重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

tiup status

tiup statusコマンドは、 tiup [flags] <component> [args...]コマンドを使用してコンポーネントを実行した後、コンポーネントの操作情報を表示するために使用されます。

ノート:

次のコンポーネントの情報のみを確認できます。

  • まだ稼働中のコンポーネント
  • tiup -T/--tagで指定されたタグを介して実行されるコンポーネント

構文

tiup status [flags]

オプション

なし

出力

次のフィールドで構成されるテーブル:

  • Name-T/--tagで指定されたタグ名。指定しない場合は、ランダムな文字列です。
  • Component :操作コンポーネント。
  • PID :オペレーティングコンポーネントの対応するプロセスID。
  • Status :動作中のコンポーネントのステータス。
  • Created Time :コンポーネントの開始時刻。
  • Directory :コンポーネントのデータディレクトリ。
  • Binary :コンポーネントのバイナリファイルパス。
  • Args :オペレーティングコンポーネントの開始引数。

<<前のページに戻る-TiUPリファレンスコマンドリスト

このページの内容