重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

TiDBダッシュボードをデプロイ

TiDBダッシュボードUIは、v4.0以降のバージョンのPDコンポーネントに組み込まれており、追加の展開は必要ありません。標準のTiDBクラスタをデプロイするだけで、TiDBダッシュボードがそこにあります。

標準のTiDBクラスタをデプロイする方法については、次のドキュメントを参照してください。

ノート:

v4.0より前のTiDBクラスタにTiDBダッシュボードをデプロイすることはできません。

複数のPDインスタンスを使用した展開

複数のPDインスタンスがクラスタにデプロイされている場合、これらのインスタンスの1つだけがTiDBダッシュボードにサービスを提供します。

PDインスタンスが初めて実行されるとき、それらは自動的に相互にネゴシエートして、TiDBダッシュボードにサービスを提供する1つのインスタンスを選択します。 TiDBダッシュボードは他のPDインスタンスでは実行されません。 TiDBダッシュボードサービスは、PDインスタンスが再起動されたり、新しいPDインスタンスが参加したりしても、選択したPDインスタンスによって常に提供されます。ただし、TiDBダッシュボードを提供するPDインスタンスがクラスタから削除される(スケールインされる)と、再ネゴシエーションが発生します。交渉プロセスはユーザーの介入を必要としません。

TiDBダッシュボードを提供しないPDインスタンスにアクセスすると、ブラウザが自動的にリダイレクトされ、TiDBダッシュボードを提供するPDインスタンスにアクセスするようにガイドされるため、サービスに正常にアクセスできます。このプロセスを下の画像に示します。

Process Schematic

ノート:

TiDBダッシュボードにサービスを提供するPDインスタンスは、PDリーダーではない可能性があります。

TiDBダッシュボードを実際に提供するPDインスタンスを確認します

TiUPを使用してデプロイされた実行中のクラスタの場合、 tiup cluster displayコマンドを使用して、どのPDインスタンスがTiDBダッシュボードにサービスを提供しているかを確認できます。 CLUSTER_NAMEをクラスタ名に置き換えます。

tiup cluster display CLUSTER_NAME --dashboard

出力例は次のとおりです。

http://192.168.0.123:2379/dashboard/

ノート:

この機能は、 tiup clusterデプロイメントツールの新しいバージョン(v1.0.3以降)でのみ使用できます。

TiUPクラスターをアップグレードする
tiup update --self
tiup update cluster --force

別のPDインスタンスに切り替えて、TiDBダッシュボードを提供します

TiUPを使用してデプロイされた実行中のクラスタの場合、 tiup ctl pdコマンドを使用してTiDBダッシュボードにサービスを提供するPDインスタンスを変更するか、無効になっているときにTiDBダッシュボードにサービスを提供するPDインスタンスを再指定できます。

tiup ctl pd -u http://127.0.0.1:2379 config set dashboard-address http://9.9.9.9:2379

上記のコマンドでは:

  • 127.0.0.1:2379を任意のPDインスタンスのIPとポートに置き換えます。
  • 9.9.9.9:2379を、TiDBダッシュボードサービスを実行する新しいPDインスタンスのIPとポートに置き換えます。

tiup cluster displayコマンドを使用して、変更が有効になっているかどうかを確認できます( CLUSTER_NAMEをクラスタ名に置き換えます)。

tiup cluster display CLUSTER_NAME --dashboard
警告

TiDBダッシュボードを実行するようにインスタンスを変更すると、以前のTiDBダッシュボードインスタンスに保存されていたローカルデータ(キーの視覚化履歴や検索履歴など)が失われます。

TiDBダッシュボードを無効にする

TiUPを使用してデプロイされた実行中のクラスタの場合、 tiup ctl pdコマンドを使用してすべてのPDインスタンスでTiDBダッシュボードを無効にします( 127.0.0.1:2379を任意のPDインスタンスのIPとポートに置き換えます)。

tiup ctl pd -u http://127.0.0.1:2379 config set dashboard-address none

TiDBダッシュボードを無効にした後、どのPDインスタンスがTiDBダッシュボードサービスを提供するかを確認すると失敗します。

Error: TiDB Dashboard is disabled

ブラウザを介してPDインスタンスのTiDBダッシュボードアドレスにアクセスすることも失敗します。

Dashboard is not started.

TiDBダッシュボードを再度有効にする

TiUPを使用してデプロイされた実行中のクラスタの場合、 tiup ctl pdコマンドを使用してPDにインスタンスを再ネゴシエートしてTiDBダッシュボードを実行するように要求します( 127.0.0.1:2379を任意のPDインスタンスのIPとポートに置き換えます)。

tiup ctl pd -u http://127.0.0.1:2379 config set dashboard-address auto

上記のコマンドを実行した後、 tiup cluster displayコマンドを使用して、PDによって自動的にネゴシエートされたTiDBダッシュボードインスタンスアドレスを表示できます( CLUSTER_NAMEをクラスタ名に置き換えます)。

tiup cluster display CLUSTER_NAME --dashboard

TiDBダッシュボードを提供するPDインスタンスを手動で指定して、TiDBダッシュボードを再度有効にすることもできます。 別のPDインスタンスに切り替えて、TiDBダッシュボードを提供しますを参照してください。

警告

新しく有効になったTiDBダッシュボードインスタンスが、TiDBダッシュボードを提供していた以前のインスタンスと異なる場合、以前のTiDBダッシュボードインスタンスに保存されていたローカルデータ(キーの視覚化履歴や検索履歴など)は失われます。

次は何ですか