重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

クラスター層を選択する

クラスタ層によって、クラスタのスループットとパフォーマンスが決まります。

TiDB Cloudは、クラスタ層の次の 2 つのオプションを提供します。クラスタを作成する前に、どのオプションがニーズにより適しているかを検討する必要があります。

開発者層

TiDB Cloud Developer Tier は、TiDB のフル マネージド サービスである 1 のTiDB Cloud年間の無料トライアルです。開発者層クラスターは、プロトタイプ アプリケーション、ハッカソン、アカデミック コースなどの非運用ワークロードに使用したり、非商用データセットに一時的なデータ サービスを提供したりするために使用できます。

各 Developer Tierクラスタはフル機能の TiDBクラスタであり、以下が付属しています。

  • 1 つの TiDB 共有ノード
  • 1 つの TiKV 共有ノード (1 GiB の OLTP ストレージを使用)
  • 1 つの TiFlash 共有ノード (1 GiB の OLAP ストレージを使用)

開発者層クラスターは共有ノードで実行されます。各ノードは仮想マシン (VM) 上の独自のコンテナーで実行されますが、その VM は他の TiDB、TiKV、または TiFlash ノードも実行しています。その結果、共有ノードは、標準の専用TiDB Cloudノードと比較してパフォーマンスが低下します。ただし、すべてのノードが個別のコンテナーで実行され、専用のクラウド ディスクがあるため、Developer Tierクラスタに格納されたデータは分離され、他の TiDB クラスターに公開されることはありません。

TiDB Cloudアカウントごとに、無料の Developer Tierクラスタを 1 つ使用して 1 年間使用できます。一度に実行できる Developer Tierクラスタは 1 つだけですが、クラスタの削除と再作成は何度でも行うことができます。

1 年間の無料トライアルは、最初の Developer Tierクラスタが作成された日から始まります。

ユーザー名のプレフィックス

各 Developer Tierクラスタに対して、 TiDB Cloudは一意のプレフィックスを生成して、他のクラスターと区別します。

データベース ユーザー名を使用または設定するときは常に、ユーザー名にプレフィックスを含める必要があります。たとえば、クラスタのプレフィックスが3pTAoNNegb47Uc8であるとします。

  • クラスタに接続するには:

    mysql --connect-timeout 15 -u '3pTAoNNegb47Uc8.root' -h <host> -P 4000 -D test -p
    
  • データベース ユーザーを作成するには:

    CREATE USER '3pTAoNNegb47Uc8.jeffrey';
    

クラスタのプレフィックスを取得するには、次の手順を実行します。

  1. [**アクティブなクラスター]**ページに移動します。

  2. 領域の右上隅にある [**接続]**をクリックします。接続ダイアログボックスが表示されます。

    ヒント:

    または、[アクティブなクラスター] ページでクラスタの名前をクリックし、右上隅にある [接続] をクリックすることもできます。

  3. ダイアログで、[ステップ 2: SQL クライアントに接続してプレフィックスを取得する] を見つけます。

自動ハイバネーションとレジューム

Developer Tierクラスタが 24 時間アイドル状態になると、クラスタは自動的に休止状態になります。

休止状態は、クラスタに保存されているデータには影響しませんが、監視情報の収集とコンピューティング リソースの消費を停止するだけです。

ハイバネーション中、クラスタのステータスは引き続きNormalとして表示され、 TiDB Cloudコンソールでハイバネーションに関するメッセージを確認できます。

Developer Tierクラスタを再び使用したいときはいつでも、通常どおり MySQL クライアントドライバーまたは ORM フレームワークを使用するだけで済みクラスタに接続する 。クラスタは 50 秒以内に再開され、自動的にサービスに戻ります。

または、 TiDB Cloudコンソールにログインし、[アクティブなクラスター] ページでクラスタの [再開] をクリックすることもできます。

開発者層の特別利用規約

  • アップタイム SLA 保証なし。
  • 高可用性や自動フェイルオーバーはありません。
  • クラスターへのアップグレードでは、大幅なダウンタイムが発生する可能性があります。
  • バックアップおよび復元機能は使用できません。 Dumplingを使用して、データをバックアップとしてエクスポートできます。
  • Developer Tierクラスタへの接続の最大数は 50 です。
  • 変更フィード (Apache Kafka Sink および MySQL Sink) を作成したり、 TiCDCを使用して増分データを複製したりすることはできません。
  • VPC ピアリングを使用してクラスターに接続することはできません。
  • クラスターをより大きなストレージや標準ノードにスケーリングしたり、ノード数を増やしたりすることはできません。
  • モニタリングページは表示できません。
  • サードパーティの監視サービスは使用できません。
  • TiDBクラスタのポート番号はカスタマイズできません。
  • データ転送は、1 週間あたり合計 20 GiB に制限されています。 20 GiB の制限に達すると、ネットワーク トラフィックは 10 KB/秒に調整されます。

専用ティア

TiDB Cloud Dedicated Tier は、クロスゾーンの高可用性、水平スケーリング、およびHTAPの利点を備えた、実動使用専用です。

Dedicated Tier クラスターの場合、ビジネス ニーズに応じて、TiDB、TiKV、および TiFlash のクラスタサイズを簡単にカスタマイズできます。 TiKV ノードと TiFlash ノードごとに、ノード上のデータが複製され、異なるアベイラビリティ ゾーンに分散され高可用性

Dedicated Tierクラスタを作成するには、 支払い方法を追加するまたは概念実証 (PoC) トライアルに申し込むが必要です。

ノート:

クラスタの作成後にクラスタのストレージ サイズを減らすことはできません。