重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

TiDB1.1Alphaリリースノート

2018年1月19日、TiDB1.1Alphaがリリースされました。このリリースでは、MySQLの互換性、SQLの最適化、安定性、およびパフォーマンスが大幅に改善されています。

TiDB

  • SQLパーサー
    • より多くの構文をサポートする
  • SQLクエリオプティマイザ
    • よりコンパクトな構造を使用して、統計情報のメモリ使用量を削減します
    • tidb-serverの起動時に統計情報の読み込みを高速化
    • より正確なクエリコスト評価を提供する
    • Count-Min Sketchを使用して、一意のインデックスを使用したクエリのコストをより正確に見積もります
    • インデックスを最大限に活用するために、より複雑な条件をサポートする
  • SQLエグゼキュータ
    • Chunkアーキテクチャを使用してすべてのエグゼキュータ演算子をリファクタリングし、分析ステートメントの実行パフォーマンスを向上させ、メモリ使用量を削減します
    • INSERT IGNOREステートメントのパフォーマンスを最適化する
    • より多くのタイプと関数をTiKVにプッシュダウン
    • もっとサポートSQL_MODE
    • Load Dataのパフォーマンスを最適化して、速度を10倍にします
    • Use Databaseのパフォーマンスを最適化する
    • 物理演算子のメモリ使用量に関する統計をサポートします
  • サーバ
    • PROXYプロトコルをサポートする

PD

  • APIを追加する
  • TLSをサポート
  • シミュレータをスケジュールするためのケースをさらに追加する
  • さまざまなリージョンのサイズに適応するようにスケジュールする
  • スケジューリングに関するいくつかのバグを修正

TiKV

  • Raft学習者をサポートする
  • Raftスナップショットを最適化し、I/Oオーバーヘッドを削減します
  • TLSをサポート
  • RocksDB構成を最適化してパフォーマンスを向上させる
  • コプロセッサーでcount (*)を最適化し、一意のインデックスのパフォーマンスを照会します
  • フェイルポイントと安定性テストケースをさらに追加する
  • PDとTiKV間の再接続の問題を解決します
  • データ回復ツールの機能を強化するtikv-ctl
  • リージョンのテーブルによる分割をサポート
  • Delete Rangeつの機能をサポートする
  • スナップショットによるI/O制限の設定をサポート
  • フロー制御メカニズムを改善する
このページの内容