重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

TiDB2.0.8リリースノート

2018年10月16日、TiDB2.0.8がリリースされました。このリリースでは、TiDB 2.0.7と比較して、システムの互換性と安定性が大幅に向上しています。

TiDB

  • 改善
    • Updateステートメントが対応するAUTO-INCREMENT列#7846を変更しない場合は、AUTO-IDの増加速度を遅くします。
  • バグの修正
    • PDリーダーがダウンしたときにサービスを回復するための新しいetcdセッションをすばやく作成します#7810
    • DateTimeタイプのデフォルト値が計算されるときにタイムゾーンが考慮されない問題を修正します#7672
    • duplicate key updateいくつかの条件で値が正しく挿入されない問題を修正します#7685
    • UnionScanの述語条件が#7726にプッシュダウンされない問題を修正します。
    • TIMESTAMPインデックス#7812を追加すると、タイムゾーンが正しく処理されない問題を修正します。
    • 一部の条件で統計モジュールによって引き起こされるメモリリークの問題を修正します#7864
    • 一部の異常な状態でANALYZEの結果が得られない問題を修正します#7871
    • 返される結果が正しいことを確認するために、関数SYSDATEを折りたたまないでください#7894
    • いくつかの条件でsubstring_indexpanicの問題を修正します#7896
    • 一部の条件でOUTER JOINが誤ってINNER JOINに変換される問題を修正します#7899

TiKV

  • バグ修正
    • ノードがダウンしたときにEntryCacheによって消費されるメモリが増加し続ける問題を修正します#3529
このページの内容