重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

TiDB Cloudクイック スタート

推定完了時間: 20 分

このチュートリアルでは、 TiDB Cloudを使い始める簡単な方法について説明します。このコンテンツには、クラスターの作成方法、クラスタへの接続方法、データのインポート方法、およびクエリの実行方法が含まれていクラスタ。

ステップ 1. TiDBクラスタを作成する

無料の開発者層クラスタまたは専用ティアのいずれかを作成できます。

  • Developer Tier
  • Dedicated Tier

無料の Developer Tierクラスタを作成するには、次の手順を実行します。

  1. TiDB Cloudアカウントを持っていない場合は、 ここをクリックしてアカウントにサインアップします。

    • Google ユーザーの場合は、Google でサインアップすることもできます。これを行うには、 サインアップページで [ Google にサインアップ] をクリックします。メールアドレスとパスワードは Google によって管理され、 TiDB Cloudコンソールを使用して変更することはできません。
    • GitHub ユーザーは、GitHub にサインアップすることもできます。これを行うには、 サインアップページで [ Sign up with GitHub ] をクリックします。メールアドレスとパスワードは GitHub によって管理され、 TiDB Cloudコンソールを使用して変更することはできません。
  2. ログインをTiDB Cloudアカウントに追加します。

    デフォルトではプラン選択ページが表示されます。

  3. プラン選択ページで、 Developer Tierプランの [ Get Started for Free ] をクリックします。

  4. [**クラスターの作成]**ページでは、デフォルトで [開発者層]が選択されています。必要に応じてデフォルトのクラスタ名を更新し、クラスタを作成するリージョンを選択します。

  5. [**作成]**をクリックします。

    クラスタの作成プロセスが開始され、 [セキュリティの設定] ダイアログ ボックスが表示されます。

  6. [セキュリティの設定] ダイアログ ボックスで、root パスワードと許可された IP アドレスを設定してクラスタに接続し、[適用] をクリックします。

    TiDB Cloudクラスタは、約 5 ~ 15 分で作成されます。

Dedicated Tierクラスタを作成するには、次の手順を実行します。

  1. TiDB Cloudアカウントを持っていない場合は、 ここをクリックしてアカウントにサインアップします。

    • Google ユーザーの場合は、Google でサインアップすることもできます。これを行うには、 サインアップページで [ Google にサインアップ] をクリックします。メールアドレスとパスワードは Google によって管理され、 TiDB Cloudコンソールを使用して変更することはできません。
    • GitHub ユーザーの場合は、GitHub にサインアップすることもできます。これを行うには、 サインアップページで [ Sign up with GitHub ] をクリックします。メールアドレスとパスワードは GitHub によって管理され、 TiDB Cloudコンソールを使用して変更することはできません。
    • AWS Marketplace ユーザーは、AWS Marketplace からサインアップすることもできます。これを行うには、 TiDB Cloud in AWS マーケットプレイスを検索し、 TiDB Cloudにサブスクライブしてから、画面の指示に従ってTiDB Cloudアカウントをセットアップします。
  2. ログインをTiDB Cloudアカウントに追加します。

    デフォルトではプラン選択ページが表示されます。

  3. プラン選択ページで、 Dedicated Tierプランの [ Get Full Access Today ] をクリックします。

  4. [**クラスターの作成]**ページでは、 Dedicated Tierがデフォルトで選択されています。必要に応じて既定のクラスタ名とポート番号を更新し、クラウド プロバイダーとリージョンを選択して、 [次へ] をクリックします。

    ノート:

    最初にTiDB Cloud Dedicated Tier の 14 日間無料試用版を取得する場合は、 TiDB Cloudで概念実証 (PoC) を実行するを参照してください。

  5. これが現在のプロジェクトの最初のクラスタであり、このプロジェクトに対して CIDR が構成されていない場合は、プロジェクトの CIDR を設定し、[次へ] をクリックする必要があります。プロジェクトの CIDRフィールドが表示されない場合は、このプロジェクトに対して CIDR が既に構成されていることを意味します。

    ノート:

    プロジェクトの CIDR を設定するときは、アプリケーションが配置されている VPC の CIDR と競合しないようにしてください。プロジェクトの CIDR は、一度設定すると変更できません。

  6. TiDB、TiKV、および TiFlash (オプション) にそれぞれクラスタサイズを構成し、[次へ] をクリックします。

  7. ページのクラスタ情報と、左下隅の課金情報を確認します。

  8. 右下隅にある [**クレジット カードを追加] を**クリックして、アカウントにクレジット カードを追加します。

  9. [**作成]**をクリックします。

    クラスタの作成プロセスが開始され、 [セキュリティの設定] ダイアログ ボックスが表示されます。

  10. [セキュリティの設定] ダイアログ ボックスで、root パスワードと許可された IP アドレスを設定してクラスタに接続し、[適用] をクリックします。

    TiDB Cloudクラスタは、約 5 ~ 15 分で作成されます。

ステップ 2. TiDBクラスタに接続する

  1. [**アクティブなクラスター]**ページに移動します。

  2. 新しく作成したクラスタの領域で、右上隅にある [接続] をクリックします。接続ダイアログボックスが表示されます。

    ヒント:

    または、[アクティブなクラスター] ページで新しく作成したクラスタの名前をクリックし、右上隅にある [接続] をクリックすることもできます。

  3. ダイアログ ボックスの [ステップ 2: SQL クライアントに接続する] で、希望する接続方法のタブをクリックし、接続文字列を使用してクラスタに接続します。

    ノート:

  4. TiDBクラスタにログインした後、次の SQL ステートメントを使用して接続を検証できます。

    SELECT TiDB_version();
    

    リリース バージョン情報が表示されたら、TiDBクラスタを使用する準備ができています。

ステップ 3. サンプル データをインポートする

データを簡単にインポートしてサンプル クエリを実行できるように、Capital Bikeshare のサンプル データを提供しています。

  1. [**アクティブなクラスター]**ページに移動します。

  2. 新しく作成したクラスタの領域で、右上隅にある [データのインポート] をクリックします。 [データ インポート タスク]ページが表示されます。

    ヒント:

    または、[アクティブなクラスター] ページで新しく作成したクラスタの名前をクリックし、右上隅にある [データのインポート] をクリックすることもできます。

  3. インポート パラメータを入力します。

    • AWS
    • GCP

    TiDBクラスタが AWS によってホストされている場合 (Developer Tier はデフォルトで AWS によってホストされています)、次のパラメーターを入力します。

    • データ ソースの種類: AWS S3
    • バケット URL : サンプル データの URL を入力します。 s3://tidbcloud-samples/data-ingestion/ .
    • データ形式: TiDB Dumplingを選択します。
    • 資格情報のセットアップ: Role-ARN にarn:aws:iam::385595570414:role/import-sample-accessを入力します。
    • ターゲット クラスタ: [ユーザー名]および [パスワード] フィールドに入力します。
    • DB/Tables Filter : このフィールドは空白のままにします。

    TiDBクラスタが GCP によってホストされている場合は、次のパラメーターを入力します。

    • データ ソースの種類: Google Cloud Stroage
    • バケット URL : サンプル データの URL を入力します。 gcs://tidbcloud-samples-us-west1 .
    • データ形式: TiDB Dumplingを選択します。
    • ターゲット クラスタ: [ユーザー名]および [パスワード] フィールドに入力します。
    • DB/Tables Filter : このフィールドは空白のままにします。
  4. [**インポート]**をクリックします。

    データベース リソースの消費に関する警告メッセージが表示されます。新しく作成されたクラスタの場合、警告メッセージは無視できます。

  5. [**確認]**をクリックします。

    TiDB Cloudは、指定されたバケット URL のサンプル データにアクセスできるかどうかの検証を開始します。検証が完了して成功すると、インポート タスクが自動的に開始されます。

データのインポート プロセスには 5 ~ 10 分かかります。データ インポート プログレス バーにSuccessと表示されたら、サンプル データとデータベース スキーマがデータベースに正常にインポートされています。

ステップ 4. データのクエリ

データのインポート プロセスが完了したら、ターミナルでいくつかのクエリの実行を開始できます。

  1. bikeshareのデータベースとテーブルを使用します。

    USE bikeshare;
    SHOW tables;
    
  2. tripテーブルの構造を確認します。

    DESCRIBE trips;
    
  3. tripsのテーブルにいくつのレコードが存在するかを確認します。

    SELECT COUNT(*) FROM trips;
    
  4. 出発駅が「8th & D St NW」であるすべての旅行履歴を確認します。

    SELECT * FROM trips WHERE start_station_name = '8th & D St NW';
    
  5. 受け取りに人気の自転車ステーションを 10 個以上表示する:

    SELECT start_station_name, COUNT(ride_id) as count from `trips`
    GROUP BY start_station_name
    ORDER BY count ASC
    LIMIT 10;