TiDB Cloudの請求

注記:

TiDB サーバーレスクラスター 2023 年 5 月 31 日まで無料で、100% 割引になります。それ以降は無料割り当て目以降のご利用は有料となります。

TiDB Cloud は、消費したリソースに応じて料金が発生します。価格の詳細については、次のページを参照してください。

請求書

組織のOrganization OwnerまたはOrganization Billing Admin役割に属している場合は、 TiDB Cloudの請求書情報を管理できます。それ以外の場合は、このセクションをスキップしてください。

支払い方法を設定した後、コストが割り当て (デフォルトでは 500 ドル) に達すると、 TiDB Cloud は請求書を生成します。割り当てを引き上げたい場合、または月に 1 つの請求書を受け取りたい場合は、 弊社営業担当までお問い合わせくださいを実行できます。

注記:

AWSマーケットプレイスまたはGoogle Cloud マーケットプレイスでTiDB Cloudにサインアップした場合、AWS アカウントまたは Google Cloud アカウントを通じて直接支払うことができますが、 TiDB Cloudコンソールで支払い方法を追加したり、請求書をダウンロードしたりすることはできません。

毎月の請求書を受け取るために当社の営業にご連絡いただくと、 TiDB Cloud は毎月初めに前月の請求書を生成します。

請求書のコストには、組織内の TiDB クラスターの使用量、割引、バックアップstorageのコスト、サポート サービスのコスト、クレジットの消費、およびデータ送信のコストが含まれます。

毎月の請求書ごとに:

  • TiDB Cloud は毎月 9 日に請求書を発行します。 1 日目から 9 日目までは、先月のコストの詳細を表示できませんが、請求コンソールを介して今月のクラスター使用状況情報を取得できます。
  • 請求書の支払いのデフォルトの方法はクレジット カード引き落としです。他の支払い方法を使用したい場合は、チケットリクエストを送信してお知らせください。
  • 当月と前月の料金の概要と詳細を確認できます。

注記:

すべての請求額の控除は、サードパーティのプラットフォームである Stripe を通じて完了します。

請求書のリストを表示するには、次の手順を実行します。

  1. クリックTiDB Cloudコンソールの左下隅にあります。

    注記:

    複数の組織に所属している場合は、その名前をクリックして対象の組織に切り替えます。

  2. 左側のナビゲーション ウィンドウで、 [請求]タブをクリックします。

  3. 「請求書」タブをクリックします。請求書ページが表示されます。

支払明細

組織のOrganization OwnerまたはOrganization Billing Admin役割に属している場合は、 TiDB Cloudの請求詳細を表示およびエクスポートできます。それ以外の場合は、このセクションをスキップしてください。

支払い方法を設定すると、 TiDB Cloud は過去の月の請求書と請求の詳細を生成し、各月の初めに当月の請求の詳細を生成します。請求の詳細には、組織の TiDB クラスター使用量、割引、バックアップstorageコスト、データ転送コスト、サポート サービス コスト、クレジット消費量、およびプロジェクト分割情報が含まれます。

注記:

遅延やその他の理由により、当月の請求詳細は参照のみを目的としており、正確であることは保証されません。 TiDB Cloudは、請求履歴の正確性を保証するため、原価計算を実行し、その他のニーズを満たすことができます。

請求の詳細を表示するには、次の手順を実行します。

  1. クリックTiDB Cloudコンソールの左下隅にあります。

    注記:

    複数の組織に所属している場合は、その名前をクリックして対象の組織に切り替えます。

  2. [請求]をクリックします。

  3. [請求書]をクリックします。請求の詳細ページが表示されます。

請求の詳細ページには、プロジェクト別およびサービス別の請求概要が表示されます。利用明細の確認やCSV形式でのダウンロードも可能です。

注記:

月々の請求書の合計金額は、精度の違いにより、毎日の使用量の詳細の合計金額と異なる場合があります。

  • 月額料金の合計金額は小数点第2位を四捨五入して表示します。
  • 1日のご利用明細の合計金額は小数点第6位まで正確です。

コストエクスプローラー

組織のOrganization OwnerまたはOrganization Billing Admin役割に属している場合は、 TiDB Cloudの使用コストを表示および分析できます。それ以外の場合は、このセクションをスキップしてください。

組織のコスト レポートを分析およびカスタマイズするには、次の手順を実行します。

  1. TiDB Cloudコンソールの左下隅にある をクリックします。をクリックし、 [請求]をクリックします。

    注記:

    複数の組織に所属している場合は、その名前をクリックして対象の組織に切り替えます。

  2. [請求]ページで、 [コスト エクスプローラー]タブをクリックします。

  3. [Cost Explorer]ページで、右上隅の[フィルター]セクションを展開してレポートをカスタマイズします。時間範囲を設定し、グループ化オプション (サービス、プロジェクト、クラスター、リージョン、製品タイプ、料金タイプなど) を選択し、特定のサービス、プロジェクト、クラスター、またはリージョンを選択してフィルターを適用できます。 Cost Explorer には次の情報が表示されます。

    • コスト グラフ: 選択した時間範囲にわたるコストの傾向を視覚化します。月ごと日ごと合計のビューを切り替えることができます。
    • コストの内訳: 選択したグループ化オプションに従って、コストの詳細な内訳が表示されます。さらに分析するために、データを CSV 形式でダウンロードできます。

請求プロファイル

有料組織は、請求プロファイルを作成できます。このプロファイルの情報は、税金の計算を決定するために使用されます。

組織の請求プロファイルを表示または更新するには、をクリックします。左下隅の をクリックし、 [請求] > [請求プロファイル]をクリックします。

請求プロファイルには 4 つのフィールドがあります。

会社名(任意)

このフィールドを指定すると、組織名の代わりにこの名前が請求書に表示されます。

請求先メールアドレス (オプション)

このフィールドが指定されている場合、請求書およびその他の請求関連の通知がこの電子メール アドレスに送信されます。

主な勤務先の住所

これは、 TiDB Cloudサービスを購入する会社の住所です。適用される税金を計算するために使用されます。

事業税 ID (オプション)

ビジネスが VAT/GST に登録されている場合は、有効な VAT/GST ID を入力してください。この情報を提供することにより、該当する場合、VAT/GST の請求が免除されます。これは、VAT/GST 登録により特定の税金の免除または還付が認められている地域で事業を展開する企業にとって重要です。

クレジット

TiDB Cloud は、概念実証 (PoC) ユーザーに一定数のクレジットを提供します。 1 クレジットは 1 米ドルに相当します。クレジットの有効期限が切れる前に、クレジットを使用して TiDB クラスター料金を支払うことができます。

ヒント:

PoC に申し込むには、 TiDB Cloudを使用して概念実証 (PoC) を実行するを参照してください。

クレジットの詳細情報は、クレジットのページで確認できます。これには、合計クレジット、利用可能なクレジット、現在の使用量、ステータスが含まれます。

このページを表示するには、次の手順を実行します。

  1. クリックTiDB Cloudコンソールの左下隅にあります。

    注記:

    複数の組織に所属している場合は、その名前をクリックして対象の組織に切り替えます。

  2. [請求]をクリックします。

  3. [クレジット]をクリックします。クレジットの詳細ページが表示されます。

注記:

  • 支払い方法を設定した後、クラスター料金はまず未使用のクレジットから差し引かれ、次に支払い方法から差し引かれます。
  • サポート プラン料金の支払いにクレジットを使用することはできません。

割引

組織のOrganization OwnerまたはOrganization Billing Admin役割に属している場合は、 「割引」ページでTiDB Cloudの割引情報を表示できます。それ以外の場合は、このセクションをスキップしてください。

割引情報には、受け取ったすべての割引、ステータス、割引率、割引の開始日と終了日が含まれます。

このページを表示するには、次の手順を実行します。

  1. クリックTiDB Cloudコンソールの左下隅にあります。

    注記:

    複数の組織に所属している場合は、その名前をクリックして対象の組織に切り替えます。

  2. [請求]をクリックします。

  3. [割引]をクリックします。割引詳細ページが表示されます。

支払方法

組織のOrganization OwnerまたはOrganization Billing Admin役割に属している場合は、 TiDB Cloudの支払い情報を管理できます。それ以外の場合は、このセクションをスキップしてください。

注記:

AWSマーケットプレイスまたはGoogle Cloud マーケットプレイスを通じてTiDB Cloudにサインアップした場合、AWS アカウントまたは Google Cloud アカウントを通じて直接支払うことができますが、 TiDB Cloudコンソールで支払い方法を追加したり、請求書をダウンロードしたりすることはできません。

料金は、クラスターの使用量に応じて、バインドされたクレジット カードから引き落とされます。有効なクレジット カードを追加するには、次のいずれかの方法を使用できます。

  • クラスターを作成する場合:

    1. 「クラスターのクラスタ」ページで「クラスタの作成」をクリックする前に、 「請求計算ツール」ペインの下部にある「クレジット カードの追加」をクリックします。
    2. [カードの追加]ダイアログ ボックスで、カード情報と請求先住所を入力します。
    3. [カードを保存]をクリックします。
  • 請求コンソールでいつでも:

    1. クリックTiDB Cloudコンソールの左下隅にあります。

      注記:

      複数の組織に所属している場合は、その名前をクリックして対象の組織に切り替えます。

    2. [請求]をクリックします。

    3. [支払い方法]タブで、 [新しいカードの追加]をクリックします。

    4. クレジット カード情報とクレジット カード住所を入力し、 [カードを保存]をクリックします。

      請求プロファイルで主な事業所住所を指定しない場合、クレジット カードの住所が税計算の主な事業所住所として使用されます。請求先プロファイルでいつでも主要なビジネス住所を更新できます。

注記:

クレジット カードの機密データのセキュリティを確保するために、 TiDB Cloud は顧客のクレジット カード情報を一切保存せず、サードパーティの支払いプラットフォーム Stripe に保存します。すべての請求額控除は Stripe を通じて完了します。

複数のクレジット カードをバインドし、そのうちの 1 つを請求コンソールの支払い方法のデフォルトのクレジット カードとして設定できます。設定後は、以降の請求はデフォルトのクレジットカードから自動的に引き落とされます。

デフォルトのクレジット カードを設定するには、次の手順を実行します。

  1. クリックTiDB Cloudコンソールの左下隅にあります。

    注記:

    複数の組織に所属している場合は、その名前をクリックして対象の組織に切り替えます。

  2. [請求]をクリックします。

  3. 「お支払い方法」タブをクリックします。

  4. クレジット カード リストでクレジット カードを選択し、 [デフォルトとして設定]をクリックします。

契約

組織のOrganization OwnerまたはOrganization Billing Admin役割に属している場合は、コンプライアンス要件を満たすために、 TiDB CloudコンソールでカスタマイズされたTiDB Cloudサブスクリプションを管理できます。それ以外の場合は、このセクションをスキップしてください。

当社の販売契約に同意し、オンラインで契約を確認して同意するための電子メールを受け取った場合は、次の操作を行うことができます。

  1. クリックTiDB Cloudコンソールの左下隅にあります。

    注記:

    複数の組織に所属している場合は、その名前をクリックして対象の組織に切り替えます。

  2. [請求]をクリックします。

  3. 「契約」をクリックします。契約一覧が表示されます。

  4. 必要に応じて、 [ダウンロード][同意する] 、または[拒否]をクリックします。

契約について詳しく知りたい場合は、お気軽に弊社営業担当までお問い合わせくださいをご覧ください。

AWS Marketplace または Google Cloud Marketplace からの請求

組織のOrganization OwnerまたはOrganization Billing Admin役割に属している場合は、 TiDB Cloudアカウントを AWS 請求先アカウントまたは Google Cloud 請求先アカウントにリンクできます。それ以外の場合は、このセクションをスキップしてください。

TiDB Cloudを初めて使用し、 TiDB Cloudアカウントをお持ちでない場合は、 AWSマーケットプレイスまたはGoogle Cloud マーケットプレイスを通じてTiDB Cloudアカウントにサインアップし、AWS または Google Cloud 請求先アカウント経由で使用料金を支払うことができます。

  • AWS Marketplace を通じてサインアップするには、 TiDB Cloud in AWSマーケットプレイスを検索し、 TiDB Cloudにサブスクライブし、画面上の指示に従ってTiDB Cloudアカウントを設定します。
  • Google Cloud Marketplace を通じてサインアップするには、 TiDB Cloud in Google Cloud マーケットプレイスを検索し、 TiDB Cloudに登録し、画面上の指示に従ってTiDB Cloudアカウントを設定します。

すでにTiDB Cloudアカウントをお持ちで、AWS または Google Cloud 請求先アカウント経由で使用料金を支払いたい場合は、 TiDB Cloudアカウントを AWS または Google Cloud 請求先アカウントにリンクできます。

  • AWS Marketplace
  • Google Cloud Marketplace

TiDB Cloudアカウントを AWS 請求先アカウントにリンクするには、次の手順を実行します。

  1. AWSマーケットプレイスページを開いてTiDB Cloudを検索し、検索結果でTiDB Cloudを選択します。 TiDB Cloudの製品ページが表示されます。

  2. TiDB Cloud製品ページで、 「購読を続ける」をクリックします。注文ページが表示されます。

  3. 注文ページで、 [購読]をクリックし、 [アカウントの設定]をクリックします。 TiDB Cloudのサインアップ ページに移動します。

  4. サインアップ ページの上部にある通知を確認し、 [サインイン]をクリックします。

  5. TiDB Cloudアカウントでサインインします。 [AWS 請求先アカウントへのリンク]ページが表示されます。

  6. [AWS 請求先アカウントへのリンク]ページで、対象の組織を選択し、 [リンク]をクリックして AWS 請求先アカウントにリンクします。

    注記:

    組織がすでにTiDB Cloudに支払い方法を持っている場合、この組織の既存の支払い方法は、新しく追加された AWS 請求先アカウントに置き換えられます。

TiDB Cloudアカウントを Google Cloud 請求先アカウントにリンクするには、次の手順を実行します。

  1. Google Cloud マーケットプレイスのページを開いてTiDB Cloudを検索し、検索結果でTiDB Cloudを選択します。 TiDB Cloudの製品ページが表示されます。

  2. TiDB Cloud製品ページで、 [購読]をクリックします。購読ページが表示されます。

  3. 購読ページで、 [購読]をクリックし、 [製品ページに移動]をクリックします。 TiDB Cloudのサインアップ ページに移動します。

  4. サインアップ ページの上部にある通知を確認し、 [サインイン]をクリックします。

  5. TiDB Cloudアカウントでサインインします。 Google Cloud 請求先アカウントにリンクするページが表示されます。

  6. このページで、対象の組織を選択し、 [リンク]をクリックして Google Cloud 請求先アカウントにリンクします。

    注記:

    組織がすでにTiDB Cloudにお支払い方法を持っている場合、この組織の既存のお支払い方法は、新しく追加された Google Cloud 請求先アカウントに置き換えられます。

このページは役に立ちましたか?

Playground
登録なしで TiDB の機能をワンストップでインタラクティブに体験できます。
製品
TiDB Dedicated
TiDB Serverless
TiDB
価格
PoC お問い合わせ
エコシステム
TiKV
TiFlash
OSS Insight
© 2024 PingCAP. All Rights Reserved.
Privacy Policy.