重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

TiDB2.0.9リリースノート

2018年11月19日、TiDB2.0.9がリリースされました。このリリースでは、TiDB 2.0.8と比較して、システムの互換性と安定性が大幅に向上しています。

TiDB

  • 空の統計ヒストグラム#7927によって引き起こされる問題を修正します
  • 場合によってはUNION ALLステートメントのpanicの問題を修正します#7942
  • 間違ったDDLジョブによって引き起こされるスタックオーバーフローの問題を修正します#7959
  • Commitの操作の遅いログを追加します#7983
  • Limitの値が大きすぎることによって引き起こされるpanicの問題を修正します#8004
  • USING#8048でのutf8mb4文字セットの指定のサポート
  • TRUNCATEの組み込み関数が符号なし整数型#8069のパラメーターをサポートするようにします。
  • 場合によっては、統計モジュールの主キーの選択性推定の問題を修正します#8150
  • Session変数を追加して、 _tidb_rowid#8126に書き込むことができるかどうかを制御します
  • 場合によってはPhysicalProjectionのpanicの問題を修正します#8154
  • 場合によってはUnionステートメントの不安定な結果を修正します#8168
  • Insert以外のステートメントでNULLvaluesによって返されない問題を修正します#8179
  • 統計モジュールが古いデータをクリアできない場合があるという問題を修正します#8184
  • トランザクションの最大許容実行時間を構成可能なオプションにする#8209
  • 場合によってはexpression rewriterの間違った比較アルゴリズムを修正します#8288
  • UNION ORDER BYステートメント#8307によって生成された余分な列を削除します
  • admin show next_row_idステートメント#8274をサポートする
  • Show Create Tableステートメント#8321の特殊文字のエスケープの問題を修正します。
  • 場合によってはUNIONステートメントの予期しないエラーを修正します#8318
  • DDLジョブをキャンセルすると、場合によってはスキーマのロールバックが発生しないという問題を修正します#8312
  • tidb_max_chunk_sizeをグローバル変数#8333に変更します
  • オーバーバウンドスキャンを回避するために、ticlientのScanコマンドに上限を追加します#8309 #8310

PD

  • etcdの起動失敗が原因でPDサーバーがスタックする問題を修正します#1267
  • pd-ctlリージョンキーの#1308に関連する問題を修正し#1298 #1299
  • regions/checkが間違った結果を返す問題を修正します#1311
  • PDの参加に失敗した後、PDが参加を再開できない問題を修正します#1279

TiKV

  • kv_scanインターフェイス#3749end-key制限を追加します。
  • max-tasks-xxx構成を破棄し、 #3093を追加しmax-tasks-per-worker-xxx
  • RocksDB3のCompactFilesの問題を修正し#3789
このページの内容