重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

TiDBツールのユースケース

このドキュメントでは、TiDBツールの一般的な使用例と、シナリオに適したツールを選択する方法を紹介します。

物理マシンまたは仮想マシンにデプロイを導入して運用する

物理マシンまたは仮想マシンにTiDBを展開して操作する必要がある場合は、 TiUPをインストールしてから、TiUPを使用してTiDB、PD、TiKVなどのTiDBコンポーネントを管理できます。

KubernetesでTiDBをデプロイして運用する

KubernetesでTiDBをデプロイして運用する必要がある場合は、Kubernetesクラスタをデプロイしてから、 TiDB Operatorをデプロイできます。その後、 TiDB Operatorを使用して、TiDBクラスタをデプロイおよび操作できます。

CSVからTiDBにデータをインポートする

他のツールによってエクスポートされた互換性のあるCSVファイルをTiDBにインポートする必要がある場合は、 TiDB Lightningを使用します。

MySQL/ Auroraから完全なデータをインポートする

MySQL / Auroraから完全なデータをインポートする必要がある場合は、最初にDumplingを使用してデータをSQLダンプファイルとしてエクスポートし、次にTiDB Lightningを使用してデータをTiDBクラスタにインポートします。

MySQL/ Auroraからデータを移行する

MySQL / Auroraからフルデータとインクリメンタルデータの両方を移行する必要がある場合は、 TiDBデータ移行 (DM)を使用してAuroraからTiDBへのデータの移行を実行します。

フルデータボリュームが(TBレベルで)大きい場合は、最初にDumplingTiDB Lightningを使用してフルデータ移行を実行し、次にDMを使用してインクリメンタルデータ移行を実行できます。

TiDBクラスタのバックアップと復元

TiDBクラスタをバックアップするか、バックアップしたデータをクラスタに復元する必要がある場合は、 BR (バックアップと復元)を使用します。

さらに、BRを使用して増分バックアップおよびインクリメンタルリストアのTiDBクラスタデータを実行することもできます。

データをTiDBに移行する

TiDBクラスタから別のTiDBクラスタにデータを移行する必要がある場合は、 Dumplingを使用してTiDBからSQLダンプファイルとして完全なデータをエクスポートし、次にTiDB Lightningを使用して別のTiDBクラスタにデータをインポートします。

インクリメンタルデータも移行する必要がある場合は、 TiDB Binlogを使用します。

TiDBインクリメンタルデータサブスクリプション

TiDBの増分変更をサブスクライブする必要がある場合は、 TiDB Binlogを使用します。