重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

METRICS_SUMMARY

TiDBクラスタには多くの監視メトリックがあります。異常な監視メトリックを簡単に検出できるようにするために、TiDB4.0では次の2つの監視概要テーブルが導入されています。

  • information_schema.metrics_summary
  • information_schema.metrics_summary_by_label

2つの表は、各監視メトリックを効率的にチェックするためのすべての監視データをまとめたものです。 information_schema.metrics_summaryと比較すると、 information_schema.metrics_summary_by_labelテーブルには追加のlabel列があり、さまざまなラベルに従って差別化された統計を実行します。

USE information_schema;
DESC metrics_summary;
+--------------+--------------+------+------+---------+-------+
| Field        | Type         | Null | Key  | Default | Extra |
+--------------+--------------+------+------+---------+-------+
| METRICS_NAME | varchar(64)  | YES  |      | NULL    |       |
| QUANTILE     | double       | YES  |      | NULL    |       |
| SUM_VALUE    | double(22,6) | YES  |      | NULL    |       |
| AVG_VALUE    | double(22,6) | YES  |      | NULL    |       |
| MIN_VALUE    | double(22,6) | YES  |      | NULL    |       |
| MAX_VALUE    | double(22,6) | YES  |      | NULL    |       |
| COMMENT      | varchar(256) | YES  |      | NULL    |       |
+--------------+--------------+------+------+---------+-------+
7 rows in set (0.00 sec)

フィールドの説明:

  • METRICS_NAME :監視テーブル名。
  • QUANTILE :パーセンタイル。 SQLステートメントを使用してQUANTILEを指定できます。例えば:
    • select * from metrics_summary where quantile=0.99は、0.99パーセンタイルのデータの表示を指定します。
    • select * from metrics_summary where quantile in (0.80, 0.90, 0.99, 0.999)は、0.8、0.90、0.99、0.999パーセンタイルのデータを同時に表示することを指定します。
  • SUM_VALUE 、およびAVG_VALUEは、 MIN_VALUE合計、平均値、最小値、および最大値を意味しMAX_VALUE
  • COMMENT :対応する監視テーブルのコメント。

例えば:

'2020-03-08 13:23:00', '2020-03-08 13: 33: 00'の時間範囲内でTiDBクラスタ内の平均消費時間が最も長い監視項目の3つのグループを照会するには、 information_schema.metrics_summaryテーブルを直接照会し、 /*+ time_range() */ヒントを使用して時間範囲を指定します。 SQLステートメントは次のとおりです。

SELECT /*+ time_range('2020-03-08 13:23:00','2020-03-08 13:33:00') */ *
FROM information_schema.metrics_summary
WHERE metrics_name LIKE 'tidb%duration'
 AND avg_value > 0
 AND quantile = 0.99
ORDER BY avg_value DESC
LIMIT 3\G
***************************[ 1. row ]***************************
METRICS_NAME | tidb_get_token_duration
QUANTILE     | 0.99
SUM_VALUE    | 8.972509
AVG_VALUE    | 0.996945
MIN_VALUE    | 0.996515
MAX_VALUE    | 0.997458
COMMENT      |  The quantile of Duration (us) for getting token, it should be small until concurrency limit is reached(second)
***************************[ 2. row ]***************************
METRICS_NAME | tidb_query_duration
QUANTILE     | 0.99
SUM_VALUE    | 0.269079
AVG_VALUE    | 0.007272
MIN_VALUE    | 0.000667
MAX_VALUE    | 0.01554
COMMENT      | The quantile of TiDB query durations(second)
***************************[ 3. row ]***************************
METRICS_NAME | tidb_kv_request_duration
QUANTILE     | 0.99
SUM_VALUE    | 0.170232
AVG_VALUE    | 0.004601
MIN_VALUE    | 0.000975
MAX_VALUE    | 0.013
COMMENT      | The quantile of kv requests durations by store

同様に、次の例では、 metrics_summary_by_labelの監視要約テーブルを照会します。

SELECT /*+ time_range('2020-03-08 13:23:00','2020-03-08 13:33:00') */ *
FROM information_schema.metrics_summary_by_label
WHERE metrics_name LIKE 'tidb%duration'
 AND avg_value > 0
 AND quantile = 0.99
ORDER BY avg_value DESC
LIMIT 10\G
***************************[ 1. row ]***************************
INSTANCE     | 172.16.5.40:10089
METRICS_NAME | tidb_get_token_duration
LABEL        |
QUANTILE     | 0.99
SUM_VALUE    | 8.972509
AVG_VALUE    | 0.996945
MIN_VALUE    | 0.996515
MAX_VALUE    | 0.997458
COMMENT      |  The quantile of Duration (us) for getting token, it should be small until concurrency limit is reached(second)
***************************[ 2. row ]***************************
INSTANCE     | 172.16.5.40:10089
METRICS_NAME | tidb_query_duration
LABEL        | Select
QUANTILE     | 0.99
SUM_VALUE    | 0.072083
AVG_VALUE    | 0.008009
MIN_VALUE    | 0.007905
MAX_VALUE    | 0.008241
COMMENT      | The quantile of TiDB query durations(second)
***************************[ 3. row ]***************************
INSTANCE     | 172.16.5.40:10089
METRICS_NAME | tidb_query_duration
LABEL        | Rollback
QUANTILE     | 0.99
SUM_VALUE    | 0.072083
AVG_VALUE    | 0.008009
MIN_VALUE    | 0.007905
MAX_VALUE    | 0.008241
COMMENT      | The quantile of TiDB query durations(second)

上記のクエリ結果の2行目と3行目は、 tidb_query_durationSelectステートメントとRollbackステートメントの平均実行時間が長いことを示しています。

上記の例に加えて、モニタリングサマリーテーブルを使用して、2つの期間のフルリンクモニタリング項目を比較することにより、モニタリングデータから最大の変化があるモジュールをすばやく見つけ、ボトルネックをすばやく見つけることができます。次の例では、2つの期間(t1がベースライン)のすべての監視項目を比較し、最大の違いに従ってこれらの項目を並べ替えます。

  • 期間t1: ("2020-03-03 17:08:00", "2020-03-03 17:11:00")
  • 期間t2: ("2020-03-03 17:18:00", "2020-03-03 17:21:00")

2つの期間の監視項目は、 METRICS_NAMEに従って結合され、差の値に従ってソートされます。 TIME_RANGEは、クエリ時間を指定するヒントです。

SELECT GREATEST(t1.avg_value,t2.avg_value)/LEAST(t1.avg_value,
         t2.avg_value) AS ratio,
         t1.metrics_name,
         t1.avg_value as t1_avg_value,
         t2.avg_value as t2_avg_value,
         t2.comment
FROM
    (SELECT /*+ time_range("2020-03-03 17:08:00", "2020-03-03 17:11:00")*/ *
    FROM information_schema.metrics_summary ) t1
JOIN
    (SELECT /*+ time_range("2020-03-03 17:18:00", "2020-03-03 17:21:00")*/ *
    FROM information_schema.metrics_summary ) t2
    ON t1.metrics_name = t2.metrics_name
ORDER BY ratio DESC LIMIT 10;
+----------------+------------------------------------------+----------------+------------------+---------------------------------------------------------------------------------------------+
| ratio          | metrics_name                             | t1_avg_value   | t2_avg_value     | comment                                                                                     |
+----------------+------------------------------------------+----------------+------------------+---------------------------------------------------------------------------------------------+
| 5865.59537065  | tidb_slow_query_cop_process_total_time   |       0.016333 |        95.804724 | The total time of TiDB slow query statistics with slow query total cop process time(second) |
| 3648.74109023  | tidb_distsql_partial_scan_key_total_num  |   10865.666667 |  39646004.4394   | The total num of distsql partial scan key numbers                                           |
|  267.002351165 | tidb_slow_query_cop_wait_total_time      |       0.003333 |         0.890008 | The total time of TiDB slow query statistics with slow query total cop wait time(second)    |
|  192.43267836  | tikv_cop_total_response_total_size       | 2515333.66667  | 484032394.445    |                                                                                             |
|  192.43267836  | tikv_cop_total_response_size_per_seconds |   41922.227778 |   8067206.57408  |                                                                                             |
|  152.780296296 | tidb_distsql_scan_key_total_num          |    5304.333333 |    810397.618317 | The total num of distsql scan numbers                                                       |
|  126.042290167 | tidb_distsql_execution_total_time        |       0.421622 |        53.142143 | The total time of distsql execution(second)                                                 |
|  105.164020657 | tikv_cop_scan_details                    |     134.450733 |     14139.379665 |                                                                                             |
|  105.164020657 | tikv_cop_scan_details_total              |    8067.043981 |    848362.77991  |                                                                                             |
|  101.635495394 | tikv_cop_scan_keys_num                   |    1070.875    |    108838.91113  |                                                                                             |
+----------------+------------------------------------------+----------------+------------------+---------------------------------------------------------------------------------------------+

上記のクエリ結果から、次の情報を取得できます。

  • 期間t2のtib_slow_query_cop_process_total_time (TiDB低速クエリでのcop processの消費時間)は、期間t1の5,865倍です。
  • 期間t2のtidb_distsql_partial_scan_key_total_num (TiDBのdistsqlによって要求されたスキャンするキーの数)は、期間t1の3,648倍です。期間t2の間、 tidb_slow_query_cop_wait_total_time (コプロセッサーがTiDB低速照会でキューに入れることを要求する待機時間)は、期間t1のそれより267倍長くなります。
  • 期間t2のtikv_cop_total_response_size (TiKVコプロセッサー要求結果のサイズ)は、期間t1の192倍です。
  • 期間t2(TiKVコプロセッサーによって要求されたスキャン)のtikv_cop_scan_detailsは、期間t1のそれより105倍高くなります。

上記の結果から、期間t2のコプロセッサー要求は期間t1の要求よりもはるかに多いことがわかります。これにより、TiKVコプロセッサーが過負荷になり、 cop taskは待機する必要があります。より多くの負荷をもたらすいくつかの大きなクエリが期間t2に表示される可能性があります。

実際、t1からt2までの全期間で、 go-ycsb圧力テストが実行されています。次に、期間t2の間に203 tpchのクエリが実行されます。したがって、多くのコプロセッサー要求を引き起こすのはtpchのクエリです。

このページの内容