重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

TiDB2.0RC5リリースノート

2018年4月17日、TiDB2.0RC5がリリースされました。このリリースでは、MySQLの互換性、SQLの最適化、および安定性が大幅に改善されています。

TiDB

  • Top-Nプッシュダウンルールの適用に関する問題を修正します
  • NULL値を含む列の行数の見積もりを修正しました
  • バイナリタイプのゼロ値を修正します
  • トランザクション内のBatchGetの問題を修正します
  • 消費スペースを削減するために、 Add Indexの操作をロールバックしながら書き込まれたデータをクリーンアップします
  • insert on duplicate key updateのステートメントを最適化して、パフォーマンスを10倍向上させます
  • UNIX_TIMESTAMP関数によって返される結果のタイプに関する問題を修正します
  • NOTNULL列の追加中にNULL値が挿入される問題を修正します
  • Show Process Listステートメントで実行中のステートメントのメモリ使用量を表示するサポート
  • Alter Table Modify Columnが極端な条件でエラーを報告する問題を修正します
  • Alterステートメントを使用したテーブルコメントの設定をサポート

PD

  • Raftのサポートを追加する
  • バランスリージョンスケジューラを最適化して、スケジューリングのオーバーヘッドを削減します
  • schedule-limit構成のデフォルト値を調整します
  • IDを頻繁に割り当てる問題を修正します
  • 新しいスケジューラを追加するときの互換性の問題を修正します

TiKV

  • tikv-ctlcompactで指定されたリージョンをサポートする
  • RawKVClientでバッチプット、バッチゲット、バッチ削除、バッチスキャンをサポート
  • スナップショットが多すぎるために発生するOOMの問題を修正します
  • コプロセッサーでより詳細なエラー情報を返す
  • TiKVからtikv-ctlまでのblock-cache-sizeの動的変更をサポート
  • さらに改善importer
  • ImportSST::Uploadのインターフェースを簡素化する
  • gRPCのkeepaliveのプロパティを構成します
  • TiKVからtikv-importerを独立したバイナリとして分割
  • コプロセッサーで各scan rangeによってスキャンされた行数に関する統計を提供します
  • macOSシステムでのコンパイルの問題を修正します
  • RocksDBメトリックの誤用の問題を修正します
  • コプロセッサーでoverflow as warningのオプションをサポートする
このページの内容