重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

tiup mirror

TiUPでは、 は重要な概念です。 TiUPは現在、次の2つの形式のミラーリングをサポートしています。

  • ローカルミラー:TiUPクライアントとミラーは同じマシン上にあり、クライアントはファイルシステムを介してミラーにアクセスします。
  • リモートミラー:TiUPクライアントとミラーは同じマシン上になく、クライアントはネットワークを介してミラーにアクセスします。

tiup mirrorコマンドは、ミラーを管理するために使用され、ミラーを作成し、コンポーネントを配布し、キーを管理する方法を提供します。

構文

tiup mirror <command> [flags]

<command>はサブコマンドを表します。サポートされているサブコマンドのリストについては、以下のコマンドリストを参照してください。

オプション

なし

コマンドリスト

  • ゲンキー :秘密鍵ファイルを生成します
  • サイン :秘密鍵ファイルを使用して特定のファイルに署名します
  • 初期化 :空のミラーを開始します
  • 設定 :カレントミラーを設定します
  • 許す :現在のミラーの新しいコンポーネント所有者を付与します
  • 公開 :新しいコンポーネントを現在のミラーに公開します
  • 変更 :現在のミラーのコンポーネントの属性を変更します
  • 回転する :現在のミラーのルート証明書を更新します
  • クローン :既存のミラーから新しいミラーを複製します
  • マージ :ミラーをマージします

<<前のページに戻る-TiUPリファレンスコマンドリスト