重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

tiup install

tiup installコマンドは、コンポーネントのインストールに使用されます。指定されたバージョンのコンポーネントパッケージをミラーリポジトリからダウンロードし、後で使用できるようにローカルのTiUPデータディレクトリに解凍します。さらに、TiUPは、ミラーリポジトリに存在しないコンポーネントを実行する必要がある場合、最初にコンポーネントをダウンロードしてから自動的に実行しようとします。コンポーネントがリポジトリに存在しない場合、エラーが報告されます。

構文

tiup install <component1>[:version] [component2...N] [flags]

<component1><component2>はコンポーネント名を表し、 [version]はオプションのバージョン番号を表します。 versionが追加されていない場合は、指定されたコンポーネントの最新の安定バージョンがインストールされます。 [component2...N]は、複数のコンポーネントまたは同じコンポーネントの複数のバージョンを同時に指定できることを意味します。

オプション

なし

出力

  • 通常、コンポーネントのダウンロード情報を出力します。
  • コンポーネントが存在しない場合は、 The component "%s" not foundエラーが報告されます。
  • バージョンが存在しない場合は、 version %s not supported by component %sエラーが報告されます。

<<前のページに戻る-TiUPリファレンスコマンドリスト

このページの内容