重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

TiDB2.0RC4リリースノート

2018年3月30日、TiDB2.0RC4がリリースされました。このリリースでは、MySQLの互換性、SQLの最適化、および安定性が大幅に改善されています。

TiDB

  • サポートSHOW GRANTS FOR CURRENT_USER();
  • UnionScanExpressionが複製されない問題を修正します
  • SET TRANSACTION構文をサポートする
  • copIteratorで潜在的なゴルーチンリークの問題を修正します
  • admin check tableがnullを含む一意のインデックスを誤って判断する問題を修正します
  • 科学的記数法を使用した浮動小数点数の表示のサポート
  • バイナリリテラルコンピューティング中の型推論の問題を修正しました
  • CREATE VIEWステートメントを解析する際の問題を修正します
  • 1つのステートメントにORDER BYLIMIT 0の両方が含まれている場合のpanicの問題を修正します
  • DecodeBytesの実行パフォーマンスを向上させる
  • 無駄な実行計画を作成しないように、 LIMIT 0からTableDualを最適化します

PD

  • 単一のリージョンでホットスポットを処理するために、リージョンを手動で分割することをサポートします
  • pdctlが実行されたときにlabelプロパティが表示されない問題を修正しますconfig show all
  • 指標とコード構造を最適化する

TiKV

  • スナップショットの受信中のメモリ使用量を制限して、極端な状況でのOOMを回避します
  • 警告が発生したときのコプロセッサーの動作の構成をサポート
  • TiKVでのデータパターンのインポートをサポート
  • 中央でのリージョンの分割をサポート
  • CIテストの速度を上げる
  • 使用crossbeam channel
  • TiKVが分離されているときにリーダーが欠落しているために出力されるログが多すぎる問題を修正します
このページの内容