重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

tiup cluster destroy

アプリケーションがオフラインになった後、他のアプリケーションで使用するためにクラスタによって占有されているマシンを解放する場合は、クラスタ上のデータとデプロイされたバイナリファイルをクリーンアップする必要があります。クラスタを破棄するために、 tiup cluster destroyコマンドは次の操作を実行します。

  • クラスタを停止します。
  • サービスごとに、ログディレクトリ、デプロイメントディレクトリ、およびデータディレクトリを削除します。
  • 各サービスのデータディレクトリまたはデプロイメントディレクトリの親ディレクトリがtiup-clusterによって作成されている場合は、親ディレクトリも削除します。

構文

tiup cluster destroy <cluster-name> [flags]

<cluster-name> :破棄するクラスタの名前。

オプション

--force

  • 場合によっては、クラスタの一部のノードがダウンしており、SSHを介してノードに接続して操作することができません。現時点では、 --forceオプションを使用してこれらのエラーを無視できます。
  • データ型: Boolean
  • このオプションはデフォルトで無効になっており、デフォルト値はfalseです。このオプションを有効にするには、このオプションをコマンドに追加して、 trueの値を渡すか、値を渡さないようにします。

--retain-node-data

  • データを保持する必要があるノードを指定します。複数のノードを指定する必要がある場合は、このオプションを複数回使用します: --retain-node-data <node-A> --retain-node-data <node-B>
  • データ型: StringArray
  • デフォルト:空

--retain-role-data

  • データを保持する必要がある役割を指定します。複数の役割を指定する必要がある場合は、このオプションを複数回使用します: --retain-role-data <role-A> --retain-role-data <role-B>
  • データ型: StringArray
  • デフォルト:空

-h, --help

  • ヘルプ情報を出力します。
  • データ型: Boolean
  • このオプションはデフォルトで無効になっており、デフォルト値はfalseです。このオプションを有効にするには、このオプションをコマンドに追加して、 trueの値を渡すか、値を渡さないようにします。

出力

tiup-clusterの実行ログ。

<<前のページに戻る-TiUPクラスターコマンドリスト