重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

統計学

STATISTICSテーブルは、テーブルインデックスに関する情報を提供します。

USE information_schema;
DESC statistics;
+---------------+---------------+------+------+---------+-------+
| Field         | Type          | Null | Key  | Default | Extra |
+---------------+---------------+------+------+---------+-------+
| TABLE_CATALOG | varchar(512)  | YES  |      | NULL    |       |
| TABLE_SCHEMA  | varchar(64)   | YES  |      | NULL    |       |
| TABLE_NAME    | varchar(64)   | YES  |      | NULL    |       |
| NON_UNIQUE    | varchar(1)    | YES  |      | NULL    |       |
| INDEX_SCHEMA  | varchar(64)   | YES  |      | NULL    |       |
| INDEX_NAME    | varchar(64)   | YES  |      | NULL    |       |
| SEQ_IN_INDEX  | bigint(2)     | YES  |      | NULL    |       |
| COLUMN_NAME   | varchar(21)   | YES  |      | NULL    |       |
| COLLATION     | varchar(1)    | YES  |      | NULL    |       |
| CARDINALITY   | bigint(21)    | YES  |      | NULL    |       |
| SUB_PART      | bigint(3)     | YES  |      | NULL    |       |
| PACKED        | varchar(10)   | YES  |      | NULL    |       |
| NULLABLE      | varchar(3)    | YES  |      | NULL    |       |
| INDEX_TYPE    | varchar(16)   | YES  |      | NULL    |       |
| COMMENT       | varchar(16)   | YES  |      | NULL    |       |
| INDEX_COMMENT | varchar(1024) | YES  |      | NULL    |       |
| IS_VISIBLE    | varchar(3)    | YES  |      | NULL    |       |
| Expression    | varchar(64)   | YES  |      | NULL    |       |
+---------------+---------------+------+------+---------+-------+
18 rows in set (0.00 sec)

STATISTICS表のフィールドは次のように説明されています。

  • TABLE_CATALOG :インデックスを含むテーブルが属するカタログの名前。この値は常にdefです。
  • TABLE_SCHEMA :インデックスを含むテーブルが属するデータベースの名前。
  • TABLE_NAME :インデックスを含むテーブルの名前。
  • NON_UNIQUE :インデックスに重複する値が含まれていてはならない場合、値は0です。インデックスで重複する値が許可されている場合、値は1です。
  • INDEX_SCHEMA :インデックスが属するデータベースの名前。
  • INDEX_NAME :インデックスの名前。インデックスが主キーの場合、値は常にPRIMARYです。
  • SEQ_IN_INDEX1から始まるインデックスの列番号。
  • COLUMN_NAME :列名。 Expression列の説明を参照してください。
  • COLLATION :インデックス内の列の並べ替え方法。値は、 A (昇順)、 D (降順)、またはNULL (ソートなし)にすることができます。
  • CARDINALITY :TiDBはこのフィールドを使用しません。フィールド値は常に0です。
  • SUB_PART :インデックスのプレフィックス。列のプレフィックスの一部のみが索引付けされている場合、値は索引付けされた文字の数です。列全体にインデックスが付けられている場合、値はNULLです。
  • PACKED :TiDBはこのフィールドを使用しません。この値は常にNULLです。
  • NULLABLE :列にNULLの値が含まれている可能性がある場合、値はYESです。そうでない場合、値は''です。
  • INDEX_TYPE :インデックスのタイプ。
  • COMMENT :インデックスに関連するその他の情報。
  • INDEX_COMMENT :インデックスの作成時にインデックスにコメント属性が指定されたコメント。
  • IS_VISIBLE :オプティマイザがこのインデックスを使用できるかどうか。
  • Expression非式部分のインデックスキーの場合、この値はNULLです。式部分のインデックスキーの場合、この値は式自体です。 式インデックスを参照してください。

次のステートメントは同等です。

SELECT * FROM INFORMATION_SCHEMA.STATISTICS
  WHERE table_name = 'tbl_name'
  AND table_schema = 'db_name'

SHOW INDEX
  FROM tbl_name
  FROM db_name
このページの内容