           | Execute                 | YES          |
| 'root'@'%' | def           | Index                   | YES          |
| 'root'@'%' | def           | Create User             | YES          |
| 'root'@'%' | def           | Create Tablespace       | YES          |
| 'root'@'%' | def           | Trigger                 | YES          |
| 'root'@'%' | def           | Create View             | YES          |
| 'root'@'%' | def           | Show View               | YES          |
| 'root'@'%' | def           | Create Role             | YES          |
| 'root'@'%' | def           | Drop Role               | YES          |
| 'root'@'%' | def           | CREATE TEMPORARY TABLES | YES          |
| 'root'@'%' | def           | LOCK TABLES             | YES          |
| 'root'@'%' | def           | CREATE ROUTINE          | YES          |
| 'root'@'%' | def           | ALTER ROUTINE           | YES          |
| 'root'@'%' | def           | EVENT                   | YES          |
| 'root'@'%' | def           | SHUTDOWN                | YES          |
| 'root'@'%' | def           | RELOAD                  | YES          |
| 'root'@'%' | def           | FILE                    | YES          |
| 'root'@'%' | def           | CONFIG                  | YES          |
| 'root'@'%' | def           | REPLICATION CLIENT      | YES          |
| 'root'@'%' | def           | REPLICATION SLAVE       | YES          |
+------------+---------------+-------------------------+--------------+
31 rows in set (0.00 sec)

ALTER

  • ALTERのステートメントすべてについて、ユーザーは対応するテーブルに対してALTERの特権を持っている必要があります。
  • ALTER...DROPALTER...RENAME TOを除くステートメントの場合、ユーザーは対応するテーブルに対してINSERTCREATEの特権を持っている必要があります。
  • ALTER...DROPステートメントの場合、ユーザーは対応するテーブルに対してDROP特権を持っている必要があります。
  • ALTER...RENAME TOステートメントの場合、ユーザーは、名前を変更する前にテーブルに対してDROPの特権を持ち、名前を変更した後にテーブルに対してCREATEINSERTの特権を持っている必要があります。

ノート:

MySQL 5.7のドキュメントでは、ユーザーはテーブルに対してALTERの操作を実行するためにINSERTCREATEの特権が必要です。ただし、実際にはMySQL 5.7.25の場合、この場合はALTERの特権のみが必要です。現在、TiDBのALTER特権は、MySQLの実際の動作と一致しています。

バックアップ

SUPERまたはBACKUP_ADMINの特権が必要です。

データベースの作成

データベースにCREATEの特権が必要です。

インデックスの作成

テーブルにINDEXの特権が必要です。

CREATE TABLE

テーブルにCREATEの特権が必要です。

CREATE TABLE...LIKE...ステートメントを実行するには、テーブルに対するSELECT特権が必要です。

ビューの作成

CREATE VIEWの特権が必要です。

ノート:

現在のユーザーがビューを作成したユーザーでない場合は、 CREATE VIEWSUPERの両方の権限が必要です。

ドロップデータベース

テーブルにDROPの特権が必要です。

ドロップインデックス

テーブルにINDEXの特権が必要です。

ドロップテーブル

テーブルにDROPの特権が必要です。

データを読み込む

テーブルにINSERTの特権が必要です。 REPLACE INTOを使用する場合は、 DELETE特権も必要です。

切り捨てテーブル

テーブルにDROPの特権が必要です。

テーブルの名前を変更

名前を変更する前にテーブルにALTERDROPの特権が必要であり、名前を変更した後にテーブルにCREATEINSERTの特権が必要です。

テーブルの分析

テーブルにはINSERTSELECTの権限が必要です。

見せる

SHOW CREATE TABLEには、テーブルに対する単一の特権が必要です。

SHOW CREATE VIEWにはSHOW VIEW特権が必要です。

SHOW GRANTSには、 mysqlデータベースに対するSELECT特権が必要です。ターゲットユーザーが現在のユーザーである場合、 SHOW GRANTSは特権を必要としません。

SHOW PROCESSLISTは、他のユーザーに属する接続を表示するためにSUPERを必要とします。

ロール/ユーザーの作成

CREATE ROLEにはCREATE ROLE特権が必要です。

CREATE USERにはCREATE USER特権が必要です。

ドロップロール/ユーザー

DROP ROLEにはDROP ROLE特権が必要です。

DROP USERにはCREATE USER特権が必要です。

ALTER USER

CREATE USERの特権が必要です。

許す

GRANTによって付与された特権を持つGRANTの特権が必要です。

ユーザーを暗黙的に作成するには、追加のCREATE USERの特権が必要です。

GRANT ROLEにはSUPERまたはROLE_ADMINの特権が必要です。

取り消す

GRANTの特権とREVOKEのステートメントの対象となる特権が必要です。

REVOKE ROLEにはSUPERまたはROLE_ADMINの特権が必要です。

グローバルに設定

グローバル変数を設定するには、 SUPERつまたはSYSTEM_VARIABLES_ADMINの特権が必要です。

管理者

SUPERの特権が必要です。

デフォルトの役割を設定

SUPERの特権が必要です。

殺す

他のユーザーセッションを強制終了するには、 SUPERつまたはCONNECTION_ADMINの特権が必要です。

特権システムの実装

特権テーブル

次のシステムテーブルは、すべての特権関連データが格納されているため、特別です。

  • mysql.user (ユーザーアカウント、グローバル特権)
  • mysql.db (データベースレベルの特権)
  • mysql.tables_priv (テーブルレベルの特権)
  • mysql.columns_priv (列レベルの特権。現在はサポートされていません)

これらのテーブルには、データの有効範囲と特権情報が含まれています。たとえば、 mysql.userの表では次のようになります。

mysql> SELECT User,Host,Select_priv,Insert_priv FROM mysql.user LIMIT 1;
+------|------|-------------|-------------+
| User | Host | Select_priv | Insert_priv |
+------|------|-------------|-------------+
| root | %    | Y           | Y           |
+------|------|-------------|-------------+
1 row in set (0.00 sec)

このレコードでは、 HostUserは、任意のホスト( % )からrootユーザーによって送信された接続要求を受け入れることができることを決定します。 Select_privInsert_privは、ユーザーがグローバルSelectInsertの特権を持っていることを意味します。 mysql.user表の有効射程はグローバルです。

mysql.dbHostUserは、ユーザーがアクセスできるデータベースを決定します。有効射程はデータベースです。

ノート:

GRANTなどの提供されたDROP USERを介してのみ特権テーブルを更新することをお勧めしCREATE USER 。基になる特権テーブルを直接編集しても、特権キャッシュは自動的に更新されないため、 FLUSH PRIVILEGESが実行されるまで予期しない動作が発生します。

接続検証

クライアントが接続要求を送信すると、TiDBサーバーはログイン操作を確認します。 TiDBサーバーは最初にmysql.userのテーブルをチェックします。 UserHostのレコードが接続要求に一致する場合、TiDBサーバーはauthentication_stringを検証します。

ユーザーIDは、接続を開始するホストであるHostとユーザー名であるUserの2つの情報に基づいています。ユーザー名が空でない場合、指定されたユーザーと完全に一致する必要があります。

User + Hostは、 userのテーブルの複数の行に一致する場合があります。このシナリオに対処するために、 userテーブルの行がソートされます。クライアントが接続すると、テーブルの行が1つずつチェックされます。最初に一致した行が検証に使用されます。並べ替えの際、ホストはユーザーの前にランク付けされます。

確認をリクエストする

接続が成功すると、要求検証プロセスは、操作に特権があるかどうかを確認します。

データベース関連の要求( INSERT )の場合、要求検証プロセスは最初にUPDATEテーブル内のユーザーのグローバル特権をチェックしmysql.user 。特権が付与されている場合は、直接アクセスできます。そうでない場合は、 mysql.dbの表を確認してください。

userテーブルには、デフォルトのデータベースに関係なくグローバル権限があります。たとえば、 userDELETE特権は、任意の行、テーブル、またはデータベースに適用できます。

dbの表では、空のユーザーは匿名ユーザー名と一致します。 User列にワイルドカードを使用することはできません。 Host列とDb列の値は、パターンマッチングを使用できる%列と_列を使用できます。

userおよびdbテーブルのデータも、メモリにロードされるときにソートされます。

tables_privcolumns_priv%の使用法は似ていTable_nameが、 Dbの列の値にColumn_nameを含めることはできませ% 。ロード時の並べ替えも同様です。

効果の時間

TiDBが起動すると、いくつかの特権チェックテーブルがメモリにロードされ、キャッシュされたデータが特権の検証に使用されます。 GRANTなどのCREATE USER管理ステートメントの実行はすぐにDROP USERになりREVOKE

INSERTなどのUPDATEを使用してmysql.userなどのテーブルを手動で編集しても、すぐには有効になりませDELETE 。この動作はMySQLと互換性があり、特権キャッシュは次のステートメントで更新できます。

FLUSH PRIVILEGES;