重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

TiDB2.0.10リリースノート

2018年12月18日、TiDB2.0.10がリリースされました。対応するTiDBAnsible2.0.10もリリースされています。このリリースでは、TiDB 2.0.9と比較して、システムの互換性と安定性が大幅に向上しています。

TiDB

  • DDLジョブのキャンセルによって発生する可能性のある問題を修正します#8513
  • ORDER BY節とUNION節がテーブル名#8514を含む列を引用できない問題を修正します
  • UNCOMPRESS関数が誤った入力長#8607を判断しない問題を修正します
  • TiDB3をアップグレードするときにANSI_QUOTES SQL_MODEが遭遇する問題を修正し#8575
  • selectが間違った結果を返す場合があるという問題を修正します#8570
  • TiDBが終了信号を受信したときに終了できない可能性のある問題を修正します#8501
  • IndexLookUpJoinが間違った結果を返す場合があるという問題を修正します#8508
  • GetVarまたはSetVarを含むフィルターを#8454ないでください
  • UNION句の結果の長さが正しくない場合があるという問題を修正します#8491
  • #8488の問題を修正しPREPARE FROM @var_name
  • 場合によっては統計情報をダンプするときのpanicの問題を修正します#8464
  • 場合によっては、ポイントクエリの統計推定の問題を修正します#8493
  • 返されたデフォルトのenum値が文字列#8476である場合のpanicの問題を修正します
  • 幅の広いテーブルのシナリオでメモリが過剰に消費されるという問題を修正します#8467
  • パーサーがmodオペコード#8431を誤ってフォーマットしたときに発生する問題を修正します
  • 場合によっては外部キー制約を追加することによって引き起こされるpanicの問題を修正し#8410 #8421
  • YEAR列タイプがゼロ値#8396を誤って変換する問題を修正します
  • VALUES関数の引数が列#8404でない場合に発生したpanicの問題を修正します
  • サブクエリを含むステートメントのプランキャッシュを無効にする#8395

PD

  • デッドロック#1370が原因でRaftClusterが停止できない可能性のある問題を修正します

TiKV

  • 遅延の可能性を最適化するために、リーダーを新しく作成されたピアに転送することは避けてください#3929
  • 冗長なリージョンハートビートを修正#3930
このページの内容