重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

TiUPクラスター

TiUP Clusterは、Golangで記述されたTiUPのクラスタ管理コンポーネントです。 TiUPクラスターコンポーネントを使用して、展開、開始、シャットダウン、破棄、エラスティックスケーリング、TiDBクラスターのアップグレード、TiDBクラスタパラメーターの管理など、日常の操作とメンテナンスを実行できます。

構文

tiup cluster [command] [flags]

[command]はコマンドの名前です。サポートされているコマンドについては、以下のコマンドリストを参照してください。

オプション

--ssh

  • コマンド実行のためにリモートエンド(TiDBサービスが展開されているマシン)に接続するSSHクライアントを指定します。

  • データ型: STRING

  • サポートされている値:

    • builtin :SSHクライアントとしてtiup-clusterに組み込まれているeasysshクライアントを使用します。
    • system :現在のオペレーティングシステムのデフォルトのSSHクライアントを使用します。
    • none :SSHクライアントは使用されません。展開は、現在のマシンのみを対象としています。
  • このオプションがコマンドで指定されていない場合、デフォルト値としてbuiltinが使用されます。

--ssh-timeout

  • SSH接続タイムアウトを秒単位で指定します。
  • データ型: UINT
  • このオプションがコマンドで指定されていない場合、デフォルトのタイムアウトは5秒です。

--wait-timeout

  • 操作プロセスの各ステップの最大待機時間(秒単位)を指定します。操作プロセスは、サービスを開始または停止するようにsystemctlを指定する、ポートがオンラインまたはオフラインになるのを待つなど、多くのステップで構成されます。各ステップには数秒かかる場合があります。ステップの実行時間が指定されたタイムアウトを超えると、ステップはエラーで終了します。
  • データ型: UINT
  • このオプションがコマンドで指定されていない場合、各ステップの最大待機時間は120秒です。

-y、-yes

  • すべての危険な操作の二次確認をスキップします。スクリプトを使用してTiUPを呼び出す場合を除いて、このオプションの使用はお勧めしません。
  • このオプションは、デフォルトでfalseの値で無効になっています。このオプションを有効にするには、このオプションをコマンドに追加し、 trueの値を渡すか、値を渡さないようにします。

-v、-version

  • TiUPクラスターの現在のバージョンを出力します。
  • データ型: BOOLEAN
  • このオプションは、デフォルトでfalseの値で無効になっています。このオプションを有効にするには、このオプションをコマンドに追加し、 trueの値を渡すか、値を渡さないようにします。

-h, --help

  • 関連するコマンドのヘルプ情報を出力します。
  • データ型: BOOLEAN
  • このオプションは、デフォルトでfalseの値で無効になっています。このオプションを有効にするには、このオプションをコマンドに追加し、 trueの値を渡すか、値を渡さないようにします。

コマンドリスト

  • 輸入 :Ansibleによってデプロイされたクラスタをインポートします
  • テンプレート :トポロジーテンプレートを出力します
  • 小切手 :デプロイの前後にクラスタをチェックします
  • 配備 :指定されたトポロジに基づいてクラスタをデプロイします
  • リスト :デプロイされたクラスターのリストを照会します
  • 画面 :指定したクラスタのステータスを表示します
  • 始める :指定されたクラスタを開始します
  • 止まる :指定されたクラスタを停止します
  • 再起動 :指定したクラスタを再起動します
  • スケールイン :指定されたクラスタのスケール
  • 規格外 :指定されたクラスタをスケールアウトします
  • アップグレード :指定されたクラスタをアップグレードします
  • プルーン :指定されたクラスタのトゥームストーンステータスのインスタンスをクリーンアップします
  • edit-config :指定したクラスタの構成を変更します
  • リロード :指定されたクラスタの構成を再ロードします
  • パッチ :デプロイされたクラスタのサービスを置き換えます
  • 名前を変更 :クラスタの名前を変更します
  • 掃除 :指定したクラスタからデータを削除します
  • 破壊する :指定されたクラスタを破棄します
  • 監査 :指定されたクラスタの操作監査ログを照会します
  • リプレイ :指定されたコマンドを再試行します
  • 有効 :マシンの再起動後にクラスタサービスの自動有効化を有効にします。
  • 無効にする :マシンの再起動後にクラスタサービスの自動有効化を無効にします。
  • ヘルプ :ヘルプ情報を出力します

<<前のページに戻る-TiUPリファレンスコンポーネントリスト