重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

tiup cluster upgrade

tiup cluster upgradeコマンドは、指定されたクラスタを特定のバージョンにアップグレードするために使用されます。

構文

tiup cluster upgrade <cluster-name> <version> [flags]
  • <cluster-name> :操作するクラスタ名。クラスタ名を忘れた場合は、 クラスタリストコマンドで確認できます。
  • <version> :アップグレードするターゲットバージョン。現在、現在のクラスタよりも高いバージョンへのアップグレードのみが許可されています。つまり、ダウングレードは許可されていません。ナイトリーバージョンへのアップグレードも許可されていません。

オプション

--force

  • クラスタをアップグレードするには、クラスタが現在開始されていることを確認する必要があります。場合によっては、クラスタが開始されていないときにアップグレードすることをお勧めします。このとき、 --forceを使用すると、アップグレード中のエラーを無視し、バイナリファイルを強制的に置き換えて、クラスタを起動できます。
  • データ型: BOOLEAN
  • デフォルト:false

ノート:

サービスを提供しているクラスタのアップグレードを強制すると、サービスが使用できなくなる可能性があります。未開始のクラスターは、アップグレードが成功すると自動的に開始されます。

--transfer-timeout

  • PDまたはTiKVをアップグレードする場合、アップグレードされたノードのリーダーが最初に他のノードに移行されます。移行プロセスには時間がかかります-transfer-timeoutオプションで最大待機時間(秒単位)を設定できます。タイムアウト後、待機はスキップされ、サービスが直接アップグレードされます。
  • データ型: uint
  • デフォルト:300

ノート:

待機をスキップしてサービスを直接アップグレードすると、サービスのパフォーマンスが変動する可能性があります。

--ignore-config-check

  • バイナリが更新された後、 <binary> --config-check <config-file>を使用してTiDB、TiKV、およびPDコンポーネントの構成チェックが実行されます。 <binary>は新しくデプロイされたバイナリへのパスであり、 <config-file>はユーザー構成に基づいて生成された構成ファイルです。このチェックをスキップするには、 --ignore-config-checkオプションを使用できます。
  • データ型: BOOLEAN
  • デフォルト:false

--offline

  • 現在のクラスタが実行されていないことを宣言します。このオプションを指定すると、TiUPはサービスリーダーを別のノードに削除したり、サービスを再起動したりせず、クラスタコンポーネントのバイナリファイルを置き換えるだけです。
  • データ型: BOOLEAN
  • このオプションは、デフォルトでfalseの値で無効になっています。このオプションを有効にするには、このオプションをコマンドに追加し、 trueの値を渡すか、値を渡さないようにします。

-h, --help

  • ヘルプ情報を出力します。
  • データ型: BOOLEAN
  • デフォルト:false

出力

アップグレードの進行状況のログ。

<<前のページに戻る-TiUPクラスターコマンドリスト