重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

tiup list

コマンドtiup listは、ミラーの使用可能なコンポーネントのリストを取得するために使用されます。

構文

tiup list [component] [flags]

[component]は、特定のコンポーネントを指定するために使用されるオプションのパラメーターです。 [component]が設定されている場合、TiUPは指定されたコンポーネントのすべてのバージョンを一覧表示します。そうでない場合、TiUPはすべてのコンポーネントを一覧表示します。

オプション

--all

  • すべてのコンポーネントを表示します。デフォルトでは、TiUPは非表示のコンポーネントを表示しません。
  • データ型: BOOLEAN
  • このオプションはデフォルトで無効になっており、デフォルト値はfalseです。このオプションを有効にするには、このオプションをコマンドに追加して、 trueの値を渡すか、値を渡さないようにします。

-インストール済み

  • インストールされているコンポーネントとバージョンのみが表示されます。
  • データ型: BOOLEAN
  • このオプションはデフォルトで無効になっており、デフォルト値はfalseです。このオプションを有効にするには、このオプションをコマンドに追加して、 trueの値を渡すか、値を渡さないようにします。

--詳細

  • インストールされているコンポーネントのバージョンをコンポーネントリストに表示します。
  • データ型: BOOLEAN
  • このオプションはデフォルトで無効になっており、デフォルト値はfalseです。このオプションを有効にするには、このオプションをコマンドに追加して、 trueの値を渡すか、値を渡さないようにします。

出力

  • [component]が設定されていない場合:
    • --verboseを指定した場合:TiUPは、 Name (コンポーネント名)、 Installed (インストール済みバージョン)、 Owner (コンポーネント所有者)、およびDescription (コンポーネントの説明)で構成されるコンポーネント情報リストを出力します。
    • --verboseが指定されていない場合:TiUPは、 Name (コンポーネント名)、 Owner (コンポーネント所有者)、およびDescription (コンポーネントの説明)で構成されるコンポーネント情報リストを出力します。
  • [component]が設定されている場合:
    • 指定されたコンポーネントが存在する場合:TiUPは、 Version (バージョン番号)、 Installed (インストールステータス)、 Release (リリース日)、およびPlatforms (サポートされているプラットフォーム)で構成される、指定されたコンポーネントのバージョン情報リストを出力します。
    • 指定されたコンポーネントが存在しない場合:TiUPはエラーfailed to fetch component: unknown componentを報告します。

<<前のページに戻る-TiUPリファレンスコマンドリスト