重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

tiup mirror grant

tiup mirror grantコマンドは、コンポーネントの所有者に現在のミラーを紹介するために使用されます。

コンポーネントの所有者は、キーを使用して新しいコンポーネントを公開したり、以前に公開したコンポーネントを変更したりできます。新しいコンポーネント所有者を追加する前に、追加するコンポーネント所有者は自分の公開鍵をミラー管理者に送信する必要があります。

ノート:

このコマンドは、現在のミラーがローカルミラーである場合にのみサポートされます。

構文

tiup mirror grant <id> [flags]

<id>はコンポーネント所有者のIDを表し、ミラー全体で一意である必要があります。正規表現^[a-z\d](?:[a-z\d]|-(?=[a-z\d])){0,38}$と一致するIDを使用することをお勧めします。

オプション

-k、-key

  • 導入されたコンポーネント所有者のキーを指定します。このキーは、パブリックまたはプライベートのいずれかです。秘密鍵の場合、TiUPはそれを対応する公開鍵に変換してからミラーに保存します。
  • キーは、1人のコンポーネント所有者のみが使用できます。
  • データ型: STRING
  • デフォルト: "$ {TIUP_HOME}/keys/private.json"

-n、-name

  • コンポーネント所有者の名前を指定します。名前は、コンポーネントリストのOwnerフィールドに表示されます。 -n/--nameが指定されていない場合、 <id>がコンポーネント所有者の名前として使用されます。
  • データ型: STRING
  • デフォルト: <id>

出力

  • コマンドが正常に実行された場合、出力はありません。
  • コンポーネントの所有者のIDが重複している場合、TiUPはエラーError: owner %s existsを報告します。
  • キーが別のコンポーネント所有者によって使用されている場合、TiUPはエラーError: key %s existsを報告します。

<<前のページに戻る-TiUPミラーコマンドリスト