重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

TiDB2.0RC1リリースノート

2018年3月9日、TiDB2.0RC1がリリースされました。このリリースでは、MySQLの互換性、SQLの最適化、および安定性が大幅に改善されています。

TiDB

  • OOMのリスクを軽減するために、単一のSQLステートメントによるメモリ使用量の制限をサポートします
  • StreamAggregateオペレーターをTiKVにプッシュダウンすることをサポート
  • 構成ファイルの検証をサポート
  • HTTPAPIを介したTiDB構成の情報の取得をサポート
  • パーサーのより多くのMySQL構文と互換性があります
  • Navicatとの互換性を向上させる
  • より適切なクエリプランを選択するために、オプティマイザを改善し、複数のOR条件を持つ一般的な式を抽出します
  • より適切なクエリプランを選択するために、オプティマイザを改善し、サブクエリをより多くのシナリオで結合演算子に変換します
  • バッチモードでロックを解決して、ガベージコレクションの速度を上げます
  • 互換性を向上させるためにブールフィールドの長さを修正
  • オンラインビジネスへの影響を減らすために、インデックスの追加操作を最適化し、すべての書き込みおよび読み取り操作の優先度を低くします。

PD

  • リージョンのステータスを確認するために使用されるコードのロジックを最適化して、パフォーマンスを向上させます
  • 異常な状態でのログ情報の出力を最適化して、デバッグを容易にします
  • TiKVノードのディスク容量が不足しているというモニター統計を修正します
  • TLSが有効になっている場合のヘルスインターフェイスの誤ったレポートの問題を修正します
  • 安定性を向上させるために、レプリカの同時追加が構成のしきい値を超える可能性があるという問題を修正します

TiKV

  • PDリーダーが切り替わったときにgRPC呼び出しがキャンセルされない問題を修正します
  • 初期構成後に変更できない重要な構成を保護する
  • メトリックの取得に使用されるgRPCAPIを追加します
  • クラスタの起動時にSSDが使用されているかどうかを確認します
  • ReadPoolを使用して読み取りパフォーマンスを最適化し、 raw getのテストでパフォーマンスを30%向上させます
  • メトリックを改善し、メトリックの使用を最適化する
このページの内容