重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

INSPECTION_SUMMARY

シナリオによっては、特定のリンクまたはモジュールの監視の要約のみに注意を払う必要がある場合があります。たとえば、スレッドプール内のコプロセッサーのスレッド数は8に構成されています。コプロセッサーのCPU使用率が750%に達した場合、リスクが存在し、コプロセッサーがボトルネックになる可能性があると事前に判断できます。ただし、一部の監視メトリックは、ユーザーのワークロードが異なるために大きく異なるため、特定のしきい値を定義することは困難です。このシナリオでは問題のトラブルシューティングを行うことが重要であるため、TiDBはリンクの要約用にinspection_summaryのテーブルを提供します。

information_schema.inspection_summary検査要約表の構成は次のとおりです。

USE information_schema;
DESC inspection_summary;
+--------------+--------------+------+------+---------+-------+
| Field        | Type         | Null | Key  | Default | Extra |
+--------------+--------------+------+------+---------+-------+
| RULE         | varchar(64)  | YES  |      | NULL    |       |
| INSTANCE     | varchar(64)  | YES  |      | NULL    |       |
| METRICS_NAME | varchar(64)  | YES  |      | NULL    |       |
| LABEL        | varchar(64)  | YES  |      | NULL    |       |
| QUANTILE     | double       | YES  |      | NULL    |       |
| AVG_VALUE    | double(22,6) | YES  |      | NULL    |       |
| MIN_VALUE    | double(22,6) | YES  |      | NULL    |       |
| MAX_VALUE    | double(22,6) | YES  |      | NULL    |       |
| COMMENT      | varchar(256) | YES  |      | NULL    |       |
+--------------+--------------+------+------+---------+-------+
9 rows in set (0.00 sec)

フィールドの説明:

  • RULE :要約ルール。新しいルールが継続的に追加されているため、 select * from inspection_rules where type='summary'ステートメントを実行して最新のルールリストを照会できます。
  • INSTANCE :監視対象のインスタンス。
  • METRICS_NAME :監視メトリック名。
  • QUANTILEQUANTILEを含む監視テーブルで有効になります。述語を押し下げることにより、複数のパーセンタイルを指定できます。たとえば、 select * from inspection_summary where rule='ddl' and quantile in (0.80, 0.90, 0.99, 0.999)を実行して、DDL関連の監視メトリックを要約し、P80 / P90 / P99/P999の結果を照会できます。 AVG_VALUE 、およびMIN_VALUEはそれぞれ、集計のMAX_VALUE値、最小値、および最大値を示します。
  • COMMENT :対応する監視メトリックに関するコメント。

ノート:

すべての結果を要約するとオーバーヘッドが発生するため、オーバーヘッドを減らすために、SQL述部に特定のruleを表示することをお勧めします。たとえば、 select * from inspection_summary where rule in ('read-link', 'ddl')を実行すると、読み取りリンクとDDL関連の監視メトリックが要約されます。

使用例:

診断結果テーブルと診断監視サマリーテーブルの両方で、 hintを使用して診断時間範囲を指定できます。 select /*+ time_range('2020-03-07 12:00:00','2020-03-07 13:00:00') */* from inspection_summaryは、 2020-03-07 12:00:00期間の監視の概要2020-03-07 13:00:00 。モニタリングサマリーテーブルと同様に、 inspection_summaryテーブルを使用すると、2つの異なる期間のデータを比較することにより、大きな違いのあるモニタリング項目をすばやく見つけることができます。

次の例では、2つの期間における読み取りリンクの監視メトリックを比較します。

  • (2020-01-16 16:00:54.933, 2020-01-16 16:10:54.933)
  • (2020-01-16 16:10:54.933, 2020-01-16 16:20:54.933)
SELECT
  t1.avg_value / t2.avg_value AS ratio,
  t1.*,
  t2.*
FROM
  (
    SELECT
      /*+ time_range("2020-01-16 16:00:54.933", "2020-01-16 16:10:54.933")*/ *
    FROM information_schema.inspection_summary WHERE rule='read-link'
  ) t1
  JOIN
  (
    SELECT
      /*+ time_range("2020-01-16 16:10:54.933", "2020-01-16 16:20:54.933")*/ *
    FROM information_schema.inspection_summary WHERE rule='read-link'
  ) t2
  ON t1.metrics_name = t2.metrics_name
  and t1.instance = t2.instance
  and t1.label = t2.label
ORDER BY
  ratio DESC;
このページの内容