tiup mirror publish

コマンドtiup mirror publishは、新しいコンポーネントまたは既存のコンポーネントの新しいバージョンを公開するために使用されます。ターゲットコンポーネントへのアクセス権を持つコンポーネント所有者のみがそれを公開できます。新しいコンポーネント所有者を追加するには、 grantコマンドの使用法を参照してください。

構文

tiup mirror publish <comp-name> <version> <tarball> <entry> [flags]

各パラメータの意味は次のとおりです。

  • <comp-name> : コンポーネントの名前 ( tidbなど)。正規表現^[a-z\d](?:[a-z\d]|-(?=[a-z\d])){0,38}$に一致する文字列を使用することをお勧めします。
  • <version> : 公開されるコンポーネントのバージョン。バージョン番号はセマンティック バージョニングの要件に従う必要があります。
  • <tarball> : .tar.gzパッケージのローカル ディレクトリ。このパッケージには、コンポーネントの依存関係と実行可能ファイルを含める必要があります。 TiUP はこのパッケージをミラーにアップロードします。
  • <entry> : <tarball>のコンポーネントの実行可能ファイルの場所。

オプション

-k、--キー

  • コンポーネント所有者の秘密キーを指定します。クライアントは秘密キーを使用して{component}.jsonに署名します。
  • データ型: STRING
  • デフォルト: 「${TIUP_HOME}/keys/private.json」

- アーチ

  • <tarball>のバイナリ ファイルを実行できるプラットフォームを指定します。単一の<tarball>パッケージの場合、プラットフォームは次のオプションからのみ選択できます。

    • amd64 : ファイルが AMD64 マシンで実行されることを示します。
    • arm64 : ファイルが ARM64 マシンで実行されることを示します。
    • any : スクリプトなどのファイルが AMD64 マシンと ARM64 マシンの両方で実行されることを示します。
  • データ型: STRING

  • デフォルト: 「${GOARCH}」

ノート:

--archanyに設定されている場合は、 --os anyに設定する必要があります。

--os

  • <tarball>のバイナリ ファイルを実行できるオペレーティング システムを指定します。単一の<tarball>パッケージの場合、オペレーティング システムは次のオプションからのみ選択できます。

    • linux : ファイルが Linux オペレーティング システム上で実行されることを示します。
    • darwin : ファイルが Darwin オペレーティング システム上で実行されることを示します。
    • any : スクリプトなどのファイルが Linux オペレーティング システムと Darwin オペレーティング システムの両方で実行されることを示します。
  • データ型: STRING

  • デフォルト: 「${GOOS}」

ノート:

--osanyに設定されている場合は、 --arch anyに設定する必要があります。

--desc

  • コンポーネントの説明を指定します。
  • データ型: String
  • デフォルト: NULL

- 隠れる

  • コンポーネントを非表示にするかどうかを指定します。非表示のコンポーネントの場合、 tiup list -all結果リストには表示されますが、 tiup listの結果リストには表示されません。
  • データ型: STRING
  • デフォルト: NULL

--スタンドアロン

  • コンポーネントをスタンドアロンで実行できるかどうかを制御します。このオプションは現在使用できません
  • データ型: BOOLEAN
  • このオプションはデフォルトでは無効になっており、デフォルト値はfalseです。このオプションを有効にするには、このオプションをコマンドに追加して、値true渡すか、値を渡さないことができます。

出力

  • コマンドが正常に実行された場合、出力はありません。
  • コンポーネント所有者にターゲットコンポーネントを変更する権限がない場合:
    • ミラーがリモート ミラーの場合、 TiUP はエラーError: The server refused, make sure you have access to this componentを報告します。
    • ミラーがローカル ミラーの場合、 TiUP はエラーError: the signature is not correctを報告します。

<< 前のページに戻る - TiUP Mirror コマンド一覧

このページは役に立ちましたか?

Playground
新規
登録なしで TiDB の機能をワンストップでインタラクティブに体験できます。
製品
TiDB Cloud
TiDB
価格
PoC お問い合わせ
エコシステム
TiKV
TiFlash
OSS Insight
© 2023 PingCAP. All Rights Reserved.
Privacy Policy.