TiDB 2.0.1 リリースノート

2018 年 5 月 16 日に、TiDB 2.0.1 がリリースされました。 TiDB 2.0.0 (GA) と比較すると、このリリースでは MySQL の互換性とシステムの安定性が大幅に向上しています。

TiDB

  • Add Indexの進捗をDDLジョブ情報にリアルタイムで更新
  • 自動統計更新のしきい値を制御するtidb_auto_analyze_ratioのセッション変数を追加します
  • トランザクションのコミットが失敗したときにすべての残留状態がクリーンアップされないという問題を修正します
  • いくつかの条件でのインデックスの追加に関するバグを修正
  • 一部の同時シナリオで DDL がサーフェス操作を変更するときの正確性に関連する問題を修正します。
  • 条件によってはLIMITの結果が正しくない不具合を修正
  • ADMIN CHECK INDEXステートメントの大文字化の問題を修正して、インデックス名の大文字と小文字を区別しないようにします
  • UNIONステートメントの互換性の問題を修正
  • TIME種類のデータを挿入する際の互換性の問題を修正
  • 一部の条件でcopIteratorTaskSenderによって引き起こされるゴルーチン リークの問題を修正します。
  • Binlogの失敗の動作を制御する TiDB のオプションを追加します。
  • Coprocessorの遅いログをリファクタリングして、処理時間が長いタスクと待機時間が長いタスクのシナリオを区別する
  • ロード バランサのキープ アライブ メカニズムによって発生するログが多すぎるのを避けるため、MySQL プロトコル ハンドシェイク エラーに遭遇した場合は何もログに記録しません。
  • 「列の値が範囲外です」というエラー メッセージを改善する
  • Updateステートメントにサブクエリがある場合のバグを修正
  • SIGTERMの処理の動作を変更し、すべてのクエリが終了するのを待たないようにします

PD

  • Scatter Rangeのスケジューラーを追加して、指定されたキー範囲でリージョンのバランスを取ります
  • 新しく分割されたリージョンがマージされないように、リージョンのマージのスケジューリングを最適化します
  • 学習者関連の指標を追加する
  • 再起動後にスケジューラが誤って削除される問題を修正
  • 設定ファイルの解析時に発生するエラーを修正
  • etcd リーダーと PD リーダーが複製されない問題を修正
  • 学習者を閉じた後も表示される問題を修正
  • パケット サイズが大きすぎるためにリージョンを読み込めない問題を修正

TiKV

  • SELECT FOR UPDATE他の人が読めなくなる問題を修正
  • スロー クエリ ログを最適化する
  • thread_yieldコールの数を減らす
  • スナップショットの生成時に raftstore が誤ってブロックされるバグを修正
  • 特別な条件で学習者が正常に選出されない問題を修正
  • 分割が極端な状況でダーティ リードを引き起こす可能性がある問題を修正します。
  • 読み取りスレッド プール構成のデフォルト値を修正します
  • 削除範囲の高速化
エコシステム
TiDB
TiKV
TiSpark
Chaos Mesh
© 2022 PingCAP. All Rights Reserved.