重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

TiDB2.0.7リリースノート

2018年9月7日、TiDB2.0.7がリリースされました。このリリースでは、TiDB 2.0.6と比較して、システムの互換性と安定性が大幅に向上しています。

TiDB

  • 新機能
    • 35にPROCESSLIST #7286テーブルを追加しinformation_schema
  • 改善
    • SQLステートメントの実行に関する詳細を収集し、その情報をSLOW QUERYログ#7364に出力します。
    • #7388にパーティション情報をドロップしSHOW CREATE TABLE
    • ANALYZEステートメントをRC分離レベルおよび低優先度#7500に設定することにより、実行効率を向上させます。
    • 一意のインデックスの追加を高速化#7562
    • DDL同時実行を制御するオプションを追加する#7563
  • バグの修正
    • 主キーが整数#7298であるテーブルでUSE INDEX(PRIMARY)を使用できない問題を修正します
    • 内側の行が#7301の場合、 Merge JoinIndex Joinが誤った結果を出力する問題を修正しNULL
    • チャンクサイズの設定が小さすぎるとJoinが誤った結果を出力する問題を修正します#7315
    • range columnを含むテーブルを作成するステートメントによって引き起こされるpanicの問題を修正し#7379
    • admin check tableが時間タイプ列#7457のエラーを誤って報告する問題を修正します
    • デフォルト値current_timestampのデータは、 =条件#7467を使用してクエリできないという問題を修正します。
    • ComStmtSendLongDataコマンドを使用して挿入された長さゼロのパラメーターが誤って#7508に解析される問題を修正します。
    • 特定のシナリオでauto analyzeが繰り返し実行される問題を修正します#7556
    • パーサーが改行文字#7635で終わる1行のコメントを解析できない問題を修正します

TiKV

  • 改善
    • スペースの増幅を減らすために、デフォルトで空のクラスタでdynamic-level-bytesパラメーターを開きます
  • バグ修正
    • リージョンのマージ後、リージョンのapproximate sizeapproximate keys countを更新します
このページの内容