重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

TiDB2.0.6リリースノート

2018年8月6日、TiDB2.0.6がリリースされました。このリリースでは、TiDB 2.0.5と比較して、システムの互換性と安定性が大幅に向上しています。

TiDB

  • 改善点
    • ディスク容量を節約するために、「システム変数の設定」ログを短くします#7031
    • トラブルシューティングを容易にするために、 ADD INDEXの実行中に遅い操作をログに記録します#7083
    • 統計を更新する際のトランザクションの競合を減らす#7138
    • 推定される保留中の値が統計範囲#7185を超える場合の行数推定の精度を向上させます
    • 実行効率を向上させるために、 Index Joinの外部テーブルとして、推定行数が少ないテーブルを選択します#7277
    • ANALYZE TABLEの実行中に発生したパニックの回復メカニズムを追加して、統計を収集するプロセスでの異常な動作によってtidb-serverが使用できなくなるのを回避します#7228
    • LPADの結果がRPADと互換性のあるmax_allowed_packetシステム変数の値を超えると、 NULLと対応する警告を返し#7244
    • MySQL #7250と互換性のある、 PREPAREステートメントのプレースホルダー数の上限を65535に設定します
  • バグの修正
    • DROP USERステートメントがMySQLの動作と互換性がない場合があるという問題を修正します#7014
    • INSERTのようなステートメントがtidb_batch_insertを開いた後に#7092を満たすという問題を修正しLOAD DATA
    • テーブルのデータが更新され続けると、統計が自動的に更新されない問題を修正します#7093
    • ファイアウォールが非アクティブなgPRC接続を切断する問題を修正します#7099
    • 一部のシナリオでプレフィックスインデックスが間違った結果を返す問題を修正します#7126
    • 一部のシナリオで古い統計によって引き起こされるpanicの問題を修正します#7155
    • 一部のシナリオで1回の操作後にADD INDEXつのインデックスデータが失われる問題を修正します#7156
    • 一部のシナリオで一意のインデックスを使用してNULLの値をクエリするときの誤った結果の問題を修正します#7172
    • 一部のシナリオでのDECIMAL乗算結果の厄介なコードの問題を修正します#7212
    • 一部のシナリオでのDECIMALのモジュロ演算の誤った結果の問題を修正します#7245
    • トランザクションのUPDATEステートメントがステートメントの特別なシーケンスの下で間違った結果を返す問題を修正し#7219 DELETE
    • 一部のシナリオで実行プランを作成するプロセス中のUNION ALLステートメントのpanicの問題を修正し#7225 UPDATE
    • 一部のシナリオでプレフィックスインデックスの範囲が正しく計算されない問題を修正します#7231
    • 一部のシナリオでLOAD DATAステートメントがbinlogの書き込みに失敗する問題を修正します#7242
    • 一部のシナリオでのADD INDEXの実行プロセス中のSHOW CREATE TABLEの誤った結果の問題を修正します#7243
    • 一部のシナリオでIndex Joinがタイムスタンプを初期化しない場合にpanicが発生する問題を修正します#7246
    • ADMIN CHECK TABLEがセッション#7258でタイムゾーンを誤って使用した場合の誤警報の問題を修正します。
    • 一部のシナリオでADMIN CLEANUP INDEXがインデックスをクリーンアップしないという問題を修正します#7265
    • 読み取りコミット分離レベル#7282を無効にする

TiKV

  • 改善点
    • スケジューラのデフォルトスロットを拡大して、誤った競合を減らします
    • 競合が非常に深刻な場合の読み取りパフォーマンスを向上させるために、ロールバックトランザクションの継続的な記録を減らします
    • RocksDBログファイルのサイズと数を制限して、長時間実行状態での不要なディスク使用量を削減します
  • バグの修正
    • データ型を文字列から10進数に変換するときのクラッシュの問題を修正しました
このページの内容