重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

tiup telemetry

TiDB、TiUP、およびTiDBダッシュボードは、デフォルトで使用情報を収集し、その情報をPingCAPと共有して、製品を改善します。たとえば、この使用法情報を通じて、PingCAPは一般的なTiDBクラスタ操作について学習し、それによって新機能の優先順位を決定します。

TiUPテレメトリが有効になっている場合、TiUPコマンドが実行されると、使用情報がPingCAPと共有されます。

  • ランダムに生成されたテレメトリ識別子。
  • コマンドの実行が成功したかどうかやコマンドの実行時間など、TiUPコマンドの実行ステータス。
  • ターゲットマシンのハードウェア情報、コンポーネントのバージョン番号、変更された展開構成名など、展開にTiUPを使用している状況。

以下の情報は共有されていません:

  • クラスタの正確な名前
  • クラスタトポロジー
  • クラスタ構成ファイル

TiUPは、 tiup telemetryコマンドを使用してテレメトリを制御します。

ノート:

この機能はデフォルトで有効になっています。

構文

tiup telemetry <command>

<command>はサブコマンドを表します。サポートされているサブコマンドのリストについては、以下のコマンドセクションを参照してください。

コマンド

状態

tiup telemetry statusコマンドは、現在のテレメトリ設定を表示し、次の情報を出力するために使用されます。

  • status :テレメトリ(enable|disable)の有効化または無効化を指定します。
  • uuid :ランダムに生成されたテレメトリ識別子を指定します。

リセット

tiup telemetry resetコマンドは、現在のテレメトリIDをリセットし、それを新しいランダムIDに置き換えるために使用されます。

有効

tiup telemetry enableコマンドは、テレメトリを有効にするために使用されます。

無効にする

tiup telemetry disableコマンドは、テレメトリを無効にするために使用されます。

<<前のページに戻る-TiUPリファレンスコマンドリスト