重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

tiup mirror rotate

root.jsonはTiUPミラーの重要なファイルです。システム全体に必要な公開鍵を格納し、TiUPの信頼の鎖の基礎となります。主に次の部分が含まれています。

  • ミラー管理者の署名。公式ミラーには、5つの署名があります。初期化されたミラーの場合、デフォルトで3つのシグニチャがあります。
  • 次のファイルを検証するために使用される公開鍵:
    • root.json
    • index.json
    • スナップショット.json
    • タイムスタンプ.json
  • 有効期限はroot.jsonです。オフィシャルミラーの場合、有効期限は作成日root.jsonより1年遅くなります。

TiUPミラーの詳細については、 TiUPミラーリファレンスを参照してください。

次の場合は、 root.jsonを更新する必要があります。

  • ミラーのキーを交換してください。
  • 証明書ファイルの有効期限を更新します。

root.jsonの内容が更新された後、ファイルはすべての管理者によって再署名される必要があります。それ以外の場合、クライアントはファイルを拒否します。更新プロセスは次のとおりです。

  1. ユーザー(クライアント)はroot.jsonの内容を更新します。
  2. すべての管理者が新しいroot.jsonのファイルに署名します。
  3. tiup-serverはsnapshot.jsonを更新して、新しいroot.jsonファイルのバージョンを記録します。
  4. tiup-serverは新しいsnapshot.jsonファイルに署名します。
  5. tiup-serverはtimestamp.jsonを更新して、新しいsnapshot.jsonファイルのハッシュ値を記録します。
  6. tiup-serverは新しいtimestamp.jsonファイルに署名します。

TiUPは、コマンドtiup mirror rotateを使用して上記のプロセスを自動化します。

ノート:

  • v1.5.0より前のバージョンのTiUPの場合、このコマンドを実行しても、正しい新しいroot.jsonファイルは返されません。 #983を参照してください。
  • このコマンドを使用する前に、すべてのTiUPクライアントがv1.5.0以降のバージョンにアップグレードされていることを確認してください。

構文

tiup mirror rotate [flags]

このコマンドを実行した後、TiUPは、 expiresフィールドの値を後日変更するなど、ユーザーがファイルの内容をターゲット値に変更するためのエディターを起動します。次に、TiUPはversionフィールドをNからN+1に変更し、ファイルを保存します。ファイルが保存された後、TiUPは一時的なHTTPサーバーを起動し、すべてのミラー管理者がファイルに署名するのを待ちます。

ミラー管理者がファイルに署名する方法については、 signコマンドを参照してください。

オプション

--addr

  • 一時サーバーのリスニングアドレスを指定します。他のミラー管理者がsignコマンドを使用してファイルに署名できるように、アドレスにアクセスできることを確認する必要があります。
  • データ型: STRING
  • このオプションがコマンドで指定されていない場合、TiUPはデフォルトで0.0.0.0:8080をリッスンします。

出力

各ミラー管理者の現在の署名ステータス。

<<前のページに戻る-TiUPミラーコマンドリスト