重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

オペレーター

このドキュメントでは、演算子の優先順位、比較関数と演算子、論理演算子、および代入演算子について説明します。

名前説明
と、 &&論理積
=値を割り当てます( SETステートメントの一部として、またはUPDATEステートメントのSET句の一部として)
:=値を割り当てる
間...と..。値が値の範囲内にあるかどうかを確認します
バイナリ文字列をバイナリ文字列にキャストします
ビットごとのAND
ビット単位の反転
[](https://dev.mysql.com/doc/refman/5.7/en/bit-functions.html#operator_bitwise-or)
^ビット単位のXOR
場合ケースオペレーター
DIV整数除算
/除算演算子
=等しい演算子
<=>演算子に等しいNULLセーフ
>>演算子より大きい
> =以上の演算子
ブール値に対して値をテストします
ではありませんブール値に対して値をテストします
NULLではありませんNOTNULL値テスト
無効ですNULL値テスト
->パスを評価した後、JSON列から値を返します。 JSON_EXTRACT()に相当
->>パスを評価して結果を引用解除した後、JSON列から値を返します。 JSON_UNQUOTE(JSON_EXTRACT())に相当
<<左方移動
<演算子未満
<=以下の演算子
お気に入りシンプルなパターンマッチング
-マイナス演算子
%、 モッドモジュロ演算子
いいえ、 !値を無効にします
間ではありません...と..。値が値の範囲内にないかどうかを確認してください
!=、 &lt;&gt;等しくない演算子
好きじゃない単純なパターンマッチングの否定
正規表現ではありません正規表現の否定
[
+加算演算子
正規表現正規表現を使用したパターンマッチング
>>右シフト
RLIKEREGEXPの同義語
のように聞こえる音を比較する
*乗算演算子
-引数の符号を変更する
XOR論理XOR

演算子の優先順位

演算子の優先順位は、次のリストに最高の優先順位から最低の優先順位まで示されています。 1行に一緒に表示される演算子は、同じ優先順位を持ちます。

INTERVAL
BINARY, COLLATE
!
- (unary minus), ~ (unary bit inversion)
^
*, /, DIV, %, MOD
-, +
<<, >>
&
|
= (comparison), <=>, >=, >, <=, <, <>, !=, IS, LIKE, REGEXP, IN
BETWEEN, CASE, WHEN, THEN, ELSE
NOT
AND, &&
XOR
OR, ||
= (assignment), :=

詳細については、 演算子の優先順位を参照してください。

比較関数と演算子

名前説明
間...と..。値が値の範囲内にあるかどうかを確認します
COALESCE()NULL以外の最初の引数を返す
=等しい演算子
&#x3C;=>演算子に等しいNULLセーフ
>>演算子より大きい
> =以上の演算子
最高の()最大の引数を返す
の()値が値のセット内にあるかどうかを確認します
間隔()最初の引数よりも小さい引数のインデックスを返します
ブール値に対して値をテストします
ではありませんブール値に対して値をテストします
NULLではありませんNOTNULL値テスト
無効ですNULL値テスト
無効です()引数がNULLかどうかをテストします
少しでも()最小の引数を返す
<演算子未満
<=以下の演算子
お気に入りシンプルなパターンマッチング
間ではありません...と..。値が値の範囲内にないかどうかを確認してください
!=、 &lt;&gt;等しくない演算子
ありませんで()値が値のセット内にないかどうかを確認します
好きじゃない単純なパターンマッチングの否定
STRCMP()2つの文字列を比較する

詳細については、 比較関数と演算子を参照してください。

論理演算子

名前説明
と、 &&論理積
いいえ、 !値を無効にします
[
XOR論理XOR

詳細については、 GROUPBYのMySQL処理を参照してください。

代入演算子

名前説明
=値を割り当てます( SETステートメントの一部として、またはUPDATEステートメントのSET句の一部として)
:=値を割り当てる

詳細については、 関数従属性の検出を参照してください。