重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

TiDB2.0.3リリースノート

2018年6月1日、TiDB2.0.3がリリースされました。 TiDB 2.0.2と比較して、このリリースではシステムの互換性と安定性が大幅に向上しています。

TiDB

  • オンラインでのログレベルの変更をサポート
  • COM_CHANGE_USERコマンドをサポートする
  • バイナリプロトコルでのTIMEタイプパラメータの使用のサポート
  • BETWEENの式を使用してクエリ条件のコスト見積もりを最適化します
  • SHOW CREATE TABLEの結果にFOREIGN KEYの情報を表示しないでください
  • LIMIT句を使用してクエリのコスト見積もりを最適化する
  • 一意のインデックスとしてのYEARタイプに関する問題を修正します
  • 一意のインデックスがない条件でのON DUPLICATE KEY UPDATEに関する問題を修正します
  • CEIL関数の互換性の問題を修正します
  • DECIMALタイプのDIV計算の精度の問題を修正しました
  • ADMIN CHECK TABLEの誤警報を修正
  • 特定の式パラメーターの下でのMAXのpanicの問題を修正しMIN
  • 特別な条件でJOINの結果がnullになる問題を修正します
  • Rangeを構築およびクエリするときのINの式の問題を修正します
  • Prepareを使用してクエリを実行し、 Plan Cacheが有効になっている場合の範囲計算の問題を修正します
  • スキーマ情報が異常な状態で頻繁にロードされる問題を修正します

PD

  • 特定の条件でホットキャッシュメトリックを収集するときのpanicの問題を修正します
  • 廃止されたリージョンのスケジュールに関する問題を修正します

TiKV

  • 学習者フラグが誤ってPDに報告するバグを修正します
  • divisor/dividenddo_div_modの0の場合、結果を取得する代わりにエラーを報告する
このページの内容