重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

TiDB2.0.5リリースノート

2018年7月6日、TiDB2.0.5がリリースされました。 TiDB 2.0.4と比較して、このリリースではシステムの互換性と安定性が大幅に向上しています。

TiDB

  • 新機能
    • トランザクションの自動再試行を無効にするために使用されるtidb_disable_txn_auto_retryのシステム変数を追加します#6877
  • 改善点
    • Selectionのコスト計算を最適化して、結果をより正確にします#6989
    • 一意のインデックスまたは主キーに完全に一致するクエリ条件をクエリパスとして直接選択します#6966
    • サービスの開始に失敗した場合は、必要なクリーンアップを実行してください#6964
    • Load Dataステートメント#6962\NをNULLとして処理します。
    • CBO1の#6953構造を最適化する
    • サービスを開始するときに、監視メトリックを早期に報告する#6931
    • SQLステートメントの改行を削除し、ユーザー情報を追加して、低速クエリの形式を最適化します#6920
    • コメント#6858で複数のアスタリスクをサポートする
  • バグの修正
    • KILL QUERYは常にSUPER特権#7003を必要とする問題を修正します
    • ユーザー数が1024を超えるとユーザーがログインに失敗する可能性がある問題を修正します#6986
    • 署名されて#6940ないfloatデータの挿入に関する問題を修正double
    • COM_FIELD_LISTコマンドの互換性を修正して、一部のMariaDBクライアントのpanicの問題を解決します#6929
    • CREATE TABLE IF NOT EXISTS LIKEの動作を修正#6928
    • TopNプッシュダウン#6923のプロセスの問題を修正します
    • Add Index #6903の実行中にエラーが発生した場合に、現在処理中の行のIDレコードの問題を修正します。

PD

  • 一部のシナリオで、レプリカの移行によってTiKVディスク領域が消費される問題を修正します
  • AdjacentRegionSchedulerによって引き起こされるクラッシュの問題を修正します

TiKV

  • 10進演算で発生する可能性のあるオーバーフローの問題を修正
  • マージの過程で発生する可能性のあるダーティリードの問題を修正します
このページの内容