重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

2022 年のTiDB Cloudリリース ノート

このページでは、2022 年のTiDB Cloudのリリース ノートを一覧表示します。

2022 年 8 月 9 日

  • GCP リージョンOsaka for 専用ティアクラスタ作成のサポートを追加します。

2022 年 8 月 2 日

  • TiDB と TiKV の4 vCPU, 16 GiBノード サイズは、一般提供 (GA) になりました。

    • 4 vCPU, 16 GiB TiKV ノードごとに、ストレージ サイズは 200 GiB から 2 TiB です。

    • 推奨される使用シナリオ:

      • SMB 向けの低ワークロード本番環境
      • PoC とステージング環境
      • 開発環境
  • 専用層クラスター[診断] タブにモニタリングページを追加します。

    [監視] ページには、全体的なパフォーマンス診断のためのシステム レベルのエントリが表示されます。トップダウンのパフォーマンス分析方法に従って、監視ページは、データベース時間の内訳に基づいて TiDB パフォーマンス メトリックを整理し、これらのメトリックを異なる色で表示します。これらの色を確認することで、システム全体のパフォーマンスのボトルネックを一目で特定できるため、パフォーマンスの診断時間が大幅に短縮され、パフォーマンスの分析と診断が簡素化されます。

  • CSV および Parquet ソース ファイルの [**データ インポート]**ページでカスタム パターンを有効または無効にするスイッチを追加します。

    カスタム パターン機能はデフォルトで無効になっています。ファイル名が特定のパターンに一致する CSV ファイルまたは Parquet ファイルを単一のターゲット テーブルにインポートするときに、これを有効にすることができます。

    詳細については、 CSV ファイルのインポートおよびApache Parquet ファイルのインポートを参照してください。

  • TiDB Cloudサポート プラン (Basic、Standard、Enterprise、Premium) を追加して、お客様の組織のさまざまなサポート ニーズに対応します。詳細については、 TiDB Cloudのサポートを参照してください。

  • アクティブなクラスターページとクラスタの詳細ページの UI を最適化します。

    • [接続] ボタンと [データのインポート]ボタンを [アクティブなクラスター]ページに追加します。
    • [接続] ボタンと [データのインポート]ボタンをクラスタの詳細ページの右上隅に移動します。

2022 年 7 月 28 日

  • [どこからでもアクセスを許可]ボタンを [セキュリティ クイック スタート] ダイアログに追加すると、任意の IP アドレスからクラスタにアクセスできるようになります。詳細については、 クラスタ セキュリティ設定の構成を参照してください。

2022 年 7 月 26 日

  • 新しい開発者層のクラスターに対して自動ハイバネーションとレジュームをサポートします。

    Developer Tierクラスタは、非アクティブ状態が 7 日間続いても削除されないため、1 年間の無料試用期間が終了するまでいつでも使用できます。非アクティブ状態が 24 時間続くと、Developer Tierクラスタは自動的に休止状態になります。クラスターを再開するには、クラスタに新しい接続を送信するか、 TiDB Cloudコンソールの [再開] ボタンをクリックしクラスタ。クラスタは 50 秒以内に再開され、自動的にサービスに戻ります。

  • new 開発者層のクラスターのユーザー名プレフィックス制限を追加します。

    データベース ユーザー名を使用または設定するときは常に、クラスタのプレフィックスをユーザー名に含める必要があります。詳細については、 ユーザー名のプレフィックスを参照してください。

  • 開発者層のクラスターのバックアップおよび復元機能を無効にします。

    Developer Tier クラスターでは、バックアップと復元の機能 (自動バックアップと手動バックアップの両方を含む) が無効になっています。 Dumplingを使用して、データをバックアップとしてエクスポートできます。

  • 開発者層クラスタのストレージ サイズを 500 MiB から 1 GiB に増やします。

  • パンくずリストをTiDB Cloudコンソールに追加して、ナビゲーション エクスペリエンスを向上させます。

  • データをTiDB Cloudにインポートするときに、複数のフィルター ルールの構成をサポートします。

  • Project SettingsからTraffic Filtersページを削除し、 Connect to TiDBダイアログからAdd Rules from Default Setボタンを削除します。

2022 年 7 月 19 日

  • TiKV ノードサイズ : 8 vCPU, 32 GiBの新しいオプションを提供します。 8 vCPU TiKV ノードの場合は、 8 vCPU, 32 GiBまたは8 vCPU, 64 GiBのいずれかを選択できます。
  • TiDB に接続するダイアログで提供されるサンプル コードで構文の強調表示をサポートし、コードの読みやすさを向上させます。サンプル コードで置き換える必要のあるパラメーターを簡単に特定できます。
  • データ インポート タスクページでインポート タスクを確認した後、 TiDB Cloudがソース データにアクセスできるかどうかの自動検証をサポートします。
  • TiDB Cloudコンソールのテーマの色を変更して、 PingCAP ウェブサイトの色と一致させます。

2022 年 7 月 12 日

  • Amazon S3 のデータ インポート タスクページに [検証] ボタンを追加すると、データのインポートが開始される前にデータ アクセスの問題を検出できます。
  • 支払方法タブの下に課金プロファイルを追加します。請求プロファイルで税務登録番号を提供することにより、特定の税金が請求書から免除される場合があります。詳細については、 請求プロファイル情報の編集を参照してください。

2022 年 7 月 5 日

  • カラムナ ストレージティフラッシュは、一般提供 (GA) になりました。

    • TiFlash は、本質的に TiDB を Hybrid Transactional/Analytical Processing (HTAP) データベースにします。アプリケーション データはまず TiKV に保存され、次にRaftコンセンサス アルゴリズムを介して TiFlash に複製されます。つまり、行ストレージから列ストレージへのリアルタイム レプリケーションです。
    • TiFlash レプリカを含むテーブルの場合、TiDB オプティマイザーは、コストの見積もりに基づいて、TiKV または TiFlash レプリカのどちらを使用するかを自動的に決定します。

    TiFlash がもたらす利点を体験するには、 TiDB CloudHTAP クイック スタート ガイドを参照してください。

  • Dedicated Tierクラスタの TiKV と TiFlash のストレージサイズの増加をサポートします。

  • ノード サイズ フィールドにメモリ情報を表示できるようになりました。

2022 年 6 月 28 日

2022 年 6 月 23 日

  • TiDB Cloudの最大値をTiKVのストレージ容量増やします。

    • 8 vCPU または 16 vCPU TiKV: 最大 4 TiB のストレージ容量をサポートします。
    • 4 vCPU TiKV: 最大 2 TiB のストレージ容量をサポートします。

2022 年 6 月 21 日

  • GCP リージョンTaiwan for 専用ティアクラスタ作成のサポートを追加します。
  • TiDB Cloudコンソールでサポートユーザー プロファイルの更新 (名、最終時間、会社名、国、電話番号を含む)。
  • TiDB に接続するダイアログで MySQL、MyCLI、JDBC、Python、Go、および Node.js の接続文字列を指定して、TiDBクラスタに簡単に接続できるようにします。
  • データのインポート中にバケット URL からバケット領域を自動的に取得することをサポートして、そのような情報を入力する手間を省きます。

2022 年 6 月 16 日

  • クラスタ作成プロセスを単純化します。

    • クラスタを作成すると、 TiDB Cloudはデフォルトのクラスタ名を提供します。デフォルト名を使用することも、更新することもできます。
    • クラスタを作成する場合、[クラスターの**作成]**ページでパスワードを設定する必要はありません。
    • クラスタの作成中または作成後に、[セキュリティ クイック スタート] ダイアログ ボックスで、クラスタにアクセスするためのルート パスワードと、クラスタに接続するための IP アドレスを設定できます。

2022 年 6 月 14 日

  • TiDB Cloudを Developer Tier のTiDB v6.1.0にアップグレードします。
  • Project Settingsの入り口を最適化します。 TiDB Cloudコンソールから、ターゲット プロジェクトを選択し、[ Project Settings ] タブをクリックして簡単にその設定に移動できます。
  • TiDB Cloudコンソールで有効期限メッセージを提供することにより、パスワード有効期限のエクスペリエンスを最適化します。

2022 年 6 月 7 日

  • 無料で試す登録ページを追加して、 TiDB Cloudにすばやくサインアップします。
  • プラン選択ページから概念実証プランオプションを削除します。 14日間のPoC無料トライアルを申し込む場合は、 PoCに申し込むページへ。詳細については、 TiDB Cloudで概念実証 (PoC) を実行するを参照してください。
  • 電子メールとパスワードを使用してTiDB Cloudにサインアップするユーザーに、90 日ごとにパスワードをリセットするよう求めることで、システムのセキュリティを向上させます。詳細については、 ユーザーのパスワードを管理するを参照してください。

2022 年 5 月 24 日

  • Dedicated Tierクラスタを作成または戻す使用する場合の TiDB ポート番号のカスタマイズをサポートします。

2022 年 5 月 19 日

  • AWS リージョンFrankfurt for 開発者層クラスタ作成のサポートを追加します。

2022 年 5 月 18 日

2022 年 5 月 13 日

2022 年 5 月 1 日

  • 作成または戻す a 専用層クラスタの場合、TiDB、TiKV、および TiFlash の vCPU サイズの構成をサポートします。
  • クラスタ作成のための AWS リージョンMumbaiのサポートを追加します。
  • TiDB Cloud請求のコンピューティング、ストレージ、およびデータ転送のコストを更新します。

2022 年 4 月 7 日

  • TiDB Cloudを Developer Tier のTiDB v6.0.0にアップグレードします。

2022 年 3 月 31 日

TiDB Cloudは一般提供になりました。次のいずれかのオプションを選択できサインアップ

2022 年 3 月 25 日

新機能:

  • サポートTiDB Cloud組み込みアラート

    TiDB Cloud組み込みアラート機能を使用すると、プロジェクト内のTiDB CloudクラスタがTiDB Cloud組み込みアラート条件のいずれかをトリガーするたびに、電子メールで通知を受けることができます。

2022 年 3 月 15 日

一般的な変更:

  • クラスタサイズが固定されたクラスタ層はなくなりました。 TiDB、TiKV、TiFlashのクラスタサイズ台を簡単にカスタマイズできます。
  • TiFlash を使用しない既存のクラスタにティフラッシュのノードを追加することをサポートします。
  • 新しいクラスタの作成の場合のストレージ サイズ (500 から 2048 GiB) の指定をサポートします。クラスタの作成後にストレージ サイズを変更することはできません。
  • 新しいパブリック リージョンを導入する: eu-central-1 .
  • 8 vCPU TiFlash を廃止し、16 vCPU TiFlash を提供します。
  • CPU とストレージの価格を分けます (どちらも 30% のパブリック プレビュー割引があります)。
  • 課金情報価格表を更新します。

新機能:

2022 年 3 月 4 日

新機能:

  • サポートDatadog 統合

    Datadog 統合を使用すると、TiDB クラスターに関するメトリクス データをデータドッグに送信するようにTiDB Cloudを構成できます。その後、これらのメトリクスを Datadog ダッシュボードで直接表示できます。

2022 年 2 月 15 日

一般的な変更:

  • TiDB Cloudを Developer Tier のTiDB v5.4.0にアップグレードします。

改善:

2022 年 1 月 11 日

一般的な変更:

  • TiDB Operatorをv1.2.6にアップグレードします。

改善:

  • 接続ページで、提案されたオプション--connect-timeout 15を MySQL クライアントに追加します。

バグの修正:

  • パスワードに一重引用符が含まれていると、ユーザーがクラスタを作成できないという問題を修正します。
  • 組織に所有者が 1 人しかいない場合でも、所有者が削除されたり、別のロールに変更されたりする可能性があるという問題を修正します。