重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

tiup mirror modify

tiup mirror modifyコマンドは、公開されたコンポーネントを変更するために使用されます。有効なコンポーネント所有者のみが、自分で公開したコンポーネントを変更できます。コンポーネントを公開する方法については、 publishコマンドを参照してください。

構文

tiup mirror modify <component>[:version] [flags]

各パラメータは次のように説明されます。

  • <component> :コンポーネント名
  • [version] :変更するコンポーネントのバージョン。指定しない場合、コンポーネント全体が変更されます。

オプション

-k、-key

  • コンポーネント情報の署名に使用されるコンポーネント所有者の秘密鍵を指定します( {component}.json )。
  • データ型: STRING
  • このオプションがコマンドで指定されていない場合、コンポーネント情報に署名するためにデフォルトで"${TIUP_HOME}/keys/private.json"が使用されます。

- ヤンク

指定されたコンポーネントまたはバージョンを使用不可としてマークします。

  • コンポーネントが使用不可としてマークされた後は、結果リストtiup listに表示されたり、新しいバージョンのコンポーネントをインストールしたりすることはできません。
  • コンポーネントバージョンが使用不可としてマークされた後は、結果リストtiup list <component>に表示されたり、このバージョンをインストールしたりすることはできません。
  • データ型: BOOLEAN
  • このオプションはデフォルトで無効になっており、デフォルト値はfalseです。このオプションを有効にするには、このオプションをコマンドに追加して、 trueの値を渡すか、値を渡さないようにします。

- 隠れる

  • コンポーネントを非表示にするかどうかを指定します。コンポーネントが非表示になっている場合、 tiup listの結果リストには表示されません。非表示のコンポーネントを表示するには、 tiup list --allを使用できます。
  • データ型: BOOLEAN
  • このオプションはデフォルトで無効になっており、デフォルト値はfalseです。このオプションを有効にするには、このオプションをコマンドに追加して、 trueの値を渡すか、値を渡さないようにします。

ノート:

このオプションはコンポーネントにのみ適用でき、コンポーネントのバージョンには適用できません。

-スタンドアロン

  • コンポーネントをスタンドアロンで実行できるかどうかを制御します。このオプションは現在利用できません
  • データ型: BOOLEAN
  • このオプションはデフォルトで無効になっており、デフォルト値はfalseです。このオプションを有効にするには、このオプションをコマンドに追加して、 trueの値を渡すか、値を渡さないようにします。

ノート:

このオプションはコンポーネントにのみ適用でき、コンポーネントのバージョンには適用できません。

出力

  • コマンドが正常に実行された場合、出力はありません。
  • コンポーネントの所有者がターゲットコンポーネントの変更を許可されていない場合:
    • ミラーがリモートミラーの場合、TiUPはエラーError: The server refused, make sure you have access to this componentを報告します。
    • ミラーがローカルミラーの場合、TiUPはエラーError: the signature is not correctを報告します。

<<前のページに戻る-TiUPミラーコマンドリスト