重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

TiDB2.0.4リリースノート

2018年6月15日、TiDB2.0.4がリリースされました。 TiDB 2.0.3と比較して、このリリースではシステムの互換性と安定性が大幅に向上しています。

TiDB

  • ALTER TABLE t DROP COLUMN a CASCADE構文をサポートする
  • TSOへのtidb_snapshotの値の構成をサポート
  • 監視項目のステートメントタイプの表示を調整する
  • クエリコスト見積もりの精度を最適化する
  • gRPCのbackoff max delayつのパラメーターを構成します
  • 構成ファイル内の単一ステートメントのメモリーしきい値の構成をサポート
  • オプティマイザーのエラーをリファクタリングする
  • Cast Decimalのデータの副作用を修正します
  • 特定のシナリオでのMerge Join演算子の誤った結果の問題を修正します
  • Nullオブジェクトを文字列に変換する問題を修正します
  • JSONタイプのデータをJSONタイプにキャストする問題を修正します
  • 結果の順序がUnion + OrderByの状態でMySQLと一致しない問題を修正します
  • UnionステートメントがLimit/OrderBy句をチェックするときのコンプライアンスルールの問題を修正します
  • Union Allの結果の互換性の問題を修正します
  • 述語プッシュダウンのバグを修正
  • UnionステートメントとFor Update句の互換性の問題を修正します
  • concat_ws関数が誤って結果を切り捨てる問題を修正します

PD

  • 最大数PendingPeerの制限なしに変更することにより、未設定のスケジューリング引数max-pending-peer-countの動作を改善します。

TiKV

  • デバッグ用のPerfContextインターフェースを追加します
  • import-modeつのパラメータを削除します
  • tikv-ctlregion-propertiesコマンドを追加します
  • 多くのRocksDBトゥームストーンが存在する場合にreverse-seekが遅いという問題を修正します
  • do_subによって引き起こされるクラッシュの問題を修正します
  • GCが多くのバージョンのデータに遭遇したときに、GCにログを記録させる
このページの内容