TiUPクラスタ

TiUP クラスタ は、 Golangで記述されたTiUPのクラスター管理コンポーネントです。TiUP クラスタコンポーネントを使用すると、 TiUPクラスターのデプロイ、起動、シャットダウン、破棄、エラスティック スケーリング、アップグレード、TiDB クラスター パラメータの管理など、日常的な操作とメンテナンスを実行できます。

構文

tiup cluster [command] [flags]

[command]はコマンド名です。サポートされているコマンドについては、以下のコマンドリストを参照してください。

オプション

--ssh

  • コマンド実行のためにリモート エンド (TiDB サービスがデプロイされているマシン) に接続する SSH クライアントを指定します。

  • データ型: STRING

  • サポートされる値:

    • builtin : tiup-clusterに組み込まれている easyssh クライアントを SSH クライアントとして使用します。
    • system : 現在のオペレーティング システムのデフォルトの SSH クライアントを使用します。
    • none : SSH クライアントは使用されません。展開は現在のマシンのみに適用されます。
  • コマンドでこのオプションが指定されていない場合は、デフォルト値としてbuiltin使用されます。

--sshタイムアウト

  • SSH 接続のタイムアウトを秒単位で指定します。
  • データ型: UINT
  • このオプションがコマンドで指定されていない場合、デフォルトのタイムアウトは5秒です。

--wait-timeout

  • 操作プロセスの各ステップの最大待機時間 (秒単位) を指定します。操作プロセスは、systemctl を指定してサービスを開始または停止したり、ポートがオンラインまたはオフラインになるまで待機したりするなど、多くのステップで構成されます。各ステップには数秒かかる場合があります。ステップの実行時間が指定されたタイムアウトを超えると、ステップはエラーで終了します。
  • データ型: UINT
  • コマンドでこのオプションが指定されていない場合、各ステップの最大待機時間は120秒になります。

-y、--はい

  • すべての危険な操作の二次確認をスキップします。スクリプトを使用してTiUPを呼び出す場合を除き、このオプションの使用はお勧めしません。
  • このオプションは、デフォルトで値falseで無効になっています。このオプションを有効にするには、このオプションをコマンドに追加し、値trueを渡すか、値を渡さないようにする必要があります。

-v, --バージョン

  • TiUP クラスタの現在のバージョンを出力します。
  • データ型: BOOLEAN
  • このオプションは、デフォルトで値falseで無効になっています。このオプションを有効にするには、このオプションをコマンドに追加し、値trueを渡すか、値を渡さないようにする必要があります。

-h, --help

  • 関連するコマンドのヘルプ情報を出力します。
  • データ型: BOOLEAN
  • このオプションは、デフォルトで値falseで無効になっています。このオプションを有効にするには、このオプションをコマンドに追加し、値trueを渡すか、値を渡さないようにする必要があります。

コマンドリスト

  • 輸入 : Ansibleによってデプロイされたクラスターをインポートします
  • テンプレート : トポロジテンプレートを出力する
  • チェック : デプロイメントの前後にクラスターをチェックします
  • 展開する : 指定されたトポロジに基づいてクラスターを展開します
  • リスト : デプロイされたクラスタのリストを照会する
  • 画面 : 指定されたクラスターのステータスを表示します
  • 始める : 指定されたクラスターを起動します
  • 停止 : 指定されたクラスターを停止します
  • 再起動 : 指定されたクラスターを再起動します
  • スケールイン : 指定されたクラスター内でスケールする
  • 規格外 : 指定されたクラスターをスケールアウトする
  • アップグレード : 指定されたクラスターをアップグレードします
  • プルーン : 指定されたクラスターの Tombstone ステータスのインスタンスをクリーンアップします
  • 編集設定 : 指定されたクラスタの構成を変更します
  • リロード : 指定されたクラスタの構成を再読み込みします
  • パッチ : デプロイされたクラスター内のサービスを置き換えます
  • 名前を変更する : クラスターの名前を変更する
  • クリーン : 指定されたクラスターからデータを削除します
  • 破壊する : 指定されたクラスターを破棄します
  • 監査 : 指定されたクラスタの操作監査ログを照会します
  • リプレイ : 指定されたコマンドを再試行します
  • 有効にする : マシンの再起動後にクラスタ サービスの自動有効化を有効にする
  • 無効にする : マシンの再起動後にクラスタ サービスの自動有効化を無効にします
  • メタバックアップ : 指定されたクラスタの運用と保守に必要なTiUPメタファイルをバックアップします
  • メタリストア : 指定されたクラスターのTiUPメタファイルを復元します
  • ヘルプ : ヘルプ情報を出力

<< 前のページに戻る - TiUP参照コンポーネントリスト

このページは役に立ちましたか?

Playground
登録なしで TiDB の機能をワンストップでインタラクティブに体験できます。
製品
TiDB Dedicated
TiDB Serverless
TiDB
価格
PoC お問い合わせ
エコシステム
TiKV
TiFlash
OSS Insight
© 2024 PingCAP. All Rights Reserved.
Privacy Policy.