重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

tiup dm list

tiup-dmは、同じ制御マシンを使用した複数のクラスターのデプロイをサポートします。 tiup dm listコマンドを使用して、現在ログインしているユーザーがコントロールマシンを使用して展開されているクラスターを確認できます。

ノート:

デフォルトでは、デプロイされたクラスターのデータは~/.tiup/storage/dm/clusters/ディレクトリに保存されます。現在ログインしているユーザーは、同じコントロールマシンに他のユーザーが展開しているクラスターを表示できません。

構文

tiup dm list [flags]

オプション

-h, --help

  • ヘルプ情報を出力します。
  • データ型: BOOLEAN
  • このオプションは、デフォルトでfalseの値で無効になっています。このオプションを有効にするには、このオプションをコマンドに追加し、 trueの値を渡すか、値を渡さないようにします。

出力

次のフィールドで構成されるテーブル:

  • Name :クラスタ名。
  • User :クラスタをデプロイしたユーザー。
  • Version :クラスタバージョン。
  • Path :制御マシン上のクラスタ展開データのパス。
  • PrivateKey :クラスタへの秘密鍵のパス。

<<前のページに戻るTiUP DMコマンドリスト