重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

tiup mirror genkey

TiUP は、その定義によれば、ユーザーの3つの役割があります。

  • ミラー管理者snapshot.json root.json 、およびindex.jsonを変更する権限がありtimestamp.json
  • コンポーネントの所有者:対応するコンポーネントを変更する権限があります。
  • 通常のユーザー:コンポーネントをダウンロードして使用できます。

TiUPはファイルを変更するために対応する所有者/管理者の署名を必要とするため、所有者/管理者は自分の秘密鍵を持っている必要があります。コマンドtiup mirror genkeyは、秘密鍵を生成するために使用されます。

警告

インターネット経由で秘密鍵を送信しないでください。

構文

tiup mirror genkey [flags]

オプション

-n、-name

  • キーの名前を指定します。これにより、最終的に生成されるファイルの名前も決まります。生成された秘密鍵ファイルのパスは${TIUP_HOME}/keys/{name}.jsonです。 TIUP_HOMEは、TiUPのホームディレクトリを指します。デフォルトでは$HOME/.tiupです。 nameは、 -n/--nameが指定する秘密鍵名を指します。
  • データ型: STRING
  • デフォルト:「プライベート」

-p、-public

  • オプション-n/--nameで指定された秘密鍵の対応する公開鍵を表示します。
  • -p/--publicが指定されている場合、TiUPは新しい秘密鍵を作成しません。 -n/--nameで指定された秘密鍵が存在しない場合、TiUPはエラーを返します。
  • データ型: BOOLEAN
  • このオプションはデフォルトで無効になっており、デフォルト値はfalseです。このオプションを有効にするには、このオプションをコマンドに追加して、 trueの値を渡すか、値を渡さないようにします。

- 保存

  • 公開鍵の情報をファイルとして現在のディレクトリに保存します。ファイル名は{hash-prefix}-public.jsonです。 hash-prefixはキーIDの最初の16ビットです。
  • データ型: BOOLEAN
  • このオプションはデフォルトで無効になっており、デフォルト値はfalseです。このオプションを有効にするには、このオプションをコマンドに追加して、 trueの値を渡すか、値を渡さないようにします。

出力

  • -p/--publicが指定されていない場合:
    • -n/--nameで指定された秘密鍵が存在する場合:TiUPはKey already exists, skippedを出力します。
    • -n/--nameで指定された秘密鍵が存在しない場合:TiUPはprivate key have been write to ${TIUP_HOME}/keys/{name}.jsonを出力します。
  • -p/--publicを指定した場合:
    • -n/--nameで指定された秘密鍵が存在しない場合:TiUPはエラーError: open ${TIUP_HOME}/keys/{name}.json: no such file or directoryを報告します。
    • -n/--nameで指定された秘密鍵が存在する場合:TiUPは対応する公開鍵の内容を出力します。

<<前のページに戻る-TiUPミラーコマンドリスト