重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

tiup cluster display

クラスタの各コンポーネントの動作ステータスを確認したい場合、各マシンに1つずつログインするのは明らかに非効率的です。したがって、tiup-clusterは、このタスクを効率的に完了するためのtiup cluster displayのコマンドを提供します。

構文

tiup cluster display <cluster-name> [flags]

<cluster-name> :操作するクラスタの名前。クラスタ名を忘れた場合は、 クラスタリストコマンドで確認できます。

オプション

--dashboard

  • デフォルトでは、クラスタ全体のすべてのノード情報が表示されます。 --dashboardオプションを使用すると、ダッシュボード情報のみが表示されます。
  • データ型: BOOLEAN
  • このオプションはデフォルトで無効になっており、デフォルト値はfalseです。このオプションを有効にするには、このオプションをコマンドに追加して、 trueの値を渡すか、値を渡さないようにします。

-N、-node

  • 表示するノードを指定します。このオプションを指定しない場合、すべてのノードが表示されます。このオプションの値は、ノードIDのコンマ区切りのリストです。ノードのIDがわからない場合は、コマンドでこのオプションをスキップして、出力にすべてのノードのIDとステータスを表示できます。
  • データ型: STRINGS
  • このオプションがコマンドで指定されていない場合、デフォルトですべてのノードがチェックされます。

ノート:

-R, --roleオプションを同時に指定すると、 -N, --node-R, --roleの両方の仕様に一致するサービスノードのみがチェックされます。

-R、-role

  • 表示する役割を指定します。指定しない場合は、すべての役割が表示されます。このオプションの値は、ノードの役割のコンマ区切りのリストです。ノードにデプロイされている役割がわからない場合は、コマンドでこのオプションをスキップして、出力にすべてのノードの役割とステータスを表示できます。
  • データ型: STRINGS
  • このオプションがコマンドで指定されていない場合、デフォルトですべての役割が表示されます。

ノート:

-N, --nodeオプションを同時に指定すると、 -N, --node-R, --roleの両方の仕様に一致するサービスノードのみが表示されます。

-h, --help

  • ヘルプ情報を出力します。
  • データ型: BOOLEAN
  • このオプションはデフォルトで無効になっており、デフォルト値はfalseです。このオプションを有効にするには、このオプションをコマンドに追加して、 trueの値を渡すか、値を渡さないようにします。

出力

  • クラスタ名
  • クラスタバージョン
  • SSHクライアントタイプ
  • ダッシュボードアドレス
  • 次のフィールドを持つテーブル:
    • ID: IP:PORTで構成されるノードID
    • ロール:このノードにデプロイされたサービスロール(TiDB、TiKVなど)
    • ホスト:ノードに対応するマシンのIP
    • ポート:サービスが占有するポート番号
    • OS / Arch:このノードのオペレーティングシステムとマシンアーキテクチャ
    • ステータス:ノードサービスの現在のステータス
    • データディレクトリ:サービスのデータディレクトリ。 -はデータディレクトリがないことを意味します。
    • デプロイ Dir:サービスのデプロイメントディレクトリ

<<前のページに戻る-TiUPクラスターコマンドリスト