重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

tiup cluster audit

tiup cluster auditコマンドは、履歴内のすべてのクラスターで実行されたコマンドと、各コマンドの実行ログを表示するために使用されます。

構文

tiup cluster audit [audit-id] [flags]
  • [audit-id]を入力しないと、操作レコードの表が新しい順に出力されます。最初の列はaudit-idです。
  • [audit-id]を入力すると、指定したaudit-idの実行ログを確認することになります。

オプション

-h, --help

  • ヘルプ情報を出力します。
  • データ型: Boolean
  • このオプションはデフォルトで無効になっており、デフォルト値はfalseです。このオプションを有効にするには、このオプションをコマンドに追加して、 trueの値を渡すか、値を渡さないようにします。

出力

  • [audit-id]を指定すると、対応する実行ログが出力されます。
  • [audit-id]が指定されていない場合、次のフィールドを持つテーブルが出力されます。
    • ID:レコードに対応するaudit-id
    • 時間:レコードに対応するコマンドの実行時間
    • コマンド:レコードに対応するコマンド

<<前のページに戻る-TiUPクラスターコマンドリスト