tiup dm list

tiup-dmは、同じ制御マシンを使用した複数のクラスターの展開をサポートします。 tiup dm listコマンドを使用して、現在ログインしているユーザーがコントロール マシンを使用してデプロイしたクラスターを確認できます。

ノート:

デフォルトでは、デプロイされたクラスターのデータは~/.tiup/storage/dm/clusters/ディレクトリに保存されます。現在ログインしているユーザーは、同じ制御マシン上で他のユーザーによってデプロイされたクラスターを表示できません。

構文

tiup dm list [flags]

オプション

-h, --help

  • ヘルプ情報を出力します。
  • データ型: BOOLEAN
  • このオプションはデフォルトで無効になっており、値はfalseです。このオプションを有効にするには、このオプションをコマンドに追加し、値trueを渡すか、値を何も渡さないでください。

出力

次のフィールドで構成されるテーブル:

  • Name : クラスター名。
  • User : クラスターをデプロイしたユーザー。
  • Version : クラスターのバージョン。
  • Path : コントロール マシン上のクラスター展開データのパス。
  • PrivateKey : クラスターへの秘密鍵のパス。

<< 前のページに戻る - TiUP DMコマンド一覧

エコシステム
TiDB
TiKV
TiSpark
Chaos Mesh
© 2022 PingCAP. All Rights Reserved.