重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

tiup cluster scale-out

tiup cluster scale-outコマンドは、クラスタをスケールアウトするために使用されます。クラスタをスケールアウトする内部ロジックは、クラスタのデプロイメントに似ています。 tiup-clusterコンポーネントは、最初に新しいノードへのSSH接続を確立し、ターゲットノードに必要なディレクトリを作成してから、展開を実行してサービスを開始します。

PDがスケールアウトされると、結合操作によって新しいPDノードがクラスタに追加され、PDに関連付けられたサービスの構成が更新されます。他のサービスは直接開始され、クラスタに追加されます。

構文

tiup cluster scale-out <cluster-name> <topology.yaml> [flags]

<cluster-name> :操作するクラスタの名前。クラスタ名を忘れた場合は、 cluster listコマンドで確認できます。

<topology.yaml> :準備されたトポロジーファイル 。このトポロジファイルには、現在のクラスタに追加される新しいノードのみが含まれている必要があります。

オプション

-u、-user

  • ターゲットマシンへの接続に使用されるユーザー名を指定します。このユーザーは、ターゲットマシンでシークレットフリーのsudoroot権限を持っている必要があります。
  • データ型: STRING
  • デフォルト:コマンドを実行する現在のユーザー。

-i、-identity_file

  • ターゲットマシンへの接続に使用されるキーファイルを指定します。
  • データ型: STRING
  • このオプションがコマンドで指定されていない場合、デフォルトでは~/.ssh/id_rsaファイルがターゲットマシンへの接続に使用されます。

-p、-password

  • ターゲットマシンへの接続に使用するパスワードを指定します。このオプションと-i/--identity_fileを同時に使用しないでください。
  • データ型: BOOLEAN
  • デフォルト:false

--no-labels

  • このオプションは、ラベルチェックをスキップするために使用されます。
  • 2つ以上のTiKVノードが同じ物理マシンにデプロイされている場合、リスクが存在します。PDはクラスタトポロジを認識しないため、1つの物理マシン上の異なるTiKVノードにリージョンの複数のレプリカをスケジュールする可能性があります。単一障害点。このリスクを回避するために、ラベルを使用して、同じリージョンを同じマシンにスケジュールしないようにPDに指示できます。ラベル構成については、 トポロジラベルによるレプリカのスケジュールを参照してください。
  • テスト環境の場合、このリスクは問題にならない可能性があり、 --no-labelsを使用してチェックをスキップできます。
  • データ型: BOOLEAN
  • デフォルト:false

--skip-create-user

  • クラスタの展開中に、tiup-clusterはトポロジファイルに指定されたユーザー名が存在するかどうかを確認します。そうでない場合は、作成します。このチェックをスキップするには、 --skip-create-userオプションを使用できます。
  • データ型: BOOLEAN
  • デフォルト:false

-h, --help

  • ヘルプ情報を出力します。
  • データ型: BOOLEAN
  • デフォルト:false

出力

スケールアウトのログ。

<<前のページに戻る-TiUPクラスターコマンドリスト