重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

TiDB2.0.1リリースノート

2018年5月16日、TiDB2.0.1がリリースされました。 TiDB 2.0.0(GA)と比較して、このリリースではMySQLの互換性とシステムの安定性が大幅に向上しています。

TiDB

  • Add Indexの進行状況をDDLジョブ情報にリアルタイムで更新します
  • tidb_auto_analyze_ratioセッション変数を追加して、自動統計更新のしきい値を制御します
  • トランザクションのコミットが失敗したときにすべての残りの状態がクリーンアップされないという問題を修正します
  • 一部の条件でのインデックスの追加に関するバグを修正
  • 一部の並行シナリオでDDLがサーフェス操作を変更する場合の正確性に関連する問題を修正します
  • 一部の条件でLIMITの結果が正しくないバグを修正します
  • ADMIN CHECK INDEXステートメントの大文字と小文字の問題を修正して、インデックス名の大文字と小文字を区別しないようにします
  • UNIONステートメントの互換性の問題を修正します
  • TIME種類のデータを挿入する際の互換性の問題を修正
  • いくつかの条件でcopIteratorTaskSenderによって引き起こされるゴルーチンリークの問題を修正します
  • Binlog障害の動作を制御するためのTiDBのオプションを追加します
  • Coprocessorの遅いログをリファクタリングして、処理時間が長いタスクと待機時間が長いタスクのシナリオを区別します。
  • ロードバランサーのキープアライブメカニズムによって引き起こされるログが多すぎるのを避けるために、MySQLプロトコルハンドシェイクエラーに遭遇したときに何もログに記録しません
  • 「列の範囲外の値」エラーメッセージを調整する
  • Updateステートメントにサブクエリがある場合のバグを修正します
  • SIGTERMの処理の動作を変更し、すべてのクエリが終了するのを待たないでください

PD

  • Scatter Rangeのスケジューラーを追加して、指定されたキー範囲でリージョンのバランスを取ります
  • マージリージョンのスケジュールを最適化して、新しく分割されたリージョンがマージされないようにします
  • 学習者関連の指標を追加する
  • 再起動後にスケジューラが誤って削除される問題を修正します
  • 構成ファイルの解析時に発生するエラーを修正します
  • etcdリーダーとPDリーダーが複製されない問題を修正します
  • 学習者が閉じた後も表示される問題を修正します
  • パケットサイズが大きすぎるためにリージョンがロードされない問題を修正します

TiKV

  • SELECT FOR UPDATEが他の人の読書を妨げる問題を修正します
  • 遅いクエリログを最適化する
  • thread_yieldの通話回数を減らす
  • スナップショットの生成時にraftstoreが誤ってブロックされるバグを修正します
  • 特別な条件で学習者を正常に選出できない問題を修正します
  • 分割によって極端な条件でダーティリードが発生する可能性がある問題を修正します
  • 読み取りスレッドプール構成のデフォルト値を修正します
  • 削除範囲の高速化
このページの内容