重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

2020年のTiDB Cloudリリースノート

このページには、2020年のTiDB Cloudのリリースノートがリストされています。

2020年12月30日

  • デフォルトのTiDBバージョンをv4.0.9にアップグレードします
  • ゼロクライアント障害を達成するために、TiDBでのアップグレードとスケーリングを適切にサポートします
  • バックアップから新しいクラスタを復元した後、クラスタ構成を回復する

2020年12月16日

  • すべてのクラスタ層でTiDBノードの最小数を1つに調整します
  • SQLWebシェルでのシステムコマンドの実行を禁止する
  • TiDBクラスターの編集ログをデフォルトで有効にする

2020年11月24日

  • TiDBクラスターのパブリックエンドポイントのトラフィックフィルターIPリストを空にして、パブリックアクセスを無効にする
  • OutlookまたはHotmailを使用して顧客に送信される招待メールの配信率を向上させる
  • サインアップのためのエラー通知メッセージを磨く
  • 新しいクラスターはUbuntuではなくCentOSVMで実行されます
  • 対応するバックアップがまだ存在する場合、クラスタがごみ箱に表示されない問題を修正します

2020年11月4日

  • 組織名を変更する機能を実装する
  • データの復元中にユーザーがTiDBにアクセスできないようにする
  • サインアップページで利用規約とプライバシーの場所を更新します
  • フィードバックフォームの入り口ウィジェットを追加する
  • [設定]タブでメンバーが所有者を削除できないようにする
  • TiFlashおよびTiKVストレージチャートのメトリックを変更する
  • デフォルトのTiDBクラスタバージョンを4.0.8にアップグレードします

2020年10月12日

  • SQLWebshellクライアントをOracleMySQLクライアントからusqlクライアントに変更します
  • デフォルトのTiDBバージョンを4.0.7にアップグレードします
  • 手動バックアップの保存期間を7日から30日に延長します

2020年10月2日

  • TiFlashディスクストレージ構成を修正する

2020年9月14日

  • regionのラベルを追加して、監視メトリックを修正します
  • 非HTAPクラスターをスケーリングできない問題を修正します

2020年9月11日

  • お客様は、トラフィックフィルターを備えたパブリックエンドポイントを使用してTiDBにアクセスできるようになりました
  • 自動バックアップ設定ダイアログでタイムゾーンインジケーターを追加します
  • 登録が完了していないときに壊れた招待リンクを修正する

2020年9月4日

  • 招待メールの誤ったURLを修正する

2020年8月6日

  • メールサポートをTiDB Cloudカスタマーサポートにアクセスするように変更します
  • カスタム電子メールログイン用のシンプルな2fa機能を追加します
  • VPCピアリングを設定する機能を追加します
  • サインアップ/ログイン用のカスタム電子メールサポートを追加します

2020年7月17日

  • 自動化された毎日のバックアップのデフォルトの保持を7日間に調整します
  • 異常な状態のクラスターのツールチップに理由を追加する
  • 初期クレジットが0の場合でも、ユーザーがクラスタを作成できるという問題を修正します
  • ダッシュボードの統合を最適化する
  • 顧客のクレジットを追加するときにメールを送信する
  • テナント設定ページにテナントIDを追加します
  • ユーザーのクォータ制限に合わせて合理的な通知メッセージを最適化する
  • バックアップ/復元の指標を修正する