重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

TiDB1.1ベータリリースノート

2018年2月24日、TiDB1.1ベータ版がリリースされました。このリリースでは、MySQLの互換性、SQLの最適化、安定性、およびパフォーマンスが大幅に改善されています。

TiDB

  • 監視メトリックをさらに追加し、ログを調整します
  • より多くのMySQL構文と互換性があります
  • information_schemaでのテーブル作成時間の表示をサポート
  • MaxOneRow演算子を含むクエリを最適化する
  • 結合によって使用されるメモリをさらに削減するために、結合によって生成される中間結果セットのサイズを構成します
  • tidb_configセッション変数を追加して、現在のTiDB構成を出力します
  • UnionおよびIndex Join演算子のpanicの問題を修正します
  • 一部のシナリオでのSort Merge Join演算子の誤った結果の問題を修正します
  • Show Indexステートメントに追加中のインデックスが表示される問題を修正します
  • Drop Statsステートメントの失敗を修正します
  • SQLエンジンのクエリパフォーマンスを最適化して、Sysbench Select / OLTPのテスト結果を10%向上させます
  • 新しい実行エンジンを使用して、オプティマイザーでのサブクエリの計算速度を向上させます。 TiDB 1.0と比較して、TiDB 1.1 Betaは、TPC-HやTPC-DSなどのテストで大幅な改善が見られます。

PD

  • ドロップリージョンデバッグインターフェイスを追加します
  • PDリーダーの優先順位設定をサポート
  • Raftリーダーをスケジュールしないように特定のラベルでストアを構成することをサポートします
  • 各PDのヘルスステータスを列挙するインターフェイスを追加します
  • メトリックを追加する
  • PDリーダーとetcdリーダーをできるだけ同じノードにまとめます
  • TiKVがダウンしたときのデータ復元の優先度と速度を改善します
  • data-dirの構成項目の有効性チェックを拡張します
  • リージョンハートビートのパフォーマンスを最適化する
  • ホットスポットスケジューリングがラベル制約に違反する問題を修正します
  • その他の安定性の問題を修正

TiKV

  • 潜在的なGCの問題を回避するために、オフセット+制限を使用してロックをトラバースします
  • GC速度を向上させるために、バッチでのロックの解決をサポート
  • GCの同時実行性をサポートしてGCの速度を向上させる
  • RocksDB圧縮リスナーを使用してリージョンサイズを更新し、より正確なPDスケジューリングを実現します
  • TiKVの起動を高速化するために、 DeleteFilesInRangesを使用して古いデータをバッチで削除します
  • 保持されたファイルが多くのスペースを占有しないように、 Raftスナップショットの最大サイズを構成します
  • tikv-ctlでより多くのリカバリ操作をサポート
  • 順序付きフロー集約操作を最適化する
  • メトリックを改善し、バグを修正します
このページの内容